« 5Gなにそれおいしいの? | トップページ | 緊急事態条項の改憲論議とはばかばかしい »

2020/01/25

5Gなにそれおいしいの?(2)

自動車の遠隔操作運転、はCESでも実演があったとテレビの報道で見た。
よかった。と思うと同時に、映像を見てやや不安を感じた。
遠隔地の駐車場(要するに私有地)をゆっくりとグルグル運転できるだけのものであるのだが、そんなものでも、どうにも遅延があるように運転がもどかしい印象を受けた。普通に運転できる感じがしない。

考えてみれば本質的問題があった。映像をリアルタイムに送信するという事自体の問題だ。
これはデジタル放送が本格になったときの生中継問題と同質だ。
デジタル映像伝送においては、映像を圧縮処理せねばならず、それには時間がかかる=遅延が生じる。
いわゆるフレーム遅延が起きる。
CPUの処理速度などの問題では無く、数フレームの映像が無いと時間軸方向の圧縮ができず、圧縮自体が効率的に行えない、つまり数フレームの遅延が本質的に起こってしまう、という問題だ。
5Gなどの伝送遅延の責任ではないのでいかんともし難い。

例えば、卓球の相手をするロボット、では人間の動きはモーションキャプチャの考えで捉えて伝送すればよく、本質的に処理遅延はほとんど不要だ。
自動運転でもモーションキャプチャに近く、ワイヤーフレーム状に分解して処理している様子から、伝送もそのレベルで良いという考えもあるかも知れない。運転においてはリアルな本当の景色は不要である、と割り切るのならば、ワイヤーフレームに分解して情報を伝送し、レーシングゲームのようにCGで再構築する、という発想もある。

「なんでやらないんだ」と言っておきながら、こんな問題へ考えが至らなかったとは我ながら情けない。

一方でこういうことを考えていると楽しい。
5Gはくだないと思っていたが、こういう創造力をかき立てられるという点で素晴らしいものなのかも知れない。
技術というのはどういうところで使われ、どのように作用するかは分からないものだ。

もっと何ができそうなのか、本質はどこにあるのか、考えて見ると楽しいわけだ。

|

« 5Gなにそれおいしいの? | トップページ | 緊急事態条項の改憲論議とはばかばかしい »

携帯電話・機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5Gなにそれおいしいの? | トップページ | 緊急事態条項の改憲論議とはばかばかしい »