« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/27

Youtubeマシンを一台作ってみた

サーバーに使っていて新しいのに入れ替えた後、不要になっていたAtomでITXのマザーボードが放置されていた。
捨てるのももったいないのでYoutubeマシンとして使えるか試してみた。
PCはもちろんあるのだが、TVラックにいれる専用のPCを置いてみたくなったのである。

ただこのマザーボード、IntelのD510MOでPS2端子やシリパラ端子があるなどかなり古いとはいえる。(そのくせHDDはSATA端子である)
メモリは2M積んでいるので問題は無いだろう。

なぜかLinuxのインストールが成功しない

正確に言うとインストールは完了するのだが起動途中でフリーズする。
もちろんサーバーとしてLinuxで動かしていたので訳が分からない。
試しにLiveCDのUbuntuとPuppyをCDに焼いてみて起動してみたがこれも止まる。
ハードディスクが悪いのかと変えてみても結果は同じ。
BIOSの設定を色々変えたが同じ。
もしかしたらとBIOSのバージョンを確認するとその後かなりアップデートが行われている。
Flashメモリでのバージョンアップがどうも失敗するので、起動CDを作成できる最も新めのバージョンで試すとバージョンアップができた。

改めてLiveCDを起動すると今度は問題なくなった。
アナログRGBなのだが、きちんと1920x1080を認識して表示される。
考えてみれば既にFullHDのモニタが一番安いくらいの時代になっているわけでなんとなく時代に取り残されているような気分にもなる。
ただLiveCDを使っている範囲では動画表示を全画面にするとカクついたり遅れが出たりと見るに堪えない。
これはLiveCDだからなのか、マシンパフォーマンスがもっといるのか、インストールすれば解決するのか、Linuxでは(ドライバの問題で)無理なのか。

Windows8はどうか

Linuxでフリーズして困っていたときWindows8を試しに入れてみた。
当り前のように全く問題なく動く。
Youtubeでの全画面というのもあったので確認したのだが、特に問題はみられない。
タスクマネージャーでCPU負荷も見てみたが全画面時でも30%程度とCPU的には十分に余裕があると言える。
ただしグラフィック的な問題なので内蔵グラフィックの方が大きいのだが。
とりあえず最悪でもWindows8マシンにするという方策はひとつできた。
ただしWindows8はDSP版でも一万三千円台という高額パーツだ。
安易に購入はしたくはない。

ブラウザにもよるのか

ドライバ的にはUbuntuが最も優秀と踏んでこれをHDDにインストールしてみた。
標準ブラウザはFirefoxであり、Flash Playerもインストール済みであった。
大画面は問題ないのだが、全画面にするとカクついてしまう。残念である。

Youtubeプレイヤーを入れようとしたのだが、UbuntuOneのアカウントを要求したり、インストールできたがFlashプレイヤーを一緒にいれてくれず、説明どおりにしたのにうまくいかなかったりして嫌になってしまった。

なんとなく予め入っているFlashPlayerのサポートブラウザを見ると色々あるのだがChromeが見当たらない。
Youtube - Google - Chromeという繋がりからも相性が良いのではという憶測もあり、Chromeをいれ、Flash Playerも入れていった。
しかしこれもFlash Playerでそのまま素直ではなくupgrade-なんちゃらというツールを動かせみたいにかいていあるがそんなものは無いと怒られる。
試しにapt-get install なんちゃら (なんちゃらは結構長い文字列でコピペで持ってきたので覚えていない)としたらうまく行ったので結果オーライである。

目的のYoutubeでの動画全画面をやってみると、なんと問題が無い。
こんなに違うものかと正直ビックリするほどである。

というところでソフト導入実験終了。

PCとして組み立てる

ケースを色々物色していくつかピックアップしてAmazonに在庫があり安価なものを早速注文。
SiliverStoneのminiITX対応 SST-ML05Bというもの。
41lwxhmqgl_sl500_aa300__3
HDDは基本的には2.5インチ用途だが(それなら4台収納できる)、3.5インチもつけることができる。
今回は追加投資したくはないので3.5インチを使いたいのだ。
電源ユニットやファンも別付けなのも私にはポイントが高い。

