« トランプ大統領発言「自動車貿易の不公平」は何が問題なのか | トップページ | 働き方改革:なぜ紙はなくならないのか »

2017/01/31

欠席連絡…今時FAXのアホな理由

まだこんなレトロなことをやっているのか。
唖然としてしまう。

いまだにFAXが残っているのは日本ぐらいだろうと言われている。
会社でも残しているところもあり、世界の失笑を買っている(というのは言い過ぎだが)。
学校からなんかとっくになくなっているかと思ったら、学校が自ら使えといっているレベルとは呆れてしまう。

リンク: (2/2) 欠席連絡は「FAXで」 小学校で「メール不可」の深い理由 : J-CASTニュース.

東京都教委の義務教育指導課では1月30日、J-CASTニュースの取材に対し、学校によって違い、調査したことはないとしたうえで、次のように話す。

    「FAXは、都内では聞いたことがありませんが、電話で連絡したり、連絡帳を預けたりすることが多いと思います。連絡帳にしている学校でも、近所に友達がいないなどの理由があれば、電話やFAXでもいいとしているはずです。ただ、メールについては、連絡に使うのは極めて難しいでしょう。教員が保護者と私的な用件に使うなどの恐れがあり、外部の人とやり取りができないよう厳重に管理されているからです」

意味不明である。
まず調査したことはないというのが意味が分からない。
では、教育委員会は、子供の欠席連絡をどうすれば良いと考えているのだろうか。
「…でもいいとしているはずです」という極めていい加減な回答。

メールがなぜ難しいのか。記事も「深い理由」とか、どこが深いのか。

私的用件に使う危惧があるというのなら、学校でアカウントを取れば良い。
アカウントとパスワードを共用する。
一般教師が信用できないというのならば、校長、教頭、学年主任、養護教員ぐらいで共有したメールアドレスに連絡するようにすれば良い。相互チェックである。
念を入れるのならば、メール発信履歴を取れるようなメールサービスを頼めば良い。
県の教育委員会でメールサーバーレベルで契約して管理しても良いだろう。

文科省の児童生徒課でも、「FAXは、あまり聞いたことがありません。電話か連絡帳が多いと思います。メールは、連絡に使うのを認めている学校はないのではないか」と取材に答えた。

文科省もいい加減である。
先のサーバーなど、文科省レベルで管理しても良いはずだ。
プライバシーやメアドなどの個人情報、そんなものはいくらでもITで保護できる。
保護しながら内容を監視することなんか簡単な事である。

それにしてもこんな連中が「IT教育」とか笑わせる。
連絡帳を持たせて走り回らせておいて、「IT教育でメールの活用」とか言うのだろうか。
なんの冗談だろうか。
こういう「現実と教育の乖離」が「教育として根本的な問題」だと思っていないのか。

|

« トランプ大統領発言「自動車貿易の不公平」は何が問題なのか | トップページ | 働き方改革:なぜ紙はなくならないのか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「教育」カテゴリの記事

コメント

むしろ、おまえな阿呆さかげんにあきれるわwww

投稿: | 2017/02/02 08:08

まーこの人も世間しらずっつうなんつうか
井の中の蛙、大海しらずに勝手に物を言うだな

欧米あたりは日本の義務教育みたいにぬるくはなく、義務教育ってのは子供には学校に通う義務があって親は学校にいかせる義務があるから
それこそメールで連絡するばOKなんてのは有り得ないんだが
というか複数日休んだり遅刻する場合など必ず診断書など書類提出がもとめられるし

というか事前連絡じゃなく、治ってから登校するときに生徒が親から手紙や診断書などを提出するという場合が多い

そもそも虐待にうるさくて通わせないのも虐待になるから、むしろなぜ休んだかの連絡に関しては欧米のほうが厳密だ。

メールやらなんやらで適当にすますなんてありえんよ

投稿: | 2017/02/02 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/64834438

この記事へのトラックバック一覧です: 欠席連絡…今時FAXのアホな理由:

« トランプ大統領発言「自動車貿易の不公平」は何が問題なのか | トップページ | 働き方改革:なぜ紙はなくならないのか »