« アマゾン 配達完了なのに届いていない? | トップページ | 番組表から「常連番組」を消したい。(AQUOS L5の場合) »

2020/09/13

近江神宮に電車で行って迷った話

18切符が余ったので近江神宮に行ってみた。なので当然電車となる。
東からのアクセスだったので山科駅で湖西線に乗り換え、大津京駅での下車となる。

事前に近江神宮のサイト情報によれば、駅から降りて看板があると言うが、それは結構でかくてすぐ見つかる。
下の写真は近江神宮のサイトのものである。
Eki_map

歩いて行くが、そこでひとつ目のミス。歩いて行くとやや上りの道で線路にぶつかって先に行けない。(踏切などはない)
サイトをきちんとみれば分かる話なのだが、自動車の通る道路と並行して歩道もあり線路の下を通るようになっている。(いわゆるアンダーパス)見た目道が続いているように見えないが、アンダーパスのほうが正解だ。(こういうケースで途中で歩行者道路が途中から消失している経験があったので自動車道の方を無意識に避けたのだと思う)
それにしても行き止まりで何の意味も無い道を何の警告も封鎖もせずに通れるようにしている神経も疑う。相当なド田舎なら放置されていてこういうこともあるが、人通りや交通量も相当ある地域でこんな目に遭うとは想定していなかった。

私は混乱してしまい、もう一本先なのかと、上の地図で言うと線路に並行している細い道を行ってしまった。
しばらく行くと、これもサイトに載っているもうひとつのルートである、京阪大津京駅に出くわした。
面倒なので乗ってしまおうと思って切符を買い乗り込もうとする。

が、ここでまた失敗をした。焦っていたのか改札を通ってからよく見ると近江神宮駅方向と反対のホームだ。
しかし反対のホームには行けない。見ると改札の外で線路の上を歩いて反対側のホームに行くようになっている。ホームに入ってから反対側に線路の上を歩いていくタイプはド田舎の駅では珍しくはないが、線路の上を歩いて反対側のホームに渡るような作りで、かつ電子式改札がホームそれぞれにあるというパターンは初めてでびっくりしてしまった。改札に駅員はいるので通してもらって反対側のホームに行けた。まあ、恥ずかしい失敗である。ちなみにここで結局一本電車を乗り逃している。
改めてみたが、駅の入り口に改札を置けないほど逼迫した狭い構造でもないようだ。なんとも理解に苦しむ。

近江神宮のサイトではこれに乗らずに歩いても変わらないとあるが、この駅は近江神宮から離れる方向なのでなおさらだし、歩く時間もそれなりにあるし、たった一駅だし、電車の間隔を考えれば確かに乗る価値があるかは微妙だろう。
ただし、帰りはJR駅まで歩いたが、結構距離は感じる。ほぼ面白くも無い民家や雑居ビルを歩くだけで疲れ、9月上旬で暑かったこともあるだろうが、体力のない人には京阪近江神宮前駅まで行った方が良い。ただしこれも「神宮前」というが「前」というにはおこがましい距離は歩かされる。

さて、近江神宮駅前を降りると以下のような地図がすぐ見つかった。これも近江神宮のサイトにもある。
説明のため、番号を私が追記している。番号は拡大して確認して欲しい。

Map

近めに見える何度か曲がる方はどうせ迷うだろうと思い、遠回りだが直線の長い方を歩いて行った。
すると以下のような風景に出くわした。

Img_0459 

ん?????どこに行けば良いのだ????
ちなみに地図は頭の中にしかなく、うろ覚えで歩いていた。

暑さで混乱していたのかすぐ左の道に入ってしまった。
「宇佐八幡宮」と書いてあるので隣接しているのではと勝手に思い込んだこと、近江神宮はでかいのだから分かりにくい道というのはないだろうと勝手に思い込んだこともある。
しかし行けども行けどもそれらしいところにいかない。
地図を見れば川のようなものもあるが、後から考えれば川なのだろうが、川というより湧き水がながれているような弱い流れで無視してしまった。
結局、宇佐八幡宮にたどり着いたが、近江神宮が側にある気配もない。
ちなみに戻りで迷いこんだ雰囲気の乗用車(低速で運転主がキョロキョロしながらで少なくともナンバーが近畿付近ではない)に二回ほどすれ違ったので迷っていたのは私だけでもないようだ。

