« SDDに入れ替えた。 | トップページ | 楽天市場送料無料の物議 »

2020/02/14

新型コロナウィルス、国内感染報道

薬を飲んでいるくせに出社するな

解熱剤を飲んで出社するなんて危険行為をする人は極めて多い。風邪薬の類も同様だ。
解熱剤は熱を強制的に下げているだけ、風邪薬は症状を緩和しているだけである。

ところが、今回、新型コロナウィルス感染者においても、高い発熱をしているのに解熱剤を飲んで何日も出社していたという事例が公開されている。しかも一人は外科医とはいえ医者だという。
まったく、どれだけ周囲に大迷惑を撒き散らしたのか分かっているのだろうか。

渡航歴のない日本人からの感染が露見し始めて大騒ぎになりつつあるが、報道の中で私が一番イラッとしたのはこの点であった。

「新型コロナウィルスだとわかっていなかったから」なんて言い訳は全く受け入れられない。
なぜなら普通の風邪だったとしても許されないことをやっているのだから。

基本的にこのような服薬をしている状態は極めて危険である。
病気になっている当人の体は不安定で危険状態であり、薬による副作用により、直接的な身体の危険もある。

感染症であれば周囲へ病原体を撒き散らしているも同然であり、危険であり、迷惑この上ない。
会社においてもそうだし、通勤途中でも大迷惑である。
マスクなどは緩和策であって、基本的には感染者そのものがそこに存在してはならないのである。
なお、通勤が自動車であれば自分で運転してはならない。病気の症状そのものはいうまでもないが薬の副作用によっても危険だ。

極論を言えば、薬を飲んでいるのなら出社するな、どうしても出社するのなら薬を飲むな、である。
薬を飲まないと悪化する、ではない。薬を飲まないと悪化するようなことをやっている(出社して仕事をしている)だけだ。それを薬でごまかしているに過ぎない。これが危険な状態というのだ。

病気で熱が上がる意味

熱が上がるというのは、体の免疫反応のひとつであって、熱を上げることによって体内の病原菌を殺す、また回復能力を活性化する働きをする。
だからせっかく体温を上げているのを薬で下げるのはやるべきではないのだ。

そうはいってもあまりに高熱だと体力を非常に消耗するし、長期となれば脳や内臓へのダメージも無視できない。
ものを食べられない、脱水症状を起こすなどで体力の回復どころか減退、となれば治癒力もなくなる。これでは危険なだけだ。
だからとりあえず適度に落してものを食べたり飲んだり、咳や痛みを軽減するなどにより気分的なものも含めて、体力の回復を図るのが目的としている。

熱を下げることでごまかして出社するためのツールでは断じてないのだ。

自己治癒しかない

「風邪という病気はない」「風邪を治す薬は存在しない」というのはよく知られた話だ。

風邪というものは、当人の免疫力で治すしか方法はない。
いわゆる風邪薬は症状を緩和し、自己治癒を助けるものでしか無い。

例えば咳はそれだけで体力を消耗し炎症を継続させてしまう。
無理にでも止めてしまった方が治癒を早める効果が規定できる。
ある意味「麻痺」させるようなものだ。

しかしそれを「治った」と勘違いすると余計にまずいことになる。
咳を抑え込んでいるうちに体力を回復し、根本原因を治癒しないとダメなのだ。

インフルエンザや今回のコロナウィルスだって同じ事だ。
根本的には当人の治癒力で治すしかない(まあ大概の病気はそうなんだが)。

出社しては治るものも治らない。
薬の助けが不要となるまでは、治癒に専念しなければならない。

別に今回の新型コロナウィルスに限ってのことではない。
風邪全般に言えることだし、インフルエンザでも同様だ。

 

 

|

« SDDに入れ替えた。 | トップページ | 楽天市場送料無料の物議 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDDに入れ替えた。 | トップページ | 楽天市場送料無料の物議 »