« 高度プロフェッショナル制度への多数の疑問点 | トップページ | またも^2 Windows10大型アップデートで不具合 »

2018/05/26

Perlに関する修正

何年かぶりにサーバーの新規設定を行っていたのだが、いくつものPerl(CGI)プログラムがエラーを出すようになってしまっていた。
なぜか自分で作ったライブラリが無いと言われるのだ。

CPANモジュールを使っているものもあるので、それでエラーが出る場合は順次入れていったのだが、CPANモジュールの導入途中でもエラーで停まってしまうものがでている。
例えばXML::Atom/XML::Feed等でインストール自体は問題ないがテスト中にエラーが出る。
エラー内容としてはt/Testlibpmがないのでテスト不能というもの。
これは検索しても日本語のサイトでは全く見つからず、英語のサイトでも明快な回答はなく難儀した。

調べると両方とも根っこは同じで、Perlのバージョンアップによる“仕様変更”で、use文等でライブラリ使用宣言をしてもカレントディレクトリにあるものは基本的には認識しないというものだ。

色々調べたところ以下が最も詳しいと思う。ここでは詳細は述べないので記事を読んでいただきたい。上記への対策も提案されている。
Per5.26で変わること

一言で言えばこの仕様変更は“セキュリティ問題”なのだが、当然ながら賛否両論が繰り広げられたようだ。
私の意見としては”過剰防衛”ではないかと思うのだが、まあ、昨今は“多少不便でもセキュアにすべき”のようなので仕方ないのかも知れない。
仕方ないとは言え、窮屈になっていく一方だなとため息がでてしまう。

|

« 高度プロフェッショナル制度への多数の疑問点 | トップページ | またも^2 Windows10大型アップデートで不具合 »

「プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/66760284

この記事へのトラックバック一覧です: Perlに関する修正:

« 高度プロフェッショナル制度への多数の疑問点 | トップページ | またも^2 Windows10大型アップデートで不具合 »