« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/26

Windwos10/無線LAN(WiFi)で「デフォルトゲートウェイが使用できません」(2)

一つ前の記事で一度は解決したかのように見えたが、再発した。
大型アップデートではないがコアシステムのアップデートがあったようで、その後と見られる。
IPv6のチェックを確認するがなしになっている。
再度ネット検索するが該当するものは無い。
ひとつ遠いが間接ヒントにはなったのは一度電源を切って冷やしてから…というものだ。
とりあえず解決はしたので記録を残しておく。
無線LANアダプタはUSBタイプなので他の端子に挿してみた、というものだ。
これだけで解決をした。その理由も書いておく。
別に今まで挿していたUSB端子が悪いわけではない。
別の端子に挿すと「新しいネットワークアダプタ」と認定され、ネットワークの設定(構築)が始まる。
つまりネットワークを初期から(まっさらの状態から)やりなおした、ということが本質だろうと思われる。
アップデート前のシステムで設定したネットワーク設定の状態が、アップデート後のシステムとのなんらかの不整合を起こしていて不具合が発生した、と考えられる。
そこでアップデート後のシステムで、ネットワーク設定(構築)を行ったので、問題がなくなった、という理屈だろう。
まあ、普通に考えて意味不明なバグだが、この辺もデバッグ漏れが起こりやすそうなパターンではある。

それにしてもネットワーク周りの不具合多発でいい加減嫌になる。
なんか「PCはオワコン」とかよく言われるが、こんなに不具合を乱発していたらいい加減使うのが嫌になるものだ。
なにせPCでネットが繋がらないので、不具合についてのネット検索ができないのだから、他の端末で情報収集するしかない。
端末といってもそのPCと同じルーターに繋がっているタブレットとかでつないでいるのだから、解決策で「ルーターとかわるいんじゃね」とか書かれているとイラつき度がハンパではない。もうPCなんか捨てようかとか本気で思ってしまうぐらいだ。(まあ、結局はそうも行かないのだが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

Windwos10/無線LAN(WiFi)で「デフォルトゲートウェイが使用できません」

またも Windows10定期更新後に不具合が発生した。
毎度何かやらかしてくれる。

無線LANを使っているデスクトップPCで、起動後しばらくは問題ないのだが、通信が止まり、通信アイコンに異常を示すマークがでてインターネット接続できない旨がでる。
これはルーターとPCとの通信は問題ないのだが、論理的なネットワーク接続上で障害が発生していると見られる現象。

「問題のトラブルシューティング」を動作させると、結局無線LANアダプタをリセットしてその時だけは復活する。が、しばらくすると元の木阿弥。

検索してみるとハードの問題だの電波状況だの色々と出てくるが、なにせついさっきまで動いていたのだからそれらは当てはまらない。
いや、突然環境が変わったんだろとか言いがかりをかけるのなら、他のタブレットやらゲーム機(これは今回のPCより通信環境は悪い(遠い))、もう一台のPCも問題ないのだから疑うべきは今しがたアップデートしたこのPCでしかない。

それにしても昨今の検索エンジン問題なのかSEO対策やらのせいかもしれないが、「そんなのはとっくにやったよ」という解決策を示すような記事ばかりが上位にきてしまう。困ったものだ。

なんとなく怪しそうな対策をみかけたのでやってみたところ解決したので記録を残しておく。。

それは「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」をオフにすること。
Photo

なるほどv6の扱いをなんか変えて弊害をもたらしたんだろうな、とため息をつくしかない。
まあ、どうせ使わないのだから切っておくほうがよろしかろう。

ちなみにこれの前に「電源の管理」の自動オフもしないようにした。
これは効果が無かったが、これにまつわる問題は多い。
今回の場合はデスクトップ機なのでオフにしたほうが無難。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年2月 »