ほどなく届いたが外観も問題ない。
前面もアクリル仕上げできれいだ。
早速組み上げたのだが、問題がひとつ。電源ユニットの高さが微妙に電源の方が大きく、上カバーがきちんと閉まらない。(ねじ1つは締まる)
もう少し余裕を持って作ってくれていればと思った次第であるが、まあ、AVラックに収めてしまうので普段は見えるようなものでは無いので諦めることにした。
マザーボードの発熱はほとんど無くHDDも低消費電力なのだが、念のため手持ちで最も低回転な8cmファンをサイドファンとして取り付けてみた。

安価なビデオデッキより小さいぐらいなのでAVラックには余裕ではいる。
とりあえずいれて2時間ほど全画面で視聴してからファンの排気や開けてみて雰囲気を確認してみたが全く問題は無さそうだ。

やっぱりキーボードやマウスはワイヤレスが良いか

テレビの前というかリビング的環境ではキーボードやマウスがことのほかウザく感じるものだ。
しまう時も使う時も線が。
当然ワイヤレスにするかとも思うわけだが、そこに投資するのもイマイチだしでかいのも大差ない。

ふと思い出して物置からかなり前に買ったSMK社のトリプルパッド(TP008IR)というものを見つけ出してきた。
Img_0222
上記写真のものがワイヤレスのキーボード兼マウスになって、別ユニットの受信機から伸びたPS2ケーブルをPCに接続する。
ちょうどPS2接続なので良い。
大きさはというと、タッチ部分はクレジットカードサイズである。
ワイヤレスというのはIRという名前や外形からして赤外線のようである。

こいつはことのほか良くできている。
キーボードモードの時はスタイラスで押すわけだがこの具合が絶妙で意外とミスがない。
スタイラスは特殊なものでは無くてなんでもいいし爪でもかまわない。
いわゆる複合キーとして使われるものは左にボタンとして並んでいる。
マウスモードの時はマウスというかタッチパッドとして動作する。
いちいちキーボードとマウスを右上のスイッチで切り替える必然はなく、キーボードモードにしていても左のマウスボタンを押しながらだとマウスモードとして動く。
タブレットモードはタッチした場所の画面上の相当する場所にマウスカーソルがいくような感じだ。
電池の持ちは元々良いのだが、あいにくアルカリ電池が見当たらないのでエネループをいれてみるとなんと普通に使える。(もちろんアルカリ電池指定なので動作保証外)

検索文字列やURLを入れるような用途には十分なキーボードであるとはいえる。
ワンキーボタンで.comや切り取り、貼り付けなどがあるのも地味に便利だ。

というわけでYoutubeマシン一丁上がりである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/04/12

実家のマシンはXPからWindows8にアップグレードできるか

XPも使用期限切れと言うことで実家のPCも対処したほうがよいか、とWindows8へのアップグレード可能かを念のため確認してみた。(まあ年賀状マシンという状態で普段は殆ど使っていないしネットにも繋いでいないのだが)

Windows8のシステム要件をみると、XPマシンとはいえ比較的後期のPCのためそれなりのスペックがあり、概ね問題はなさそうなのだが、次のことが目を引いた。

PAE、NX、SSE2 をサポートする 1 GHz 以上のプロセッサ

NX?
私はPC自作もするのでそこそこ詳しいつもりだったがここ数年は疎く、NXはピンとこない。
PAEはもうずいぶんと前の話だし、SSE2も結構前の話だ。

調べてみると、Intel系ではXD(eXecute Disable)ビット、AMD系でNX(No eXecute)ビットと呼ばれる機能らしい。
Windows7では要求されておらず、Windows8のPreReleaseでも要求はなくて本番に近づいたあたりで必要とされた様子。
デスクトップではSocket478~LGA775あたりが境目でNorthWood~Prescottあたりで採用があったりなかったりという感じだ。
CPU側で実装された時期とOSで必要とされた時期に結構差があるなという印象だ。
なるほどそれでは気にとめることができなかったわけだ。
ちなみにネットブックや安価ノートで採用されたAtomも混在している。

