« 新型コロナウイルス状態分類してみる | トップページ | 検察定年延長問題が起こしたこと »

2020/02/29

後手後手に回り続ける安倍政権

いきなり来週から休校を要請するなどと言う愚策を打ち出した安倍総理。
後手に回るのもここまで酷くなるとは思わなかった。

休校自体は大賛成である。子供の行動に罪は無い。しかし、学校の密度と子供達の校内での行動を客観的、科学的に見れば、学校というのは感染症拡大の温床であるということは否定できない。
別に今回の件だけに限らず、インフルエンザなどの感染症は学校で拡大しやすいのは否定できるものでは無かろう。

問題なのは、数日の内に、休校、そして学年、学校を修了しなければならない子供達への学校側の対応への配慮である。
年度末はただでさえ忙しい。いや日常も忙しいことも問題あるのだが、余裕無く年度末に突入してしまうのが現実だろう。
その上、突然の報道では、それを受けてパニックをおこした親からの問い合わせが殺到してしまうのが必然。
職場の大混乱に拍車をかけていただろう。

政府、総理大臣はもっと早くから示唆し、休校する具体的な時期は見計らいながら決めなければならなかったのだ。
今回の件は「迅速に対応した」と勘違いしている人がいるようだが、全く違う。
だいぶ雲行きの悪くなっていた2月の頭には方向性を示唆しておくべきだったろう。休校もやむを得ない事態になりえると思うがどうか、と文部科学省、教育委員会、学校間である程度認識を拡げておき、最終決断として今回の決断をした、というのなら異論を挟む余地は無い。それを嗅ぎつけた野党と国会で論争をしたのちに今日に至り、決断をしたというのならなお良い。
文句や苦情やらも出るのは必然だ。そもそも学校を託児所と勘違いしている親とかは一定数存在するのでそこから文句が出るのは必然だ。そういったものを押しのけてでも決断をした。というのが本来の筋ではないのか。

法制感染病の認定、施行に7日もおいたことに批判が殺到し、1日程度にしたことになぞらえる人もいるようだが、全くおかしな話だ。
政府からごく一部の現場が関係することなのだから(しかもすぐに関係するのは身内が殆どではないのか)、すぐさま確実に徹底すれば良いだけの話。だから周知期間を7日も取るんじゃないと批判がでたのではないのか。要するに楽をしたいだけなのだから批判もする。

今回の件は、即日対応となって大変なのは、政府からみて自分達はあまり関係なく、しわ寄せは教育現場にいくだけ。だから安易にこのような急な決定を行ったのではないのか、などと思われても思議ではない。これも政府が自分達が楽をしたかっただけ。

政府関係者に危機感が感じられないのも問題だ。。
対策会議で大臣自身が出席しないで新年会に出ているなど、酷い。法的どうこうじゃない。対策会議の中で、各々の所轄官庁の力で何ができるのか、精一杯の決断を繰り返すのが対策会議ではないのか。どこまで真剣に考えるかは、この事態に対する危機感に比例するだろう。
そのことはさておいても、仮にも大臣ともあろうものが、不特定多数が集まる新年会で参加者と濃厚接触をして(当然至近距離で話したり、悪手をして回るだろう)万が一にも感染したらどうするつもりなのか。そんな危惧は1月下旬ぐらいからとっくに持っていなければおかしいのではないのか。新年会で感染でもしたら引責辞任レベルだと私は思う。
政治資金パーティの開催など論外である。もう用意していたから等と言っているが、全く意味不明だ。明確に政府要請として「集会などをやるな」となったのが最近であって、とっくに危機感を感じて自粛しているのが当然である。

|

« 新型コロナウイルス状態分類してみる | トップページ | 検察定年延長問題が起こしたこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス状態分類してみる | トップページ | 検察定年延長問題が起こしたこと »