« Windows8で中国語(簡)表示してみた、 | トップページ | 実家のマシンはXPからWindows8にアップグレードできるか »

2014/04/12

小保方氏報道に思う

もう2ヶ月もグダグダやっているらしくてそろそろ呆れてきたのが正直な感じだ。

私は「不正か」「単純なミスか」なんかどうでもいい。
そんなクダラナイことをグダグダ言い争っているなんてどこまでバカなんだろうか。
これが日本トップの研究機関などといわれて内閣から特区扱いを受けるようなところなのか。

理研もそうだし、小保方氏もその点で大差はない。

まず小保方氏がマスコミ他から一斉攻撃を受けて“悪者”になっているのが異様に見える。

小保方氏がユニットリーダーであるがゆえの責任はもちろんある。
しかし研究において彼女が“ユニットリーダー”であるということは他にも複数の研究者がいたはずだ。
小保方氏だけに“STAP細胞が存在するか”を問い詰めるのは不可思議だ。
無論、リーダーが主に答弁するのは当然だが、他の担当レベルも(段階を踏んでかもしれないが)同席して意見しても不思議ではない。
発覚当初はともかく、今になってもそれが皆無なのは違和感がある。

論文に関して言えば、少なくとも“共同研究者”として論文に名を連ねている人についても小保方氏と“同罪”である。
こういう論文の類には実情“名前貸し”がされていることが常態化しているのは知っていてあえて断罪する。
名前貸しが論文に有名な研究者の名前で“箔をつける”場合もあるし、逆に未だ無名の人に“箔をつけてあげる”意向もある。
私は正直そのことには否定的な考えである。
どちらにせよ、名を連ねた以上は一定の責任があるのは至極当然の理である。
その論文の中身を知らないなどは言ってはならないことだし、殆ど誰かが書いたとしても自分で書いた程度に精査すべき責任を負う。
何かあれば自分も連帯責任で責任を負う(これこそ本来の連帯責任である)。
そうでなければ共著に名前を連ねる資格は無い。
しかし、たまに共著者への追求があってもマスコミ側もいずれもいい加減だし、受けた人も他人事のような対応である。
この不公平さに私は憤りすら感じる。

次に理研の姿勢である。
既に理研が「体制の自浄機能」を示そうとしているのだろうか、実態は「小保方バッシング」になっている。
まさに一部で「“トカゲのしっぽ切り”に向かっている」と叩かれているのもやむを得まい。
本来は小保方さんを社会から守るべき、理研という会社の上司を含むほとんどが小保方さんの“敵”になっている。
論文に関しても「理研の小保方」の名前で出している(実物を見てはいないが常識的にそうだろう)以上は理研も連帯責任を負っている。
外に出す論文に関してなんらかの審査がなかったのか、質疑応答がなかったのか。

iPS細胞があれだけ騒がれたのだから、同じ方向性を持つSTAP細胞が日本中は当然のこと、世界中の注目を受けることは十分に予想ができたはずだ。
やっかみも含めてアラ探しが起るのも当然のことである。
まさか無審査で出したわけではあるまい。
どの程度の見識でこの論文を世間に問うに至ったのか、そういう説明が一切ないのは私はおかしいと感じる。(報道されないだけなのだろうか)

小保方氏の姿勢にも違和感を感じる。

「捏造」か「単純ミス」なのかなどは私はどうでもいいと思っている。
ミスがあったことは認めているのだから、論文の最終結論に問題があろうとなかろうと書き直すべきである。
「撤回はしない」lことに固執することに違和感を感じる。
撤回が捏造を認めることになると考えているとしたらそのほうがおかしいのではないか。

論文の撤回をするメリットデメリットはよくわからないのだが、基本的にはさっさと撤回して正しい論文を出せば良いだけでは無いのか。
もしくは撤回の宣言だけして実際の手続きは保留して置いて、新しい論文の提出と同時に撤回をすれば良いだけではないのか。
それができないほど融通の利かない世界(学会)になっているのだろうか。

次は理研が自分らの名誉もかけて総力を上げて文句のつけようのない完璧な論文を仕上げ、出すことが前進ではないのか。
そして次のステップに進むべきではないのか。
すくなくとも科学を信奉するものとしてそこが向かうべき道ではないのか。

理研もこれ以上の“捜査”をしてもなんのメリットがあるのか。
小保方氏を切るようなことをほのめかしているようにも思えるがそれにメリットがあるのか。
例えばリーダー降格としても研究者として残すことになにか問題があるのだろうか。
論文をきちんと書くことは研究者として大事なスキルであるというのは事実であるが、重要なスキルであるとは言えない。
なによりも素晴らしい、人とは違った成果を上げることが重要なスキルであるはずだ。

故意に改竄をした論文を出したことに問題があると言う論もあるかもしれないが、それは私は文系的発想だと思う。
“人間性”とか“信頼性”をその個々人に求めるのは文系的な考えではなかろうか。
特に理系は世間からみて社会不適合者、変人といわれるぐらいの偉人がいくらでもいる。
実は都市伝説とされるとんでもない奇行も、普段からの奇行から出たデマなのだろう。
近代でも、世界を変えたほど、例えば相対性理論・原子力・光電発電等の基礎発見をしたアルベルトアインシュタインも変人で知られている。
偉大な発明の前にはクダラナイことなのだ。
特に理系の研究成果というのは他の人に読まれ、追試され初めて評価を受ける。
改竄などをすれば簡単にバレる。悪意を持って改竄したデータを積み重ねて論文を発表したからといって何のメリットもないのだ。
こうして結果として叩かれるのは火を見るより明らかである。

アインシュタインの相対性理論も発表された当時はトンデモ理論だったのだが、それ以後に天体観測で「光も重力で曲がる」等が観測され正しさが証明されてきた。
原子力の基礎理論も「物体の質量はエネルギーと等価(変換可能)」というトンデモ理論だったのだが、今では原子力爆弾や原発などで現実の事象として存在している。

小保方氏の言い分をそのまま信じる立場を取ってみよう。
彼女が真に偉人となり得る天才であるとすれば、そのノウハウ、レシピは彼女自身では分からない部分があるともいえる。
天才というのは自分で知らないうちに他人と違ったことをやってしまうものだ。
「え?普通こうするものじゃないの?」という自覚が無いのだ。
それは“普通の研究者”が傍らで彼女が再現実験をやっている姿を見て、そのやり方を写し取らないとできない可能性がある。
それでも実際に自分で見た“普通の研究者”が再現できない可能性がある。
当然ながらそれを紙に記したレシピで再現できるはずがない。
一流シェフの調理の様子を動画で撮影し、コツを解説し、食材の分量を細かく量ったとしても、それをみて一介の主婦が同じものを作れるだろうか。それと同じ話だ。

ただし、それでは本来の科学の研究としては問題がある。
そこが次の段階であり、誰にでもある程度以上の施設や腕があれば確実に再現できる方法を提示することである。
これは一連の報道でも小保方氏自身も語り、指摘されていることである。
理研のやっている研究は、美術品や一流の工芸品を作ることではなく、科学的発見と科学敵手法の模索であるからだ。

私は特定の誰かしか認知できないものは「オカルト」であると捉えている。
誰にでも再現できるようになってはじめて「科学」である。
だから例えば幽霊は「オカルト」の域を出ていない。
幽霊の存在を信じる信じないではなくて、誰にでもその存在を認知できるか否かが科学的な見解での問題点である。
もちろん肉眼で“見える”必要はない。何かの機械でも検知できれば構わない。
例えば幽霊の認識は実態は“強力な磁場”であるという見解もある。
磁場(電界)の強いところで“幽霊を認識”しやすいという話もあるのだ。
磁場が人体に影響を与えること、幻覚を引き起こす可能性もあることは知られており、人によっては失神や幻覚として幽霊を見ることは十分にありえること、という理解だ。
もちろんそれだけではないのも事実であり、ひとつの事象にすぎないということになろう。

話がずれたが、ともかくも小保方氏以外の誰かが「STAP細胞は存在します」と言えるようにすることがなによりも重要ではないのか。
これ以上小保方氏が何を発言しても無意味である。
彼女に存在があることの物証を出すように求める論調もあるが、それは無意味であると私は思う。
それができるのはほかでもない小保方氏以外の理研の誰かである。
今回の調査委員会なるものでもSTAP細胞の存在真偽については言及しないという。
極めて不可解な行動だ。
今回はやらないというのならいつやるのか。
犯罪検証や断罪など本来はどうでもよいはずだ。

本当に問題なのは理研がそこに向かおうとしないのはなぜなのか、そうしようとしない力というのはどこから来ているのか、ではないのか。
そしてなぜマスコミもそこにもっと突っ込んでいかないのか。

「不正だ」「ミスだ」などというくだらない論争、マスコミの、小保方氏を叩くにしろ、擁護するにしろ、ワイドショー的展開はもうウンザリだ。

「みんな小保方に偏りすぎなんだよ。それでSTAP細胞があったのになかったことになってみろ、その方が致命的なんだよ」というのが私の感覚である。

|

« Windows8で中国語(簡)表示してみた、 | トップページ | 実家のマシンはXPからWindows8にアップグレードできるか »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/59456148

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方氏報道に思う:

« Windows8で中国語(簡)表示してみた、 | トップページ | 実家のマシンはXPからWindows8にアップグレードできるか »