確認方法はCrystalCPUID等のツールで確認するか、インテル/AMDのホームページで確認するしかなかろう。

XPからWindows8へについては、むしろ軽快に動くようになったという報告が多いほど“軽いOS”になったのだが、このことが最も障害になりそうだ。

ざっと調べてみるとCore2Duoはセーフっぽくて、CeleronあたりだとJがついているとセーフで、Jがないとアウトという様相で微妙だ。
肝心の実家PCはというと機種名から検索すると幸いCure2Duoマシンのようでインテルのホームページから型名で検索するとセーフのようだ。

ただしグラフィックを始めとする周辺機器ドライバについて、Windows8に対応しているとは考えにくく、Windows8のOSサイドからのサポートも結構問題が起きるようだ。
この辺はもう実際に確認ツールを入れてみて互換性確認をしてみるしかないだろう。、

XPからWin8にアップグレードと言ってもXP発売初期は128Mか256Mと言ったマシンが殆どでこれらはメモリ不足でアウトだろう(Win8では1G以上が要件)
それなりに後期からVistaが出たがこれがひどく重くて嫌われXPマシンが出続けた(特にノートPC)あたりに買ったものならアップグレードできるかできないか、という感じではなかろうか。
どうやら事例をみると機能が限定される(音が出ないとか画像がバグるとか)が懸念されるところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小保方氏報道に思う

もう2ヶ月もグダグダやっているらしくてそろそろ呆れてきたのが正直な感じだ。

私は「不正か」「単純なミスか」なんかどうでもいい。
そんなクダラナイことをグダグダ言い争っているなんてどこまでバカなんだろうか。
これが日本トップの研究機関などといわれて内閣から特区扱いを受けるようなところなのか。

理研もそうだし、小保方氏もその点で大差はない。

まず小保方氏がマスコミ他から一斉攻撃を受けて“悪者”になっているのが異様に見える。

小保方氏がユニットリーダーであるがゆえの責任はもちろんある。
しかし研究において彼女が“ユニットリーダー”であるということは他にも複数の研究者がいたはずだ。
小保方氏だけに“STAP細胞が存在するか”を問い詰めるのは不可思議だ。
無論、リーダーが主に答弁するのは当然だが、他の担当レベルも(段階を踏んでかもしれないが)同席して意見しても不思議ではない。
発覚当初はともかく、今になってもそれが皆無なのは違和感がある。

論文に関して言えば、少なくとも“共同研究者”として論文に名を連ねている人についても小保方氏と“同罪”である。
こういう論文の類には実情“名前貸し”がされていることが常態化しているのは知っていてあえて断罪する。
名前貸しが論文に有名な研究者の名前で“箔をつける”場合もあるし、逆に未だ無名の人に“箔をつけてあげる”意向もある。
私は正直そのことには否定的な考えである。
どちらにせよ、名を連ねた以上は一定の責任があるのは至極当然の理である。
その論文の中身を知らないなどは言ってはならないことだし、殆ど誰かが書いたとしても自分で書いた程度に精査すべき責任を負う。
何かあれば自分も連帯責任で責任を負う(これこそ本来の連帯責任である)。
そうでなければ共著に名前を連ねる資格は無い。
しかし、たまに共著者への追求があってもマスコミ側もいずれもいい加減だし、受けた人も他人事のような対応である。
この不公平さに私は憤りすら感じる。

次に理研の姿勢である。
既に理研が「体制の自浄機能」を示そうとしているのだろうか、実態は「小保方バッシング」になっている。
まさに一部で「“トカゲのしっぽ切り”に向かっている」と叩かれているのもやむを得まい。
本来は小保方さんを社会から守るべき、理研という会社の上司を含むほとんどが小保方さんの“敵”になっている。
論文に関しても「理研の小保方」の名前で出している(実物を見てはいないが常識的にそうだろう)以上は理研も連帯責任を負っている。
外に出す論文に関してなんらかの審査がなかったのか、質疑応答がなかったのか。

iPS細胞があれだけ騒がれたのだから、同じ方向性を持つSTAP細胞が日本中は当然のこと、世界中の注目を受けることは十分に予想ができたはずだ。
やっかみも含めてアラ探しが起るのも当然のことである。
まさか無審査で出したわけではあるまい。
どの程度の見識でこの論文を世間に問うに至ったのか、そういう説明が一切ないのは私はおかしいと感じる。(報道されないだけなのだろうか)

小保方氏の姿勢にも違和感を感じる。

「捏造」か「単純ミス」なのかなどは私はどうでもいいと思っている。
ミスがあったことは認めているのだから、論文の最終結論に問題があろうとなかろうと書き直すべきである。
「撤回はしない」lことに固執することに違和感を感じる。
撤回が捏造を認めることになると考えているとしたらそのほうがおかしいのではないか。

論文の撤回をするメリットデメリットはよくわからないのだが、基本的にはさっさと撤回して正しい論文を出せば良いだけでは無いのか。
もしくは撤回の宣言だけして実際の手続きは保留して置いて、新しい論文の提出と同時に撤回をすれば良いだけではないのか。
それができないほど融通の利かない世界(学会)になっているのだろうか。

次は理研が自分らの名誉もかけて総力を上げて文句のつけようのない完璧な論文を仕上げ、出すことが前進ではないのか。
そして次のステップに進むべきではないのか。
すくなくとも科学を信奉するものとしてそこが向かうべき道ではないのか。

理研もこれ以上の“捜査”をしてもなんのメリットがあるのか。
小保方氏を切るようなことをほのめかしているようにも思えるがそれにメリットがあるのか。
例えばリーダー降格としても研究者として残すことになにか問題があるのだろうか。
論文をきちんと書くことは研究者として大事なスキルであるというのは事実であるが、重要なスキルであるとは言えない。
なによりも素晴らしい、人とは違った成果を上げることが重要なスキルであるはずだ。

故意に改竄をした論文を出したことに問題があると言う論もあるかもしれないが、それは私は文系的発想だと思う。
“人間性”とか“信頼性”をその個々人に求めるのは文系的な考えではなかろうか。
特に理系は世間からみて社会不適合者、変人といわれるぐらいの偉人がいくらでもいる。
実は都市伝説とされるとんでもない奇行も、普段からの奇行から出たデマなのだろう。
近代でも、世界を変えたほど、例えば相対性理論・原子力・光電発電等の基礎発見をしたアルベルトアインシュタインも変人で知られている。
偉大な発明の前にはクダラナイことなのだ。
特に理系の研究成果というのは他の人に読まれ、追試され初めて評価を受ける。
改竄などをすれば簡単にバレる。悪意を持って改竄したデータを積み重ねて論文を発表したからといって何のメリットもないのだ。
こうして結果として叩かれるのは火を見るより明らかである。

アインシュタインの相対性理論も発表された当時はトンデモ理論だったのだが、それ以後に天体観測で「光も重力で曲がる」等が観測され正しさが証明されてきた。
原子力の基礎理論も「物体の質量はエネルギーと等価(変換可能)」というトンデモ理論だったのだが、今では原子力爆弾や原発などで現実の事象として存在している。

小保方氏の言い分をそのまま信じる立場を取ってみよう。
彼女が真に偉人となり得る天才であるとすれば、そのノウハウ、レシピは彼女自身では分からない部分があるともいえる。
天才というのは自分で知らないうちに他人と違ったことをやってしまうものだ。
「え?普通こうするものじゃないの?」という自覚が無いのだ。
それは“普通の研究者”が傍らで彼女が再現実験をやっている姿を見て、そのやり方を写し取らないとできない可能性がある。
それでも実際に自分で見た“普通の研究者”が再現できない可能性がある。
当然ながらそれを紙に記したレシピで再現できるはずがない。
一流シェフの調理の様子を動画で撮影し、コツを解説し、食材の分量を細かく量ったとしても、それをみて一介の主婦が同じものを作れるだろうか。それと同じ話だ。

ただし、それでは本来の科学の研究としては問題がある。
そこが次の段階であり、誰にでもある程度以上の施設や腕があれば確実に再現できる方法を提示することである。
これは一連の報道でも小保方氏自身も語り、指摘されていることである。
理研のやっている研究は、美術品や一流の工芸品を作ることではなく、科学的発見と科学敵手法の模索であるからだ。

私は特定の誰かしか認知できないものは「オカルト」であると捉えている。
誰にでも再現できるようになってはじめて「科学」である。
だから例えば幽霊は「オカルト」の域を出ていない。
幽霊の存在を信じる信じないではなくて、誰にでもその存在を認知できるか否かが科学的な見解での問題点である。
もちろん肉眼で“見える”必要はない。何かの機械でも検知できれば構わない。
例えば幽霊の認識は実態は“強力な磁場”であるという見解もある。
磁場(電界)の強いところで“幽霊を認識”しやすいという話もあるのだ。
磁場が人体に影響を与えること、幻覚を引き起こす可能性もあることは知られており、人によっては失神や幻覚として幽霊を見ることは十分にありえること、という理解だ。
もちろんそれだけではないのも事実であり、ひとつの事象にすぎないということになろう。

話がずれたが、ともかくも小保方氏以外の誰かが「STAP細胞は存在します」と言えるようにすることがなによりも重要ではないのか。
これ以上小保方氏が何を発言しても無意味である。
彼女に存在があることの物証を出すように求める論調もあるが、それは無意味であると私は思う。
それができるのはほかでもない小保方氏以外の理研の誰かである。
今回の調査委員会なるものでもSTAP細胞の存在真偽については言及しないという。
極めて不可解な行動だ。
今回はやらないというのならいつやるのか。
犯罪検証や断罪など本来はどうでもよいはずだ。

本当に問題なのは理研がそこに向かおうとしないのはなぜなのか、そうしようとしない力というのはどこから来ているのか、ではないのか。
そしてなぜマスコミもそこにもっと突っ込んでいかないのか。

「不正だ」「ミスだ」などというくだらない論争、マスコミの、小保方氏を叩くにしろ、擁護するにしろ、ワイドショー的展開はもうウンザリだ。

「みんな小保方に偏りすぎなんだよ。それでSTAP細胞があったのになかったことになってみろ、その方が致命的なんだよ」というのが私の感覚である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/05

Windows8で中国語(簡)表示してみた、

できるかと聞かれたので試してみた。
確かWindows2000あたり(WindowsNTも?)からUnicodeを内部的に使うようになっていてWindowsXPあたりからMUIといってユーザーインタフェースを多言語対応していたと思う。
ただし直近のWindows7でも上位版のしかできないとかあったのだが、MSのサイトで見てみるとWindows8では別に上位版のProである必要はなさそうだ。

ともかくやってみると、普通にできた。
コントロールパネルで「時計、言語、および地域」の下の「言語の追加」。
「言語の追加」を選び、中国語(簡体字)を追加する。
「シンガポール」と「中国」があるので中国で。

ダウンロードサイズとしては10Mbyte弱。
それよりもインストールに思ったよりは時間がかかる。
そして中国語を「最も使用する言語」にする(選択して上に持っていく、もしくはオプションから設定する)。

6
サインインはし直さないとダメなので、サインアウトするなり再起動するなりする。

中国語になったコントロールパネルはこんな感じ。
0
Windows付属アプリも自動的に中国語化される。
ペイントブラシはこんな感じ
2
IEも中国語化される。オプションを表示させるとこんな感じ
3
あと、電源オフ関連はこんな感じ
4

