« 会社や工場での自家消費太陽光発電 | トップページ | LED照明の何が良いのか »

2017/01/24

Nintendo Switch オールドゲームマニアの目から

正直言えば、うーん、と言ったところ。
別に持ち運べるゲーム機は欲しくはないというか、テレビに大写しで遊びたい。
高いか安いかと言えば、コントローラ+ドックで1万円、高性能タブレットゲーム機で2万円という評価を考えれば高くはない。
モバイルWiFi持っていればネット端末にもなる。

ごく平凡なものになってしまったが、まあ、それが世の趨勢なのだろう。
XBOXはもとより、PS4も「プワマンズゲームPC」となった現在、任天堂もそれに倣わないと生きていけない。
奇抜なハードは淘汰される。古くはSEGAサターンで、SEGA以外は使いこなせなかった高度さ故にバーチャシリーズを実現できるハードを持ちながらもサードパーティは一切「普通のゲーム機」レベルのゲームばかりだった。
Wiiもリモコン、WiiUも画面付のコントローラが災いしたのだろう。
リモコンなんかサードパーティは適当に使えば良いのに、下手に使おうとしてスベっていたゲームばかり。無理にモーションコマンドを要求するなっていうの。
それでもWiiが売れたのはその取っつきやすさ。そして確かに面白いゲームはあった。

今回の特筆ハード機能は、モーションはもとより、「HD振動」と「IRカメラ」なんでしょう。
コントローラは大人なら手のひらに収まるような小ささ。ボタンの押しやすさは大丈夫か、と思う反面、モーションにはむしろプラスになるとはいえる。
2つのコントローラは両手の中にしっかり握れる。

2組4個のコントローラも普通に使えるから、両手に握って、両足の靴下の中にいれて、計4つでモーションキャプチャをやって欲しい。
そう、ダンスゲームである。
開発能力もあり、DDRで一世を風靡したコナミが待ち遠しい。
コンセプトは良かったがモーション認識が残念で終わったダンスコレクション(バンナム)もリベンジして欲しい。
また、リモコン+モーションでも操作に苛立ったWiiSportsも是非リベンジして欲しい。

やはり懸念はゲームタイトルであり、実質任天堂のみしかまともなゲームがない現象である。
Wiiでは大分色々出て買ったが、WiiUでは酷いものだった。まったく食指が伸びない。
WiiではVCも大分買ったが、WiiUでは特にアーケードの新作が皆無でほんの数タイトルしか買っていない。
もうそんな寂しいタイトルしか版権を取れるのが残っていないのかという残念さであった。

マリオが“久しぶりの箱庭マリオ”であることも不安感を招く。
ゴール到達型ではなく“箱庭型探索”は64のマリオ64,GCのマリオサンシャインである。
64とGCというのは任天堂の暗黒期を招いたハードである。

ただでさえ感覚の掴みにくい3D化、またゴールを探し回るという難しさから、取っつきにくさ、それを超えても途中でギブアップした人も多いのではないか。
実際私は操作がクリティカルになり始めた辺りで散々“カメラに殺されて”嫌になって放り投げた。私には“カメラに同期して(追っかけて)操作を合成する”なんてできない。
ゲームの世界に没してしまうので自分で動かすのならともかく“勝手に動くカメラの動き”を意識するのは生理的にできないのだ。
それで正直64自体が嫌いになり、あまり触らなくなった、というのは言い過ぎか。
マリオは看板タイトルであるが故に、即ハードの評価にもなりかねない。
サンシャインでは大分軽減されたとは聞いたが、既にやる気がなかった。
実際に更にカメラを極力固定したり、実質2Dビュー面もあるとされたWiiのGalaxyでもきつかった。
Wiiで基本は「普通のマリオ」に回帰したからWii/WiiUはマリオをまたやってみたくなったのだし、実はGalaxyは合わなかったらさっさと捨てるつもりでいたぐらい。

一つの方向をうらなうのが「1-2-スイッチ」でしょう。
Wiiにおいては「初めてのWii」が大きかったと思います。
リモコンの機能を総覧体感でき、操作練習ソフトであり、シンプルなのに奥の深いゲームだったりします。
発売当時の半数は優に買ったとも言われ、ハード購入時に薦めるのも「とりあえず初Wiiと…」と言われました。

Nintendo Switchでは「二人」をやたらと強調しますが、一人でもきっちり遊べるのが基本だった(任天堂自身がそう言っていた)はずです。
二人で遊んで楽しいのならコンピューターゲームである必然はありません。一人でも遊び込めて二人でやればもっと楽しい、が基本のはずです。
その点でも初めてのWiiは優秀でした。
「ガンマン」以外は詳細が分かりませんが、ガンマンの楽しさも「うーん」という感じで伝わってきません。所詮は二人いないと成立しないような。

とりあえず新作ゼルダはWiiUでやって様子見となりそうな予感がします。
マリオメーカーやWiiFitも続けたいので捨てられないし。

いわゆるアーケードジョイスティックはまた出ないだろう。
Wiiも残念なものしかなかったので、結局クラコンとSEGAサターン用のアーケードスティックをバラし、キメラしての自作となった。
今度はPROコンをバラしての対応になるのかと思うと面倒になりそうだ。
ベストはUSBジョイスティックが使えれば良いのだが、そういう“エコシステム”を考えないのが任天堂の悪いところである。

|

« 会社や工場での自家消費太陽光発電 | トップページ | LED照明の何が良いのか »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/64805533

この記事へのトラックバック一覧です: Nintendo Switch オールドゲームマニアの目から:

« 会社や工場での自家消費太陽光発電 | トップページ | LED照明の何が良いのか »