« Kindleで青空文庫(2) | トップページ | 年金改定法案でおかしな報道・論議 »

2016/12/15

バグならば・切ってしまえ・高速起動(Windows10)

Windows10にしてから嫌な問題が二つ解消できなくて困っていた。
一つはRAMディスク(電机本舗)が上手く動かない(よく“ディスクが壊れる”)
一つはネットワークディスクが接続できないと警告が出る(しばらくすると自動接続される)

正確には移行後はたまにしか問題なかったのだが、なんとかアニバーサリーの後から頻発するようになっていた。

RAMディスクの件で調べてみると、どうやらWindows8でも起きていた問題で高速起動をすると駄目らしい。(うちのWindows8/8.1環境ではまったく問題なかったのだが。)

そこで高速起動をとめてみようとした。。。が、嫌がらせのように判りづらい。
1.探して「高速スタートアップを有効にする」にチェックが入っているのを発見。
しかしグレーアウトして変えられない。なんの嫌がらせか。
ボタンなのか説明書きなのかわかりづらい文章をクリックすると画面が変わる(赤矢印)
1
2.チェックを変えられるようになったのでクリックして外す
2
3.これだけでは決定にはならないので注意。下の方の「変更の保存」を押すこと。
3
これでやっと適用される。
このキャプチャではウィンドウを小さくしているから気にならないだろうが、“普通の大きさ”だとえらく空白がある下なので気がつかない。というか一度見落としてウィンドウを閉じてしまった。

さて「高速スタートアップ」ではないのはどの程度遅いのか。
起動時にクルクル回るのが、高速では0.8回転ぐらい、高速をやめると1.8回転ぐらいである。
実際問題として殆どどうでもいい。もしこれが5回ぐらいなら悩みどころだが。

この設定にしてからはRAMディスク問題も、ウザイ警告も出なくなった。
めでたしめでたし。

ちなみにこれ以外も高速スタートアップに起因する問題はいくつかあるようだ。
バグフィックスするまでは当分切っておいた方がよさそうである。(まあ、いつまで経っても治りそうもないが)

|

« Kindleで青空文庫(2) | トップページ | 年金改定法案でおかしな報道・論議 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/64625693

この記事へのトラックバック一覧です: バグならば・切ってしまえ・高速起動(Windows10):

« Kindleで青空文庫(2) | トップページ | 年金改定法案でおかしな報道・論議 »