« 総理が幼稚な回答しかできないと社会のモラルが落ちる | トップページ | 高度プロフェッショナル制度への多数の疑問点 »

2018/04/29

過去の選挙結果をグラフ化する

「民主党への政権交代時、別に自民党の支持が減ったわけではない」という話を聞く。

本当か確認したことはなかったので過去の数字をグラフにしてみた。
1

2

確かに自民党+公明党の数字は殆ど変わらず、その他の得票数が増えたことが見て取れる。
(グラフから読み取れるとは思うが、第45回が政権交代時の選挙)

自民1強時代が続いているというが、一方で得票数だけ見ると自民+公明<その他なのが実態。
マスコミや評論家は「野党がだらしない」というが、正直その言葉も響かない。

小選挙区導入時には「小選挙区で二大政党を実現する」などという美辞麗句も見られたが、それが全くウソであったことが見て取れる。
単純に「民意を汲み取れる選挙制度か」を今一度見直す必要はないのか。

選挙制度に問題ないのなら、この状況を打破するには「野合」をするしかない。

公文書データ保存の問題

ちなみに5回分しかないのは総務省のデータにこれしか残っていなかったから。
公文書の保存(廃棄)は問題になっているが、こんなところでも状況が酷いことが判る。

もっと言えばこのデータの提供方法が酷い。
第44回などはPDFデータであり、45回からはExcelデータになっているという点は改善されているが、これもデータの再利用よりも印刷いたときの体裁を考慮しているとしか見えないものだ。

厳密に言えばデータはある。5回を超える分はPDFでまとめられており、読み物(報告書)としては体裁が整えられているが、利用可能なデータとしては悪化している。とても拾う気にならない。

|

« 総理が幼稚な回答しかできないと社会のモラルが落ちる | トップページ | 高度プロフェッショナル制度への多数の疑問点 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/66662619

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の選挙結果をグラフ化する:

« 総理が幼稚な回答しかできないと社会のモラルが落ちる | トップページ | 高度プロフェッショナル制度への多数の疑問点 »