« 「低レート賭博麻雀は合法」法務省(検察)見解、安倍首相も追認 | トップページ | 感染経路不明という恥 »

2020/05/26

10万円給付電子申請でも処理が遅いのは総務省のサボタージュ

マイナポータルでの申請があまりにも杜撰なせいだ。

色々な情報を総合してみると、要するに「アンケートレベルのフリー書き込みで申請を書かせて市町村に丸投げしている」としか見えない。
わざわざマイナンバーカードでログインしているのに、その後はマイナンバーカードでログインさせた意味がほぼ無い。
イタズラ防止という観点を除けば、マイナンバーカードでログインさせる意味が殆ど無い。
さすがに本人証明に「運転免許証やマイナンバーカードの写し」を添付しろ(撮影しろ)というものは無いようだが(笑)。
こんなレベルなら誰でも申請できる場所を作って最後の申請で本人証明を添付させればマイナポータルである必然はない。
荒らし行為には法的措置を取りますよとぐらい脅しておけばできたのではと思う。

まあ、カード保有率十数%ですら、このポータルに殺到してアクセス障害を起こしたらしいから、フリーポータルなんか作ったらダウン確実だろうけどね。日本はIT後進国と言われるのも仕方が無い。

まず「世帯主以外が申請できる」というのが酷いサボタージュである。
また「世帯構成者は世帯主以外は手入力する(らしい)」というのもおかしな話だ。このせいで申請ミスが多発している。
普通に考えて、住民票情報を参照して、世帯主かをチェックする、世帯構成者一覧を表示して確認を取る、この程度すらしていないというのは明らかなサボタージュである。

ご存じのようにマイナンバーカードで住民票(正確には住民票記載事項証明書)をコンビニで取得できるのだから、マイナンバーカードによる操作で住民票情報を取得しているわけで、法的理由で、できない理由にはならない。
マイナポータルで一覧を表示できない、というのはただの技術的サボタージュである。
(ただし、一部の市町村では取得できないそうなので、そのようなところでは手入力、混乱を防ぐためには申請不可とすべきという考え方もできる)

そもそも世帯単位という方針にした時点で障害を生んでいる。システム設計の問題であり、IT以前の問題である。
もうひとつの障害が「受け取らないときは×を入れる」というものだ。一部の賢い市町村ではこの欄を作らなかったそうで、ひとつ障害を回避している。どうしても受け取りたくない人は個別に電話でもしてくれ(申請してくれ)ということにして、例外的処理を望む人に負荷をかける方式にしている。
このチェックは総務省の基本様式に起因する問題であり、つまり方針の時点の問題で、これもIT以前の問題である。
総務省はあくまでこれは基本様式であり市町村側で自由に変えて良いという説明から、賢い市町村は自律的に判断しチェック欄を無くしたということだ。実に素晴らしい。

各論色々言ったが、要するにどうすれば良かったかと言えば、以下のようにシンプルにすれば良いだけである。

まず、マイナポータルで申請者の世帯主確認を行い、世帯主以外は入り口で弾く。世帯主のみ申請できるというルールを設定したのなら、最低限この程度はやるべきだろう。
あとは入力するのは口座番号だけ。(将来的には振込口座設定機能をつけておけば入力すら必要なくなる。法制化云々とかクダラナイことを言っているが、本人がマイナポータルに口座番号情報を任意で記憶させておきたいかどうかだけなんだから何が問題なんだろうか。ECサイトにクレジットカード番号を記憶させるかというレベルの問題である)
マイナポータル側で責任を持ってこの口座番号の妥当性ぐらいはチェックする。
で、申請手続きは終わりである。

申請したら世帯人数分の金額を振込むとする。一部除外したい人は例外処理となるので電子申請は不可とする(紙申請とする)か、別途自分で市町村にその旨を連絡(申請)するということにする。(もちろんこの旨はマイナポータル側で説明事項に書いておけば良い。)
その上で、情報を市町村に転送する。

そうすれば市町村側はその世帯主のいる世帯人数を住民基本台帳でチェックして、その分のお金を当該口座に振り込めば良い。
市町村でわざわざ世帯構成員の突き合わせなんて不毛なことをする意味なんか本来はないのだ。

このようなシステムにすれば「誤申請」の入り込む余地なんて考える方が難しい。
今回、申請する市町村が悲鳴を上げているのは誤申請の多さだという。半分以上という報道もあるから酷いにも程がある。
(ただでさえ不毛で大変で大量のチェック作業である上に、誤申請ばかりでは心が折れる。本当に可哀相だ)
その要因はすべてがシステム設計のまずさによるものだ。(もちろんマイナポータルの申請書式の問題もあるかもだが、それ以前で防げるものだったのではないのか)

今回の混乱をもって「日本はIT後進国だ」なんていう批判があるが、私はそれはとても優しい意見だと思う。
IT云々以前の問題でまともな制度設計すらできていない。つまり「日本は酷い政府のいる後進国」である。

|

« 「低レート賭博麻雀は合法」法務省(検察)見解、安倍首相も追認 | トップページ | 感染経路不明という恥 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「低レート賭博麻雀は合法」法務省(検察)見解、安倍首相も追認 | トップページ | 感染経路不明という恥 »