« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019/02/09

Windwos10/無線LAN(WiFi)で「デフォルトゲートウェイが使用できません」(3)

まだ再発した・・・“修復”するごとにどんどん症状が悪化しているようで、使えなくなるまでの時間が短くなった(私がイライラしているだけかも知れないが)し、起動時に接続しなくなったりした。
色々調べてみると今回使ったのはWindows10がまだ存在していなかった時代のもの。
メーカーサポートサイトには10用ドライバすら正式にはない。
「期限切れの製品。そうだ。新しいアダプタを買おう」
全く納得のいかない理由ではあるが、まあ購入したのももう5年程度前だし、そもそもLinux機用に買ったのだからという事実もあわせ、馬鹿馬鹿しくもなっていたので追求をやめた。
新しいと言っても2000円もしないモノで十分すぎる。
勝ち負けて言えば完敗だが、別にどうでもいい。
昔みたいに良いものを長く使う時代ではないのだから。
長く使えたものが良いもの、であって外見とかで良いものと決めつけて頑張る必要はない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AI時代なんか何かの幻想

公共料金をクレジットカード払いにしないか、という請求書が来ていたので、やってみた。
口座払いでもクレジットカード払いでも同じ口座だし、変えたらクレカポイントがつく分は得。

まあ、多少は予想していたが、クソサイトだ。

単にクレジットカード情報を入れるだけなのに、イライラさせるような嫌がらせとしか思えないようなシステム。
この手のことは殆どやらない上に通常はPCでやるので不慣れとはいえ結局30分も掛ってしまうのが笑えない。
同封のハガキに記入して投函した方が(ポストまでの時間を入れてさえ)速かっただろう。

救いはきちんと登録ページにQRコードがあったことで、中にはほぼトップページにしか飛ばない奴すらある。それなら「[XXXX]を入れて検索!」の方がよっぽどマシな奴だ。

多分悪い見本としてはとても典型的で網羅的という意味でネタにさらしておこう。
これでも2019年に現存する大手企業のサイトなのだ。

なお、今時らしくスマフォ(iPhone7相当のIPodTouchだが以後ややこしいのでスマフォという)による使用感である。

①半角数字にフォーカスしても入力タイプを変えない
半角数字のみの枠なのに全角文字入力モードのまま、という奴だ。
ケイタイの時代でもこういうのは気遣っていたと思うのだがねえ。
HTML5では「数字入力モード」が定義されたりしているので「機種依存性なく実装」できるはずで、携帯電話スマフォなどでは半角数字入力モードになる。
実際に私は私用アプリで活用しているので少なくとも今回使ったスマフォでは利用できる機能。

②全角空白必須
カード名義関連は姓名を全角空白を挟まなければならない。
サイトによっては姓名を別の枠にしたりするのが通常だったと思う。
こういう要求も問題であるが、一方でiPhoneで全角空白を入力する手段がないそうだ。
いや、もちろん全角空白文字をゴミ文字と一緒に辞書登録するとか、そういう酷い方法はあるが。
そもそもどこで全角空白が必須なのか知らないが、
常識的にはサイト側で半角を一度呑み込んで全角に変換するのが筋なのは言うまでも無い。
それをやらないのはユーザーにシステムの不都合を押しつける単なる手抜きでしかない。
これがECサイトの類ならその時点でもう使わないだろう。

③住所のアルファベットや数字は全角必須
マンション名などは英文字の場合が多いのではないだろうか。本当に面倒臭い。
こんなものはよきに計らってくれるとありがたい。

④一つでも不適切な入力があるとすべての入力が消える
全部入力して送信するとチェック、おかしなところがあると「不適切です」となって赤枠で示される。
まあ、それはいいのだが、すべての枠がまっさらの空白になっている。
百歩譲って間違えた欄は消しても良いが、他の苦労して入れた欄まで消されると怒りしか覚えない。
もちろん、これも実装上の手抜きでしかない。
10年前のサイトでもここまで酷いのは珍しいレベルである。

他のもいくつかあった気がするが、面倒になったのでこの程度でやめておく。

こんな低いレベルでWeb登録サイトの“不具合”をこの「AI時代」でぼやくことになるなんて思わなかった。
こんな雰囲気の中なら、まだまだ日本ではAIに仕事をとられるなんて大丈夫だろう。
私ですら「ハガキに書いて出そうか」と思ったくらいだ(結局、話のネタに意地でやっただけだ)。
そういう需要が遙かにある比率が高い内はありえないはなしだ。

そうだ、Web入力ではなくて登録用ハガキに書いてそれを“写メ”したら登録してくれるのがベストかも知れない。そういう選択肢があれば真っ先に選択していただろう( っておい)。

まあ、こういうクダラナイレベルで低迷しているようでは鬱になるばかりだ。
日本が世界各国に遙か遅れていくのはこういのうがまかり通ることなのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »