« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/08

国会で「戦闘行為」という言葉の定義が論争されているらしい

『法的に言う戦闘行為とは「国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷しまたは物を破壊する行為をいう」と定義づけられている』そうだ。
法的とはなんの法なのかは不見識な私には見当がつかないが、稲田防衛大臣が国会答弁で述べているのだから間違いは無いのだろう。

ここで注意しないといけないのは、こういった法的定義が、一般人感覚とは違いがあるという点である。

戦闘行為とは「国際的な」という前提条件がある

国際的、つまり複数国家間に限定されるということである。
つまり内紛(一国内の紛争)は「戦闘行為」ではないと定義づけられていると言える。
(今回の稲田大臣の答弁やりとりでもそのように受け取れる)

一般的には武器や軍備レベルの車輌等を使用してそれを互いに相手に対して殺傷・破壊行為を行えば「戦闘行為」と感じるのではと思うのだが、法的には違うらしい。

戦闘行為とは「武力紛争」のひとつである

戦闘とは「戦闘モード」なんて言葉があるぐらいで、個人レベル(個人間)でも使われる言葉なので、国家とかそんな限定がされるとは普通は思わないし、もっと“一般的”な言葉であると勘違いしてしまう。
ところが「武力紛争の一環」であるから、そもそも武力行使が大前提である。

法的

法的、というのは今回の様な公人(大臣はもとより国会議員、裁判官、国家公務員)の行動や法律上判断が正確に求められたときにその根拠となるものである。
つまり一般人の感覚ではなく、どこかに書いてあるその根拠に基づく。

それの是非ではない。
言葉というのは人によって見解が異なる。それは仕方ないし当然のことである。
それの位相合わせをするために辞書があり、法的文書にはその言葉への定義がなされるのである。

気をつけるべきは、国会で法律を作る時には、一般人感覚の言葉面ではなく、法的定義に基づいて論議(考察)をしなければならない、ということである。
ニュースや報道番組等では、ついつい一般人感覚で言葉を捉えがちであるが、実はこういう一般人感覚とはずれた形で“定義”がされていることに気がつかないと、とんでもない罠にはまることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

豊洲問題:“環境汚染”は問題の一つに過ぎないのでは?

豊洲問題はぶっちゃけ私には“対岸の火事”なのでどうでもいいのだが、あまりに報道やら特集による論点があまりにトンチンカンなので呆れている。
個人的には贈収賄やら談合やらの刑事事件が発覚して逮捕劇にまで行って欲しいと思っているのだが、その辺は検察に期待したいと思う。

有害物質が出たの出ないの、挙げ句の果てには「環境基準の7割もの値が出た」などとマスコミも煽るのには閉口する(発した共産党もたいがいだが)。
いうまでもないが「基準値以下だった」だけのことである。
そう思っていたら基準値以上の値が出たとなり、小池知事はどんどん泥沼にハマっているような気がして本当にお気の毒である。

マスコミの煽りでは環境汚染・有害物質問題にばかり目がいくようになっているが、そもそもの法違反または公文書偽造レベルの問題が三つ、また建築津物としてそもそもどうなの?という観点でも大きく言って四つ程度は容易に挙げられる。、
一言で言えば「もうむちゃくちゃですな」というレベルにしか見えないのだが、果たしてどうなるのだろうか。

土壌汚染対策法の不遵守?

いまごろ基準値以上が検出されただの、いや健康に直ちに害はないからどうのと色々といわれているが、根本からおかしい話がある。
それは2年間のモニタリングを経過してシロであるとなってから建築にGOサインが出るというのが原則である。
当り前である。
クロになったらまた土壌改善することになる。
どういう改善をすれば良いかは事前に分からないのだから、建ててしまったら取り返しがつかない事になり得る。

ところが、いうまでもなくモニタリング中にも関わらず建物は作られ、あろうことか開業までしようとしていたのである。

“フライング”をしているのが明らかであり、そのこと自体が問題なのである。

耐震設計審査書類の偽造?

重いターレが走ると床が抜けるという話ではない。
耐震設計審査に出した設計図が、上階の床の厚さを1cmと“捏造”して申請した問題である。
実際は14cmもあるそうである。それはコンクリなのだからとんでもない重さである。
当然、耐震性審査に影響が出るのは素人目にも明らかである。

また、入居者はでかい水槽やら冷蔵・冷凍庫やらの超過重物を入れるわけであり、一般家庭どころか、一般公共施設としてはかなりヘビーな部類になる。
公共施設という割増しは盛り込み済みのようだが、それでも更に大きめに見積もった方が良いのではと思わないのだろうか。

どこぞのマンションの耐震施工偽造も大問題だが、設計審査段階で偽造を行ったとしたらとんでもない話である。
審査は東京都“自身”が行ったということだが、こういうときこそ“縦割行政”を発揮してきちんと審査していただければよかったのに、と思う限りである。

環境アセスメント書類の偽造?

環境アセスメントの審査を受ける図面にはいわゆる“地下空間がない”版で審査を受けていたそうである。
当り前だが設計変更があったら、審査のやり直しである。
それがされていないのでは、という話がある。
これもつまりは偽造、偽証問題である。

床下の“水没”自体がも問題では?

そもそも床下にあんなに水が溜まっていて良いのだろうか。
地下水ではないか、いや、雨水だ、という問題では無い。
仮に雨漏りであったとしても、速やかに水は“見えなくなる”べきである。
当然ながら基礎は鉄筋コンクリートであろう。
水はコンクリを侵食するし、ひびが入れば容易に鉄筋を錆びさせてしまう。
最初は水と接触しているところだけだろうが、どんどん上へと侵食していく。
高湿度ですら問題であり、“風通し”を良くしておくのが常識である。

また、鉄筋の腐食に限らず、カビやバクテリア、雑菌の巣窟になるのも当然である。
いうまでもないが、この建屋は生鮮食品を扱うのである。

基礎自体の砂利(露出)面積が多すぎやしないか?

普通に考えてあの砂利(露出)面積の多さに違和感を感じなかっただろうか。
鉄筋コンクリの建物は普通その下はコンクリなりアスファルトで固められているのではないのか。
地下から水、いや、水気が上がりやすければ普通は防水加工をして建築物に影響が起きないようにするのが普通ではないのか。
土壌汚染の対策とかいうが、アスファルトやコンクリで固めても、そんなものはいざとなれば容易に剥がせる。砂利のままにしておくのはなんとも解せない。

床の設計強度不足

これが例の2tターレが走るとヤバイのではないかという話である。
これも様々な意見が飛び交っているが、その中で、この建物が何十年、ともすれば50年オーダーで使わなくてはならない、という観点が見られないのが心配である。

いわゆる“床が抜ける”のは設計強度を超える(設計強度が弱い)のは論外だとしても、経年劣化による強度劣化や、繰り返し疲労による劣化などを考えて論議されているのだろうか。

築地が改修ではなく移転だ、という理由にそこの改修“工事”ができないことがある。
工事をすればたくさんの粉じんや危険物が飛散する。
それが生鮮食品にかかったらエラい問題だ。だからできないのだ。
つまり豊洲でもそれは当然同じである。後で改修で対応するわけにはいかないのだ。
そもそも想定何年で設計しているのだろうか。そこも語られない。

液状化対策

豊洲はいわゆる“夢の島”、埋め立て地である。
埋め立て地+地震=液状化現象といえるほど問題となるのは当然である。
にもかかわらず、ほとんど考慮されていないらしい。
まあ、大地震が起きたらまわりもろともという考えかも知れない。
多分、豊洲前後の道路も液状化で崩壊、文字通り孤島となるから建物がどうこうの問題では無いのだろう。
既に島の周囲の道路周辺にはクラックが入っているようだ。
液状化以前に地震で容易に崩壊するとしても不思議でもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »