« 緊急事態条項の改憲論議とはばかばかしい | トップページ | 新型コロナウィルス、国内感染報道 »

2020/02/11

SDDに入れ替えた。

サブパソコンのHDDを入れ替えた。
サブなので遅くてもいいやと、コンパクト(といってもオーディオサイズ筐体)PCなので2.5インチの古いHDDを使用していた。
容量の大きな(1TB)HDDを購入したのだが、気が変わってSDDも買ってしまった。
我ながらチグハグで嫌になるのだが仕方ない。

せっかくなので3つのベンチマークを取ってみた。

Bar

面倒臭いのでそれぞれの機種名や数字は省略。
ただの備忘録でこんなものという一例に過ぎないからだ。

SDDが圧倒的すぎるのが分かる。
ランダムアクセスにおいては同じスケールで描くとグラフが見えない。

250GBのHDDはもう5年以上前のものであってかなり古いものだ。
最新の1Tと比較すれば倍以上速いし、ランダムでは一桁は違いが出る。
しかしSSDのランダムアクセスにおける速さは圧倒的であることが分かる。

体感もいうまでもなく全く別次元になった。
以前は「クルクル回るのを見て待つ」から「モニターが反応しきる前にログイン待機画面が出ている」ぐらいに違う。
(SSDに換えてからもう数年経ったメインマシンと比較しても全く違うのが困る。)

ついでにレーダーチャートも作ったので置いておく。
圧倒した性能感が良く出ている。

Radar  

 

 

機種名とか書くのが面倒臭いと思ったが、アマゾンの購入履歴が残っていたのでアフィリエイトリンクで貼っておく。
知りたい方はリンク先で確認どうぞ。

|

« 緊急事態条項の改憲論議とはばかばかしい | トップページ | 新型コロナウィルス、国内感染報道 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緊急事態条項の改憲論議とはばかばかしい | トップページ | 新型コロナウィルス、国内感染報道 »