« 重大交通事故は先端技術でなくとも軽減できるのでは | トップページ | Windows10 Ver.1903のダウンロードサイズ »

2019/06/15

免許制度の問題

免許更新制度の問題

少し前の記事でも「更新時にきっちり試験をやればいいだけじゃないか」と書いた。
その後の報道を見ると、高齢者講習というものは行われているが、実態は「ほぼザル」のようだ。

予想はしていたが、座学はただ講師が一方的に話をしているだけ。
つまり聞いている方は聞いているフリをしていれば終わり。
典型的な、悪い日本型教育形態そのものだ。

実技も「検定」ではなく「講習」のようだ。
ぶつかっても乗り上げてもズレても“指導”してくれるだけで、結局は免許更新はしてくれる「ザル」ぶりのようだ。
報道で映像があったが、これは免許取得時の実習であれば助手席の講師がブレーキを踏んで「はい、おわりー」と非情の宣告をされるレベルにしか見えない。(私も免許を取るとき随分とやらかした)
運転するスキルを保有していない、とみなして更新不可にすべきではないのか。

免許がなくなると不便がどうのこうの言う人がいる。
しかし、どう泣きつこうが免許取得時にはきちんと一定の水準のスキルを認められ、合格しないと免許は出してもらえない。それが国家の出す免許というものだ。

更新の場でも、取得よりは若干甘めにしても良いとは思うが、きちんと確認すべきではないのか。
なんのための更新なのか。
免許更新の場というのは更新費用をとるための運転免許事業という天下り温床事業者の維持のためだけにあるのか、と悪態をつきたくもなる。

自動ブレーキ限定免許?

政府で閣議決定したらしいが、本当にアホな事を考えるものだ。
ATのように取得時に限定免許として発行するのなら別に構わない。
また、上記のようにきっちりダメな場合はダメと免許剥奪するというのが前提にあって、救済策の一つとして「自動ブレーキ限定なら可」で更新発行しようというのなら理解できる。

そもそも「どういう基準の自動ブレーキ」なら適用範囲なのかもはっきりしない。
それでどのような事故を抑制できるのかもわからない。
急発進防止なら、別記事で書いたように「自動車のソフトをちょっといじれば」済むことだ。

しかし、「免許返上」至上主義の中で、選択制で発行するというのはどういう了見なのか理解できない。

二人乗り原付自動車は不可?

理解できない法律があるらしい。原付自動車というものがあって、4輪、一人乗りで密室にはなっていないが風は避けられる。普通自動車免許で乗れるそうだ。
アクセルとブレーキはバイク仕様なので間違えようがない。
原付エンジンで速度も遅いし、そこそこ重いので加速も悪い(事故リスクが低い)だろう。
このご時世で注目されているようだ。

ところがこの延長で二人乗りにすると「公道での走行は認められない車輌」になってしまうらしい。
全く理解しがたい事態だ。

お年寄り世帯でよく報道されるもので「妻の通院や買い物の送り迎え」需要がよく語られる。
当然これは二人乗りである必要がある。

おそらく「車輌分類」のどれにも当てはまらないので「認められない」という論理ではないかと思われるが、それなら早急に規定の見直しをすれば良いだけのことだ。
なぜこういう制度の整備をしないのか。これこそが政治家がやる仕事だ。

これから電動車時代になり、様々な形態の自動車が出てくる可能性がある。
その時代を見越して、頭の固い車輌分類を見直しをおこない、つまらぬ規制を取り外せないのか。
少し前で言えばセグウェイの公道走行問題があったが、道路交通関係の法律の不備でまったく盛り上がらなかった。
この問題は高齢者運転に関することだけでは無い。

公道対応ゴルフカート

テレビ東京系列でこのカート車で旅をする、という番組を見た。
日立社製(調べるとゴルフカート車は電動モーター事業のひとつらしい)で、最高速度20km程度。
単にゴルフカートを公道で乗れるように対応したものらしい。
ネットで調べた感じではどうやって買えるのか判らないレベルで困ったものだ。

日本では自動車の類はディーラー至上主義で、それ以外ではとても売りにくい仕組みのようだ。
過度に厳しい車検や法定点検問題も絡んでいると思われる。
自転車の延長で売ろうとすれば、自転車屋や大手量販店などで原付バイクは売っているところは見られるが、自動車は大きいので取扱もできないのだろう。

|

« 重大交通事故は先端技術でなくとも軽減できるのでは | トップページ | Windows10 Ver.1903のダウンロードサイズ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重大交通事故は先端技術でなくとも軽減できるのでは | トップページ | Windows10 Ver.1903のダウンロードサイズ »