« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/06

森友問題・まだまだ「再発防止」策は早い

調査報告では「なにが起きたか」は書かれているようだ。つまり事実認定のみである。
しかし「なぜ起きたのか?」については言及されていないようだ。
大臣からしてそこはわからんといっているので報告書を見るまでもないだろう。
再発防止でやりがちなのは、こういう浅いレベルで「再発防止策」を考えてしまうミスだ。
「なぜ」を何度も繰り返して掘り下げないと真因にはたどり着かない。
真因を掴んでから策を考えないと、誤った防止策を作ってしまい、かえって再発の温床を作ってしまうことも珍しくはない。
いうまでもないが一番やってはいけないパターンだ。
この手のこと(問題発生と再発防止活動)に関われば誰でも知っている、トヨタ由来の「なぜなに」で、7回の「なぜ」を繰り返して掘り下げないとダメであるということがよく言われていると思う。
この「なぜ」も上手く掘り下げないと周囲を適当に掘って(いるつもり)ばかりで掘り下げにならないことが多い(私はこの手のレポートを読む機会があるのだが「どう考えてもそれは違うだろ」ということが多々あって閉口する)。
その中で関係者への”インタビュー”というのもよくやられる手法だ。
いうまでもないが、国会では国会招致や証人喚問が相当する。
事を起こした本人だけが知っていることは多い。
調べる方が持っている強みは客観性だけで基本的に何も知らないのは当然の理である。
何度も同じ人に聞いてみるのも意外と有効である。一度聞かれると結構その後色々考えるもので言い忘れていたことなどを思い出したりするものだ。
それにしても「真相解明」に抵抗する与党はいい加減にして欲しい。
マスゴミの「野党の追及力」とかアホな論調もあるが、真相究明を妨害しているのはどうみても与党である。
再発防止に取り組むのは当然だが、その前提は「なぜ起きたのか」の徹底究明である。
「反省」などという言葉を発しだしている阿呆もいるようだが全く判っていない。
「反省」「注意」「徹底」などと言う不明瞭な精神論で再発防止は決してできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

またも^2 Windows10大型アップデートで不具合

正確にはアップデート前から不具合が発生した。
調べるとよくあることのようだが、「更新して再起動」を何度やっても更新されないというバグだ。

面倒なのでしばらく放っておいたのだが、ある時、酷いことに「強制再起動」がかかった(正確にはカウントダウン後のようであるが)。
実害は無かったものの、怒るべき動作である。当然その後も「更新して再起動」は変わらなかったから更に怒り心頭である。

調べるとどうやら更新が失敗しているようだ。
さすがに放置しきれなくなったのでネットで探して様々な方法を試すが解決しない。失敗していると自覚しているのに「再起動」を要求する動作をしているのも酷いバグである。

ある手法では「アップデートデータベースが壊れています」などというメッセージが得られたりして(その解決方法は示されないから酷い話だ)途方に暮れた。

結局解決したのは、(意味不明な)以下の方法だ。

「管理者としてコマンドプロンプト(1行実行でも良い)」から「services.msc」でサービスマネージャーなるものを起動して「Windows Module Installer」を探し、「手動」から「自動」にして再起動するというものだった。
なぜかこの状態で更新を探させると問題なくインストールがされた。

アップデート後のバグ

これでめでたしとなれば良いのだが今度はネットワークに繋がらない。
以前起きたので「またか」という感がある。
「デバイスマネージャー」でみると黄色の三角マークがついている。予想通り。

しかし前回はバグフィックスドライバがでていたのだが、今回はない。
それにしても動作していないのに「最新のドライバがインストールされています」というのは腹が立つ。
ハードウェアの障害とかウソをいうものだから本当に腹が立つ。

諦め半分で試行錯誤しているうちにうっかり「ハードウェア変更のスキャン」を誤操作してしまったのだが、これが正解。
黄色三角マークが消えてネット接続された。

やっぱりハードの問題もドライバの問題もなかったわけだ。
正常な状態をぶっ壊したのはWindowsの更新である。

しかしこれがまだ終わらない。また再起動すると元に戻ってしまう。
つくづく本当にWindowsはバカだ。

とりあえずプロパティを見ようとすると数秒フリーズ(反応無し状態)した。
しばらくすると表示されたので、もしかしたらこの時に自動修復がかかったのかもしれない。
どこか変なオプションが勝手についていたりするのではと疑って見てみると
「電力管理」の「電源オフ状態からのWake on Magic Packet」にチェックが入っている。

これが原因かは不明だが、ともかく不要ではあるのでチェックを外して閉じた。
その後再起動したところ問題の再発はなくなった。

[追記]
・・・と思ったら再発した。

再度検索を重ねるとひとつの方法が出てきたのでやってみた。

「デバイスのアンインストール」をする→「ハードウェア変更のスキャン」(上のメニュー(またはアイコン))でスキャンして再認識(数度必要かも知れない)
これで再起動、で一度治ったかのようにみえるが再発。

「ドライバも削除する」チェックを入れてアンインストールする。(以下同文)
これで治ったように見える。
なお、この状態で前とは明らかに違うドライバになっている。
プロパティを開いた場合、設定できる項目が倍くらい違うので明確にわかる。

[再追記]
また再発した。
もうウンザリだ。
再起動しても問題ないが、一度シャットダウンしてから再度電源を入れると再発する確率が高いようだ。

ハードウェア変更のスキャンをキーワードにトラブル関係を検索してみると以下の情報に行き当たった。他にも色々あったがまったくアテにならずこれが一番まとも。
リンク: 数日ごとに使えなくなるBluetooth、Windows 10にこれからも働いてもらうために…… (1/2):山市良のうぃんどうず日記(123) - @IT.
試そうとするがやってみるとこれは敷居が高い。
なにせVisualStudioでC++を動かさないとダメらしく、それにはハードディスク容量を17GByteは必要とするようだ。
SSDをメインドライブとしており、度重なるアップデートにより現在HDDは10GByteを切ってしまっている。(Windows.oldは16GBにもなっている)
これを消せば良いのだろうが、Windowsへの度重なる不信で恐ろしくてできない。
そもそもこの処置をしてもおそろしく対処療法である。
リスクとメリットの割が合わない。よってこれも不可とした。

もはやドツボで嫌気がさしたので発想を転換することにした。

それはこのネットワークデバイスを”捨てる”ということだ。
今回の話はデスクトップパソコンであり、昔買ったネットワークカードがあったのを思い出したのだ。別に今使っているオンボードのネットワークカードに固執する必要はない。(別に著しく性能が問われているわけでもないし)

倉庫からネットワークカードを探し出して装着してみるとまだ問題なく動くようだ(十年くらい前に買ったもののようだが)。
もう原因の追及も飽きたのでこれで使い続けることとしよう。
それにしてもWindowsとの付き合いは3.0からだが、ここまで酷いのは始めてだ(次点はいうまでもなく史上最悪のOS、WindowsMeだろう。世間ではVistaが酷評されたが私にとってはさほどトラブルはなかった)。

笑えたのはカードを挿した直後は問題のあったネットワークカードも問題なく認識されていたということだ。多分PnPで「ハードウェア変更のスキャン」が発動したからだろう。
このことからもハードウェアは全くの無罪である。本当に酷い話だ。

最近はオンボードにネットワークアダプターがついているのは当り前なので、(大分古いし)このカードも捨てようかと思っていたのだが捨てなくて正解だった。
・・・なんてことを思わせるのが最悪である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »