« 憲法改正に関して | トップページ | 民放各局、パナソニックのテレビCM拒否 »

2013/07/06

東電が黒字化予定だった?

リンク: 東電、新潟県知事と決裂 柏崎刈羽再稼働めぐり : J-CASTニュース.

東電の広瀬社長は「3期連続の赤字は避けたい」と訴えた。東電は、原発なしでは総合特別事業計画に基づいて国や金融機関に約束した今年度の黒字化が難しくなり、銀行から融資を打ち切られる恐れがある。

再稼働とか決裂とかそんなくだらない話はどうでもよくて、それよりも黒字化を見込んでいた、という話の方が驚きである。

いまだに十万人以上が原発のせいで避難生活を続けており、賠償問題も未解決だらけ、事故は収束に向かうどころか問題山積、はじめから廃炉の見通しも立っていないし最近では汚染水問題が重くのしかかっている。
汚染水問題は解決に全く見通しが立たないどころか数年後にタンクの耐用年数を超えはじめると負担は倍加するのだ。
耐用年数は5年と言うがあれだけ数があれば3年も経てばあちこちで問題が起きてくるのは当然と考えなくてはおかしい。(ここでも東電の脳天気さが支配しているようだが)

原状復帰、つまり除染すら着手したとすら言い難い進捗率。
いわば何も片付いていないとすら言うしか無いのが現状である。

もちろん現場は収束に向けて必死に頑張っていることを否定するわけでは無い。
しかし必死に頑張っても収束の光すら見えてこないのが原発事故の深刻さであるのが現実である。

そんな状況下で黒字などになるわけが無い。
様々な形で重大な負債を抱えてしまっており、しかもその天井が見えてもいないのに、たかが原発数台を再稼働しても黒字化する訳が無いのである。
実際に再稼働するしないの差は“たかが”6千億円程度の話であるという。

これを呼び水にしたいという思惑も考えづらい。
新潟県以外は東電の持っている原発は福島県下にしか無い。
これらの再稼働など地元が許す可能性などゼロであろう。

他の電力事業者が「対岸の火事」だと思って再稼働を申請するのはまだしも東電が原発再稼働を前提に計画を立てる自体が寝ぼけているとしか思えない。

さらにいえば銀行や国に約束した、とあるが、そんな前提の計画に納得した銀行や国もどうかしている。
こういった脳天気さ、計算の甘さ、それらこそが問題であると言うことが未だに判っていないのだろうか。

|

« 憲法改正に関して | トップページ | 民放各局、パナソニックのテレビCM拒否 »

「原発問題」カテゴリの記事

コメント

自公政権かなぁ?3党 4党~ 自民党~
ネット選挙 大丈夫なのかなぁ?
原発で 検索中です
世界から軍事兵器を 失くしたいですね。
脱原発という核を なくさないと危険ですね。
ソーラーパワーが いいのかなぁ?
原発事故の責任おいて 電力会社は大変ですね
保険かなぁ?原発の設置日 というのか ウェーブで 調べたけれど よくわからないです。その当時の 総理大臣は 誰かナァ?
建設 解体 費用~(建設職人 誰がやる~
参議院選では 三つの岐路で 消費税は もう増税と決まりなのかなぁ?
もうすぐ 参院選ですね。選挙率は どうなるかなぁ
票割れ選挙かなぁ 参議院政権?を 握るのはどこかなぁ
政治研究会(名前検討中

投稿: 村石太ダー&アタリマエダー&ケンサク仮面 | 2013/07/07 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/57736151

この記事へのトラックバック一覧です: 東電が黒字化予定だった?:

« 憲法改正に関して | トップページ | 民放各局、パナソニックのテレビCM拒否 »