« 菅直人“リベラル新党”か? | トップページ | Kindel iOS版のバグは別に構わないから… »

2017/10/23

選挙で大勝したのになぜ安倍総裁は厳しい顔のままだったのか

安倍総理というか総裁が、開票に際して笑顔または顔が緩むことがなかった、という評論がある。
自公大勝という見解があるが、自民党としてはそういう感覚が薄いのだろう。
「野党の自滅」「野党の失策」で勝ったからという意見もあるがそれも違うのではと思う。

こんなことは選挙結果の数字を見れば明らかではないか。
グラフにすれば下のようになる。
Graph_2
別に難しい計算やらで作ったグラフではない。
単に、比例区による獲得座席数である。

ある意味、自民党は惨敗、自公合わせても過半数に達していない。
なによりも、希望+立憲の合計に負けているのだ。
希望はほぼ民進党であり、立憲も民進党ベースであることを考えると、「民進党に負けた」という解釈も可能になってくる。

今回勝てたのは「小選挙区制だったから」というのが大きな理由と考えられる。
昔のような中選挙区だったらと思うとぞっとする。比例代表区しかも地域制でこれなのだ。
全国区ではもっと厳しいものになる可能性がある。

ここまで言えばわかると思う。
自民党はすでに次の参議院選挙を視野に入れているのだろう。
参議院の中心となる大きな選挙区・比例区では苦戦、いや、敗戦しかねないという危機感が走っても不思議ではない。

立憲民主党の存在感

なにより恐ろしさを感じたのは立憲民主党なのだろう。
ほんの2週間足らず、特にカリスマ議員でもない、民進党で党首選で負けた枝野氏が一人で旗揚げした党である。
それが蓋を開けてみれば野党第一党になってしまった。(というか自民党に次ぐ政党)
これは「浮動票層が不満を爆発させるとどうなるか」という恐ろしさでもある。

もっと恐ろしいのは「今回は戦後第2位の低投票率だったのに」だろう。
低投票率なら本来は組織票によって組織を持つ政党が強いはずなのだが、この状態になってしまった。
組織票といえば (労組)連合が考えられるが、こんな短期間で確固たる“組織票”など望むべくもない。

民主党が政権をとった時には投票率が平素よりぐんと上がり、投票していなかった人たちが民主党を支持し、政権をとらせた。

自民党も獲得票数ではむしろ上がったのに、民主党のそれが上回ったということである。

小選挙区という属人的な(立候補者・地盤看板についてくる)選挙では個別撃破できている。
しかし属政党となると心許ない。
これが党としての危機感につながっていてもなんら不思議でもない。

希望の党の”失策”について

これは立憲民主を見ればわかる話ではないだろうか。
「上からではない、下からの政治」を枝野氏は強調した。
これは自らのポリシーを主張するとともに、見事に自民党も希望の党も両方を批判できている。
自民党は安倍総裁、希望の党は小池代表、の独裁、上からの政治であるとしたのだ。

希望の党の失墜は「あの言葉」ではなくて「ファーストペンギンの、都民ファーストの会脱退」が大きかったのではないかと思う。
少なくとも、私はそうだった。
漏れ伝えられていた「小池独裁」に不信感を持ち始めていたところに、極めて近しい人の“ 告発”によってそれを決定づけてしまった。

もともと小池政治も「都民ファースト」なのだから下からの印象がある。
しかし実際にやっているのは「上から目線」でしかないとしか見えないのだ。
もっと悪いのは「都民ファーストの会」議員を著しく抑えつけているようにしか見えず、彼らの活躍や彼らからの意見の吸い上げ等が全く見えてこないことではなかろうか。

私は別に小池氏が党首として選挙に出る出ないとかはどうでもいい。
この一年の小池氏や都民ファーストの会の“実績”がまったく好ましいものではなかった、ということが大きなマイナスではないのか。

はじめは「小池氏ブーム」で飛びついた(一度は支持を表明した)人も、冷静に小池氏について調べると失望せざるを得なかったのではないだろうか。

|

« 菅直人“リベラル新党”か? | トップページ | Kindel iOS版のバグは別に構わないから… »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/65955014

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙で大勝したのになぜ安倍総裁は厳しい顔のままだったのか:

« 菅直人“リベラル新党”か? | トップページ | Kindel iOS版のバグは別に構わないから… »