完璧に中国語化されるかと言えば完璧ではない。
ログイン時にパスワードを入力する箱に「パスワード」と表示されるのだが、それは「パスワード」という日本語のままだ。
また「ようこそ」も日本語のまま。
(起動後の画面で日時がでるのは中国語になっている。)

再起動の時も一瞬中国語で出るのだが、なぜか「再起動中です」と日本語になってしまう。
まあ、ほとんど差し支えはないだろう。

後からインストールしたアプリはもちろん「日本語版」なので日本語表示となる。
マイクロソフト製のビデオメーカー等も日本語メニューのままだし、MS-Officeも同様。
中国語モードでも日本語のファイル名等は問題なく日本語表示されているし当然普通に扱える。

文字入力方式も自動的に入り、方式はPinyinだ。
日本語と違って読みを入れるとすっと候補が並ぶ感じである。
昔の単漢字変換方式を思い出せばそれが近い。
まあPinyin方式自体が単漢字変換と言えばそうなのだが。
あと、追加でWubi(へんやつくりの組み合わせていれていく奴)も導入できるようだ。

なお、サードパーティ製でもIntelのグラフィック用のコントロールパネルは勝手に中国語表示になった。
サードパーティでもアプリ側で検知して切り替えることは可能なようだ。

5

昔は高い金を払わないとできなかったことが、Windows8では当り前のようにできるようにしているのは「グローバル化」が進んだ世間の情勢もあるのだろうか。

なお、私が試したのはPro版だが、通常版も同様にできるはずである。
Windows8のエディションによる違い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/02

REALFORCE(キーボード)を購入

キーボードがチャタリングしてどうしようもないことを以前にも書いたが、グダグダ言っていても仕方ないので買い換えることにした。 どうせなら良いものにしようと考えていたので以前より気になっていた東プレのREALFORCEにしようと考え探した。

私は10キーを殆ど使わないので、10キー無しのほうが好みであり、いくつか候補を挙げて検討した結果、白タイプのものを購入した。(白と黒は「カラー違い」だけではない)

見事なまでにすっきりとチャタリングはなくなった。

「ガチャガチャ」言うぐらいの方が好きなので、これは静かなのがちょっと物足りないが、それでもキーの音はするし悪くない。
自分で強く打鍵すればその分音は大きくなる。

キーによって重さが違う、というのは私にはちょっと裏目に出てしまった。
小指担当のキーは比較的軽くなっているというのが細やかな気配りということで長所なはずなのだが、私は昔から指を“鍛えて”いるせいか、軽いことにむしろ違和感を感じてしまう。
また、打つ手を休める時はホームポジション上で軽くキーの上に指を置くわけだが、意に反して小指が重力に負けて下がってしまい、aキーを押してしまう。
だんだんそれにも慣れてきたのでまあ問題はあるまい。

これも人により長所短所が別れるかもというのが、キーボード自体に結構重みがあるということだろう。
重みがあるからか、加工精度も良いのか、滑り止めの具合が良いのか、僅かながたつきもないのでこれも私にとっては非常に気持ちが良い。
ただ使い終わるといちいちキーボードをしまうような人にはしばらく違和感を感じるかもしれない。

Windowsキーも右クリックキーも最小限でALTとCtrlのバランスも良い。
この辺は本来コストなんか関係ないはずなのだがどうも気にくわないものが世間には多いのだ。

総じて言えば「流石一万円越はランクが違う」というところだ。
一万越というと有名なのはHHKだが、これは配列等含めて少々癖があるので万人受けするとは正直思わない。
しかしこれは値段を言わなければ普通のキーボードなので問題は全くない。

アマゾンでの評価も高いが、私も同意できる。
文字を沢山打つ人には「違いが分かる」だろうし、元が取れるものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »