« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

夏の電力は足りなくなるのか

リンク: Business Media 誠:夏の電力は足りる!? 東電が不足を煽るワケ (1/2)
私自身も不審に思っていた。
いちど同様なことでざっくりと計算はしたのだが意外とまとめるのが面倒で。
こうやって記事にしてくれるとありがたい。

東電はおよそ一時間毎の消費電力を提供しているのだが私は自動でログを取っている。
あるシステムの流用なので若干の時間のずれ誤差はあるのだが概略を見るには問題は無いだろう。
供給力も併せてグラフ化するようしてから3週間程経過したのが下のグラフだ。

Tepcomonth_2

下の緑色で塗ってあるところが消費量で上の青いラインが供給力だ。

(ギザギザとなっているところは、まだ“前日の供給量”としていたものなので無視して欲しい)
Weekは月曜日から始まって日曜日に終わる。
土日に大きく落ち込んでいることから家庭の消費量はたいしたことは無いことがわかる。
つまり夏の盆休みはさほど問題は無いだろうことが予想される。

不思議に思うのは供給力が思ったより変動していることだ。
土日は火力発電所などを休みにしているのだろうか。
これを見ると東電はかなり状況を読んで供給力を下げているのが見て取れる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/04/27

DSキーボード

ポケモンタイピングDSにはBluetoothキーボードがついていて別に専用では無いらしいので購入してみた。
某所にやり方が書いてあったがいつなくなるかわからないのでここにも書いておく。

・キーボードの電源ON
電源スイッチは最近は珍しくなったスライドスイッチ。
切っておくと完全オフになっているのかなと思えるような感じ。(測定はしていないのでわからんが)
Fnを押しながら電源をいれるのが重要。
DSでゲームをするときはそんなことはいらないのだが、汎用モードと専用モードみたいなのがあるのだろうか。

・iPod touchで試す
記事ではiPadだったが姉妹品のiPod touchでも使えるのでは、と考えてやってみる。
同様にまずはBluetoothをONにする。
検出モードに入るのでキーボードをFnをしながら電源を入れる。
すると無事認識をした。このコードをいれろと4桁の数字が出てくる。いわゆるPINコード。
数字をキーボードでその4桁を押してENTERを押すと無事認証。
キーボード入力できるようになる。
このままでは英語入力。
HOME(家のアイコン)を押しながらスペースキーを押すとモード切替がでてくるので、そのままHOMEを押しながらスペースキーを押していくと切り替えができる。

DSキーボード自体は日本語キーボードなのだが、英語キーボードと見なされてしまうので記号の配置が異なっている。
私のように覚えている人は良いのだが、人によっては厳しいかも。

次からはFnを押しながら電源ボタンを入れて、iPodはBluetoothメニューに入って、既に登録されているデバイスの欄をタップすれば接続される。

・WindowsXPのHPminiで試す。
同様に認識できた。PINコードは5桁だったが特に問題なくデバイス登録された。
こちらは普通に日本語キーボード配列そのままに入力できる。
普通に全角半角キーはあるし、私のようにSHIFT+SPACEで切り替えていても問題は無い。
HOMEキーは予想通りWindowsキーとして動作する。

・S21HTで試す
同様に登録しようとするとS21HTがパスワードを聞いてくる。
キーボードにコードは無いので認証ができない。
キャンセルして続けると入力デバイスとして認識はしているのだが。
やっぱりWindowsMobileは色々と問題がある。
どっちかといえばこのS21HTで使えるのを期待したのだが残念。

・キーボード自体の出来について。
電池は単三が2本と普通でよろしい。
厚みがあるがキーボードの傾斜をつけるため厚み部分に電池をいれるデザイン。
キーピッチは十分にある。
キーにはごく微妙に凹んでいる感じがある。
ホームポジションのFとJの印字の下に微妙な突起をつけている。
こういうところで手を抜いていない。
Shiftはきっちり両方にある。
配置もこういう色物キーボードでは微妙にずれているものもあるが、これはごく標準的に並んでいる。
ストロークもきちんとあり、また、押し下げたときのぐらつき感も無く、感覚はかなり良好。

5800円でタイピングゲーム付きというとらえ方ができるのだが、かなり良い。
キーボード付きタイピングゲームでは、SEGAのDCであったのだが、あのキーボードよりはよくできている、と言える。
あれは一見しっかりしたキーボードなのだが、私にとっては意外と押しづらく、タイプミスも起きてイライラしたものだ。

そもそもサポート外だし、iPod/iPadでは記号の配列が異なってしまうという難点もある。
ESCはFn+半角ボタンなのは良いのか悪いのか微妙なところだ。

同じ型(カタ)で普通にPC用キーボードとして出せば良いのになと思うレベルだ。

重さは持った感じは、軽いという印象。

上記のような問題が気にならない私のような人間もいると思うので、そういう人は一度興味を持って実物をみてみると良いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/23

「涼宮ハルヒ」なんて誰も知らない

リンク: 平野綾の声優人生が全否定された? アッコ「涼宮ハルヒ」なんて誰も知らない : J-CASTニュース.
うまい下手とかそういうのはとりあえず評価はしない。
単純にキャリア年数と出演作品数、その作品の知名度。
それらの総合的なところで声優としての知名度は決まる。
アニメの認知度が低いのでは無く、単純にハルヒという作品の知名度が低いのだ。

昔ならドラえもん=大山のぶ代さんだった。
顔出しをして“誰このおばさん”状態でもあの声を出せばドラえもんだと誰でも知っていた。
今なら高山みなみさんあたりが「代表作は名探偵コナンです」とかいえば「おお」と思うだろう。
まあ、高山さんは大ベテランなので比較にならないか。
それなら作品数は少ないがTARAKOさんが「代表作はちびまる子ちゃんです」といえば「おお」と思うだろう。

一般作品ではなくオタク向けでもセーラームーンぐらいヒットを飛ばせば知名度が上がるだろう。
それでも主人公月野うさぎの三石琴野さんも知らない人の方が多いだろうし、むしろナレーションで聞いたことがあるという人のほうが多いかもしれない。

昔、一世を風靡した林原めぐみさんも知名度は低い。
一時期は毎日なんかの作品で声を聞けたほどのひっぱりだこだったが今だとアニメファンでも知らない人も多いだろう。
それでもいまなら“アニメ・ポケモン”の敵役の“ムサシ”といえば知っている人が多いかもしれない。

蒼々たる“大先輩たち”でもそんなもんである。

涼宮ハルヒなどは700万部と言うが世間的には小さ過ぎる。
例えばワンピースなどはコミックシリーズ2億冊を超えたと言うが、それでも知らない人は多い。
天下の“週間少年ジャンプ”で長きに連載をしている作品でもそんなもんである。
鋼の錬金術師も億を超えている。作品自体としても漫画アニメ好き以外からも評価が高い。
それでも世間一般からすれば知らない人がほとんどだ。
ハルヒなぞライトノベルかマイナー漫画雑誌連載程度で漫画界でも下のランクだろう。

声優として有名になりたいのであれば世間で有名な漫画原作のアニメに出るしかないだろう。
せいぜい1クール(1/4年や半年程度)で終わるようなアニメの主役程度で何を偉そうにしているのか。
仮に数年にわたるアニメの作品をやっていても声優として有名にはなれるものじゃない。

最近で言えば7年も続き、この前にとうとう終わった“ケロロ軍曹”。
この作品の声優陣は主人公のケロロを始めアニメファンなら知らない名前は無いといえるほどの豪華さだ。
それだけの実績ある声優ばかりで何年もやっていても、声優の名前は一般には誰も知らないだろう。

一時期は同時期に二桁の作品に出ていて何作かは主人公格、熱狂的ファンも多い釘宮理恵さんでも世間の知名度は低い。
それでも世間の知名度でいえば、“鋼の錬金術師”のアルフォンス・エルリックが釘宮色の低いのにも関わらず一番有名という感じでは無いだろうか。

そんなのが普通なのに「私の何を知っている」と吠えても失笑を買うだけだろう。

“平野綾”がバッシングされる、誹謗中傷が多いというのは、声優としてはかなり悪い意味で異色であるからだと思う。

声優の中で自分が無名だからと言って騒ぐ人は皆無だろう。
逆に自分の名前が出るのを嫌ったり、顔出ししたくないという人さえも珍しくは無い。
極端な例ではその声優さんにスポットを当てたいのに「顔出ししたくない」という理由でわざわざインタビューをスモークガラスの敷居の中でやったようなことさえある。

歌手と兼業する人もいるが、「本気で歌手をやっている人に失礼だから」「キャラクターとしてなら歌うけど自分のCDとかは出したくない」という人もいる。
アニメの中では歌手をやってて入れ替えなしで歌ってるわけで、普通にうまいんだけどなあ、と私は思うのだが。

声優というのは裏方業であり、仕事に対してストイックな人も多い。
そういう中で、世間一般に対して声優として出ているのならば、一般に対して悪い印象を与えるような言動は慎んで欲しい、という気持ちもアニメ・声優ファンの中には多いのでは無いかと思うのである。

最後に。
これは単純に主観的評価。
ハルヒは読んでいて別に面白くも無い。
漫画は単行本で読んでいたが退屈になって途中で切った程度の作品。
ラノベのほうがまだ若干ましな気もするが読むのが面倒くさくて何冊か読んだだけ。
私は割と最終回までつきあう方で切る方が少ないのだが。
そういう意味では上中下でいえば、下の作品である。
アニメも見たが途中で飽きて惰性で見ていただけ。最終回すら覚えていない。
作品の質自体がなんか低いから声優陣どうこうの評価すら面倒というレベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

便乗自粛はやめよう

それにしても自粛の中には“便乗自粛”があるように感じてならない。
もとより不景気だからこの機に乗じて自粛ということにして経費削減やらしようという空気が感じられる。
東京都の花見自粛もそうだ。
仮設トイレが出払っていてないから、という理由はわかる。
しかし全面自粛通達にはならんだろう。
ただでさえ自粛ムードがあるのだから人が激減するのは目に見えている。
別に仮設を立てなくても良いだろう。

しかも電力事情から自粛というのは全く納得がいかない。
最低でもライトアップを遅らせる・減らすという配慮をすれば良いだけの話。
それこそ消費量推移を確認してその場で決めれば良いだろう。
桜が咲く頃にはエアコンも使わなくなるから電力が減るのは自明。
まあ、都内の花見事情など私にはどうでも良いことなのだが、東京が自粛ムードになると
それにあちこちがひきずられるのが問題なのだ。

不必要な自粛はもう避けるべきだろう。
震災後から既に三週間。
ショックからは抜けて復興に向けて動き出している。

支援や義援金も必要だろう。
当たり前だが、支援や義援金は一時しのぎだ。
根本で必要なのは今回震災に遭われた方々が普通の生活に戻れるようにすることだ。
不必要な自粛はその障害になる。

普通にものを買って欲しい。

野菜もそうだし、魚介類もそうだし、工業製品もそうだ。
再開しようとしたときに問題となるのは、それが売れるか売れないか、だ。
今やるかもう少し様子を見るか、廃業してしまうか、それを決めるのはごく自然なことだ。

それを決めるのはものを買っている我々消費者だ。
震災が軽度だったりあわずに済んだところが普通に消費しているか。
東北の関係するモノはむしろ品不足気味にしておいて、早く復旧してくださいよ、と尻をたたけるぐらいの状況ができていると良いと思う。

既になんとか畑は助かっているところでは再度出荷を始めているが、問題なのは風評被害で売れていかないことはよくニュースでも取り上げられる。
原発は福島県なのだがそこからかなり離れたところでも東北という場所でひとくくりにされてしまっているらしい。
東北は広い。
福島からみたらむしろ東京より遠いぐらいのところでも被害にあっている話もある。
もっといえば福島県内でも問題ない地域ももちろんある。
西日本の方々は東北の県なんかよくわからんという人がいても仕方ない部分もあるのだが、日本地図を見てもっと冷静に対処して欲しい。

過剰なほどの基準で出荷制限をしているのだから、出荷できているものは全く問題が無い。
なのになぜか東北と言うだけで売れない。
ここが問題だ。
隣の○○さんがまた畑仕事始めたよと聞けば、うちもやらねばなあ、と思う。
それが広がって元に戻っていく。
始めたけど売れねえで戻ってきちまうんだと、と聞けば気持ちもしぼんでしまう。

どっちになるのかは買う人がいるか、いないか。単純なことだ。
原発の風評被害だけではなく、震災地区のものというだけで敬遠はしていないか。
むしろ積極的に買うことが、なによりの復興支援だと思うことが重要ではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費で日本を支えよう

リンク: 社説:震災後の景気 消費で日本を支えよう - 毎日jp(毎日新聞)
節電のためにする消費というのもある。

家庭内で最も大きい家電製品は、エアコン、冷蔵庫、テレビ、付け加えるなら洗濯機。
つまりちまちまと節電するよりもこれら4つを省電力タイプに変えるだけでぐんと節電になる。
テレビさえも5,6年前などに地デジ化で買い換えた人たちでさえも実は今の方が何割も消費電力が下がっている。
エアコンや冷蔵庫もそうだ。
定格消費電力ではなく、年間消費電力をチェックしてみると良い。

ここでワンポイント。
定格消費電力というのは、最大限に電気を食う状態にして計った電力のこと。
自動車で言えば上り坂でアクセルベタ踏み、エアコンは最大限にかけてという最悪条件でガソリンをどれだけ食うかを計ったようなモノ。
年間消費電力というのは普通に運転していて年間どの程度食うかというもの。
まあ、エアコンなら設定温度によるしアクセルの踏み方も色々あるが、ある一定想定基準を作ってどれだけ食うかをしめすもの。
テレビなら確か一日に推奨の明るさで放送を4.5時間見て後はリモコンで消して一年でどのくらいか、だったと思う。

話を戻すと、特に10年とか経っていて調子が悪いものは良くない。
“空回りして”電気ばっかり食ってエアコンなら暖まらなかったり、冷蔵庫なら冷えなかったりしているかもしれない。
冷蔵庫なら扉のパッキンが堅くなって隙間ができるとそこから冷気が逃げて冷やすために無駄な電気を食う。

こういうものは壊れるまで使う人が多いのだが、今だからこそ購入を検討すると良いだろう。
消費電力の低減で浮くだろう金額を考えると前倒し購入したほうがオトクというケースも珍しくはない。

今、節電に励むのはあまり意味が無い(ちなみに今日の朝6時では発電上限の60%にまで落ちている)ということは前の記事で述べた。

しかし、夏には確実に破綻が待っている。
真夏日の昼下がりに計画停電が起きてしまうのを想像して欲しい。
昨今の家屋ではエアコン冷房が前提のものも珍しくはなく、停電は大げさではなく死活問題になりかねない。(家屋の風通しが悪いからだ)
それなら体内から冷やそうとしても庫内が暖まってしまうから冷蔵庫も開けるのもままならないのだ。

それを少しでも緩和するには、エアコンと冷蔵庫の低消費電力化がキーとなる。
その上でみんなで設定温度をあげて凌ぐしかない。

夏場は冷蔵庫の効率も冬場以上に重要になる。
冷蔵庫は節電だからと言って庫内の温度を上げるわけにはいかない。
庫内と部屋の温度(外気)との温度差が大きくなるとと冷蔵庫内の冷気が逃げやすくなる。
さらに暑いと冷たいモノほしさに冷蔵庫を頻繁に開け閉めする。
なんでもかんでも冷やしたがって冷蔵庫にいれる。
夏場は冬場以上に冷蔵庫は電気を食うのだ。

夏場に向かう今こそ、景気が落ち込んでいるといわれる今だからこそ、検討して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »