« ふるさと納税は何が問題なのか | トップページ | 政府よりはるかにマシな「すき家」の働き方改革 »

2017/02/25

85%引き国有地売却問題

安倍総理が国会の答弁で

「安倍晋三小学校というこの寄付を募る紙を見まして私も驚愕いたしました。」
(中略)
「名前を使わないこということでお断りしているのに、使ったということについては大変これは遺憾であり残念であるという強い抗議をし、先方からは申し訳ないという謝罪があったところであります」

という発言があった。私はこの発言に驚いた。

一言で言えば「え?それで済むのか」ということ。

仮に私が何かしら寄付活動をして「これは安倍総理からも賛同をいただいております」などという文章を添えたとしよう。
見つかって抗議を受けてから「申し訳ない」といえば済むのだろうか。

これを放置していれば日本中で「安倍晋三詐欺」が横行しそうな話では無いのか。

国会では安倍総理が追求されている形になっているが、むしろ安倍総理が“被害者”の可能性もある。
誰かが安倍総理の威光を借りてなにかしらやった可能性もある。

仮に安倍総理を始めとしてて国会議員の関与疑惑が全くないとしても「行政の決定プロセスの不明さ」は確実だ。
これは豊洲移転問題と同じ構造である。
徹底的にやっていただきたいと思う。

まずは大阪財務局の問題がある。
大阪府なのか財務省なのかは分からないが、財務省のトップである財務大臣は“知らん”という感じの報道である。
別に財務大臣に疑惑が向けられているわけではなくて、管轄する財務局がやった不透明な行政が問題なのだから、自ら行政プロセスを明快に説明すべきでは無いのか。

それにしてもこの発端は朝日新聞の“スクープ”で、しばらくは各マスコミも殆ど取り上げていなかった。
マスコミの報道も、国会で騒ぎだしたあたりからようやくで、未だに的を射ていない感がある。

|

« ふるさと納税は何が問題なのか | トップページ | 政府よりはるかにマシな「すき家」の働き方改革 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/64938613

この記事へのトラックバック一覧です: 85%引き国有地売却問題:

« ふるさと納税は何が問題なのか | トップページ | 政府よりはるかにマシな「すき家」の働き方改革 »