« 欠席連絡…今時FAXのアホな理由 | トップページ | 高齢者事故の報道が無意味に多いのではないか。 »

2017/02/01

働き方改革:なぜ紙はなくならないのか

古くはOA化、ちょっと前はIT化、これからはAI化にでもなるのだろうか(笑)
まったく紙がなくならない。
なぜだろうか。

働き方改革(笑)とでもいうべき論議がされている。

構造改革と共に流行言葉になっている一方で、形骸化した空論の繰り返しで私は半ば辟易としている。

どこに問題があるかと言えば、単純に経営トップの判断、断行である。

そもそも「改善は下から、改革は上から」である。
下の個々人では少しずつ合議を取って変えていけるのが“改善”である。
一方で改革、大きな構造的な変化は、上から大号令で断行的にやるしか無いのである。
これが現実である。

改革はかならず損する人も得する人も出てきてしまう。
自分より上の格の人間が反対し得る改革が成立するなどと、会社論理的にあり得ないのである。

その現実を無視して「各人の頑張りで改革を成し遂げよう」なんてトンチンカンな号令をかけるからうまく行くわけが無いのである。

リンク: 働き方改革、「必要」は83.3% | マイナビニュース.

「収益確保のためには労働時間の削減とともに生産性を上げる必要がある」と回答した人は88.3%。IT化によって生産性が上がると思う業務には、「資料の作成」(25.6%)、「ハンコ文化」(24.6%)、「経費精算」(21.0%)、「勤怠管理」(20.8%)、「冗長な稟議フロー」(19.7%)など紙が介在するものが多く挙げられた。

どれも、上から大号令で変えるしか無い、システムを投資して作るしかないのである。
いずれも個々人の努力ではどうしようもなく、システムを作らないと出来ないことである。

「ハンコ文化」「稟議フロー」などは典型的であって、上長が承認したという証拠を残すには会社としてどういうシステムであればよいのか、“認証システム”をどうすればよいのかという話が本質である。
仮に優秀なプログラマーである1従業員が素晴らしいシステムを作っても、それによって通した稟議書が“有効”であるとトップが認めなければ何の意味もないのである。

「稟議フロー」に関しては会社で議論に加わったことがある。
最終承認までに時間がかかりすぎるので短縮したいという主旨もその一つだった。
すでに電子承認は導入されていたのだが、一人一人順に確認をしていたので時間がかかるのだ。
稟議には「承認」と「合議」がある。承認だけみれば短いので承認を回す一方、たくさんの「合議者」に一斉に合議を求めるシステムにしたら良いのでは?と提案したのである。
あとから聞いた話では、その提案(ほかにもあったが)を認めるかどうかを同様の人たちに聞いたそうで、「合議者」の中からそれに反対する声が出て、その提案は却下されたそうである。
やはりと思った。どうせ「あの人が合議したから私も押して大丈夫だろう」という判断でハンコを押している”無能な”人がいることは予想していた。
さらにあほらしいと思ったのは表向きは”システムの都合上できない”ということになったらしいのだ。常識で考えてそんなことがあるわけがないが、まあ、そんなものである。

つまり下層の人間の提案などどうせ簡単に蹴られるのだ。これを社長が言えばしぶしぶでも、というか意見を聞かずにそういうシステムになって終わりだろう。

経費精算は経理部だし、勤怠管理は総務部の管轄である。それ以外の人間はトップ以外が何を言っても何も変わらない。

つまり、「紙をなくならないのは単純にトップの問題」なのだ。

よく「AIが仕事を奪う」というが、これも滑稽な理屈である。
会社(トップ)が経営判断で、投資(AIを導入)することによって、仕事を奪う(人を減らす)のである。
AIの導入、AI化と言っても良いと思うが、OA化やIT化と理屈は全く同じなのである。
個人的にはOA化やIT化もろくにできない経営者が、AI化などできるのだろうかと高を括っている。

AIの学習やトレーニング、管理やその妥当性の確認などでいつまで経ってもAI化のメリットなど享受できないのではないか、と思っている。
PCが会社に入りつつあったころの昔、Excel(当時は1-2-3もあったか)の表計算が信用できなくてソロバン(電卓)で検算していたなどという笑い話もあったが、AI化でもそれを笑えないのではと思うのである。
PCが業務に本格的に使えるようになって実はもう20~30年は経っているのだ。
ストレージやメモリや処理速度が桁違いに増えているのに、いまだハンコを押して書類を回しているのである。

いまだにWordやExcelをメリットがあるレベルまでしっかり使えている人がどこまでいるのか。単なる清書ツールになっているだけではないだろうか。

|

« 欠席連絡…今時FAXのアホな理由 | トップページ | 高齢者事故の報道が無意味に多いのではないか。 »

「その他」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/64838527

この記事へのトラックバック一覧です: 働き方改革:なぜ紙はなくならないのか:

« 欠席連絡…今時FAXのアホな理由 | トップページ | 高齢者事故の報道が無意味に多いのではないか。 »