で、写真の場所に戻って改めて近江神宮のサイトの地図をじっくり見て付近と照らし合わせて考えてようやく理解できた。
結論を言えば写真の場所は①で、間違って②の道を行ってしまった。

黄色信号機の下には道があり、そこを歩いて行くというのが正解だ。(写真にはたまたまうっすら人が写っているが、これは帰りに撮影したものでその時点では誰も歩いていなかった。夏の昼間の晴天ギラギラの明るさに目があっていて、暑さで頭がぼーっとしていた状態でぱっと見では道があることすら認識できない。もっといえばこの撮影の時に私は人を認識できていない。できていれば撮影し直している)
ちなみに③の道はかなり太く書いてあるのだがどの道を指しているのかわからなかった。だから余計混乱したのだろう。

地図が紛らわしいのは、緑の場所は「近江神宮の管轄」を表わしているようで、木々のある場所でもない。川と近江神宮の緑色エリアの間の灰色の場所も高い木々が茂って壁になっている。それ以前は普通の民家や建物などである。
それも地図を誤認識した原因のひとつだろう。

さらに言えば写真を見れば分かるように、地図の川のようなものが非常に分かりにくい。実は「宇佐八幡宮」看板の裏に、先ほど要った水の流れがある落込んだところはある。しかし道(橋ですらない)の下を潜った後には見当たらない。

ともあれ、黄色信号の下の、木でうっそうとした道を行ってみるが不安ばかりだ。歩いて行き「表参道」にでればT字、に見えるが、実際は直進方向に細い道がまだある。しかも運の悪いことに、その道を歩いている人もいる。(参拝者かは分からない。地元民の散歩にも見える)
それでも結構太い道なのでこれだろうと腹をくくって歩いて行くと「二の鳥居」らしき鳥居が見えたので一安心、多分合っているのだろう。
(帰りに気がついたが、その地点から「一の鳥居」が確認できる)

ただし、この鳥居も近江神宮で印象深い朱色でもなく、木肌あらわな鳥居であり、若干の不安が残る。
階段を上るとそれっぽくなっていて手水舎が見えたので一安心。左手には駐車場があったので、地図にあるひとつ手前の道は乗用車の通る道だったのだろう。
ちなみに近江神宮の「あの朱色の印象深い門」は地図で言うとほぼ「時計間宝物館」の場所で、「あの見上げる階段」はその前の太い道が相当する。

いやあ、、これは分かりにくい。。。

近江神宮にしてみれば、一の鳥居の場所から推察するに、電車の駅から来る人達は「横から入る」形になるのだろうが、それにしてももう少し案内をなんとかしてもらえないものか。

ちょっと暗い辺りはもう近江神宮の敷地のようだし、そこに朱色文字で白の立て看板ひとつでもおいてもらえれば全く違うのにと思う。

 

近江神宮そのものについては、まあ、他のもいくらでもサイトがあるので書く必要もなかろう。
「ちはやふる」関連は表に出している。天智天皇から長い歴史をうたう社で、それからみれば短命になる漫画アニメの関連を表に出しているのはちょっと意外だった。子供大人にも勧められるような良質漫画(アニメ)であり、近江神宮、百人一首の知名度、好感度を向上させたのは間違いないのだから「コラボ」しても悪いことではないとは思うが、許可は出しても冷ややかなのが普通だろう思っていたからだ。

時計宝物館については、まあ、お布施だと思って入ってみるのも良かろう。正直涼みに入った部分もある。
ものは少ないし(展示場面積自体が狭い。外側からそれは容易に推測できる)、私には価値が分からないものも多い。
香時計や櫓時計の実物は珍しいのではないのかとは思う。また皇室・宮家由来の懐中時計、時計の展示が多いのは特徴にみえる。
私は懐中時計が好きなので色々おいてあるのは興味深かった。(もちろん写真撮影禁止である)

|

« アマゾン 配達完了なのに届いていない? | トップページ | 番組表から「常連番組」を消したい。(AQUOS L5の場合) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アマゾン 配達完了なのに届いていない? | トップページ | 番組表から「常連番組」を消したい。(AQUOS L5の場合) »