« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/30

出版物のインキ業界、「非常事態」宣言

リンク: 出版物のインキ業界、材料・生産力・流通力不足で「非常事態」を宣言(Garbagenews.com) - livedoor ニュース.

先の記事でコメントをいただいて検索してみると上記の記事に当たった。
なぜか大手新聞社の記事で出てこないのが実に不思議。
新聞社などは毎日出版物を大量に刷る筆頭で最も関係する事柄なのに。
それ故に一瞬ガセかと思ったが、「印刷インキ工業連合会」の発表にもあるので間違いないだろう。
連合会の発表も「お知らせ」でPDFファイルへのリンクのみであまり危機的状況が伝わってこない。

私個人は定期刊行物は基本的に取っていないのであまり実感がこないのが正直なところなのだが長期的に不足が続くとなると他人事でも無い。

しかしいまひとつ合点がいかないところもある。

計画停電は東北電力では大分前から行っていない。
問題の工場や物資は東北にあるのだろうか、関東圏にあるのだろうか。
この辺が明確に書かれておらず何ともよく分からない。

ちなみに東京電力内でも少なくとも先の土日からは計画停電は全く行われていない。
まあ、この辺は発表記事が25日のものだから仕方ないところはあるが。
おそらくは寒さも緩んだことで暖房による消費が減少した効果だろう。
もちろん夏になり暑くなってくると予断を許さないが数ヶ月は大丈夫ではなかろうか。

流通の問題はその通りのようだ。
北関東辺りではだいぶ落ち着いてきているが東北に入るとまだまだ不足して混乱しているようす。
つまりトラックが東北まで行っても帰ってくるガソリンにも不自由してしまう。
政府のプッシュが明らかに足りない。
いったん全員が満タンになるまでは全力を持ってプッシュすべきだろう。
高速道路の解放も進んでいないようだ。
東北道でいうと宇都宮まではいけるらしいが、その先は下道になってしまっている様子。
宇都宮からまだまだ福島すらも遠い。

流通の問題、ガソリンの不足問題は深刻だ。
救援物資がいったん拠点までは届いてもそこからの末端への配布が滞っているという。
そのためのクルマが、ガソリンが不足しているために思うように動けないという。

このようなインク問題をみると、同様の問題が今後、他にも様々なところで露見してくるのではないかと思えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/26

効果的な電力自粛をしよう

リンク: 電力の使用状況グラフ(当社サービスエリア内)|東京電力.
まず前回、東京電力を批判したが、データを出している部分もあるので紹介しておく。
上記で使用状況をグラフにしているので多いに参考にしていただきたい。

こういうデータを出してもらえれば、どういう行動を取れば良いのか、効果的なのかがわかって非常に有意義だ。

ここで重要なのは「ピークを避ければ良い」ということだ。
ごく基本的な事項として「電気は貯蓄できない」という事柄がある。(*1)
つまりいくら他の時間に節約したからと言っても限界値が上がるわけではない、要するにあまり意味が無いということだ。

単純に、ある瞬間に供給能力を超えてしまうと電圧が落ちて強制停電に至る。
それを避けることを考えるのだ。

そこでもう一度グラフを見ていただきたい。
山があるところは朝の9時~10時頃と夕方の6時~7時頃だ。
自粛(注意)すべきはこの時間帯とその周辺なのだ。

そう考えると例えばコンビニの深夜営業自粛などというのがナンセンスであることが分かろう。
むしろ深夜営業は奨励すべきで有り、朝方9時頃と夕方6時頃の営業を自粛すべきなのだ。(もちろん電気事情からの論で心情・感情的なことは別問題)
感情的になってデータを見ずに論ずるとナンセンスな自粛が行われる良い例だ。
ただし、現実にその時間帯だけ営業しないのは難しいから、その時間帯だけ、例えば保冷棚・冷蔵庫・冷凍庫はカバーなどをかけたり扉を開かなくしてやり過ごす(切らなくても消費電力は確実に減る)とか、照明、コピー機、端末、ATM等の電気を切るとかの対応をする、のが正しい自粛の仕方だ。

例えば家庭なら洗濯や掃除などは主婦の方なら午前中は自粛して昼食後あたりからやれば良いだろう。
日中不在の方なら朝7時迄とか夜9時を過ぎたあたりとかなら大分余裕がある。
住宅事情もあろうからその辺りはなるべくということで捉えていれば良いだろう。

例えば休日なら電気暖房での節電でも夕方4時まではやや温度を高めにして部屋を暖めておき、5時過ぎから8時頃までは切るか温度設定を落としてやり過ごすのも考えだ。

電気炊飯器でも早めに炊いておき、ピークの頃には保温に移行しておくのもひとつの考えだ。
電気で煮物をする人なども早めに煮ておき、食べる頃は暖めるだけにしておくのも手だろう。

無理をしないで節電するのが肝要。
みみっちく照明を切ったりパソコンの使用を控えたりするよりこういうほうがずっと効果的だ。

ともかくも山谷の山をどうやって谷にもっていくか、を考えることだ。

それにしても休日になれば計画的停電をしなくて済んでいるのは、一般家庭では十分に節電できているという証かもしれない。
これもグラフをみればわかるが、通常に使っていれば(前年の相当日)ピークを越えているのに、十分に下回っている。
これは凄いことだと思う。
ピークとの差(グラフの横線)との差を見るともう少しは自粛を緩めても良いぐらいだ。

本当に日本人の家庭というのはつつましやかに自制できる素晴らしい方々ばかりだというのをデータが示していると思う。

(*1)いや、電池があるのでは無いかという勘違いもあるが、電池で貯蔵できるのはごく少量の電気に過ぎなく、この議論のレベルは貯蓄ができないということになる。
ただしリンク先の記事にもある「揚水」という貯蓄方式もある。
これは水力発電ではダムの水を使うわけだが計画的に使わないとダムの水が枯渇するので制御しながら発電をしている。そこで揚水といって、いったん発電するために落とした水をまた吸い上げてダムに戻す、という事ができる。
これも広い意味では貯蓄ともいえるがごく限定的な話であることには変わりは無い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/03/21

AC大量CMに苦情殺到

リンク: AC大量CMに苦情殺到…脅迫電話も/芸能・社会/デイリースポーツonline.

同法人が国の管理下にないにもかかわらず「そんなCMを流すのに税金を使うなら、少しでも被災地に回せ」という勘違いの抗議

というが、「社団法人のACジャパン(旧公共広告機構)」という公共の名前が入っていることも有るからだろう。
そもそも「公共広告により啓発活動を行っている」というが公共広告ともの自体が訳がわからなく、政府広報と紛らわしい。

その制作費は約1200社の加盟社から得られる年会費で賄っており、今回大量にCMを放送しても、テレビ局との間で金銭的なやりとりは一切発生していない。

というが、なにかうさんくさい。

またそうすると現在の民放はほとんど無償奉仕で番組を作っているのか。
それならいっそACのCMなど無くしてNHKのようにずっと放送をしていれば良いのに。
まあ、番組の区切りではいれるのはある程度仕方ないかもしれないが、これもNHKのように番宣を入れていけば良い。

それよりむしろACのが入るのがむしろ頻繁すぎる気がするのは気のせいだろうか。
それはなぜなんだろうか。

さらに問題なのは

同じCMが繰り返し流され、現在の状況にそぐわないCMも多い。

からであって、がん検診や脳卒中への啓蒙など、たまに流されるから啓蒙なのであって何度も病気の話をされるといくらなんでも気が滅入ってくる。
現状にそぐわないのもそうだし、不快で品が無いものが殆どだ。

正しい実態を説明しているがそんなことは意味が無い。
だから「分かってくれる人はごくわずか」というか、分かっても意味が無いから分からないだけだ。
繰り返すが「意味不明」で「不快」なCMを「しつこく」流していること自体が問題なのだから、それへの対応はこのACのCMを即刻やめるしかない。
やめられないならそのやめらない理由を明確に説明するしかない。

一般のCMでも一時間以内で2回もやると「またかよ」と思う。
ACのは最悪で同じカット内に2回はいることさえるからしつこいと思われるのだ。

しつこさから「ムカッと」して電話をかけてきているのだからはなから冷静さを失っている。
そこで論理的に“ご説明”しても火に油を注ぐだけのことだ。
そういう根本的なところで分かっていない連中が作ったCMだから問題を起こしているのだろう。

税金は投入されていないが、税金のがれの温床になっていないか、そういう意味でも精査が必要な社団法人では無いのか。

ちなみに私は今回の件では、全ての放送で必ずいったんHDD録画して追いかけで見ている。
ACのCMに入った途端にスキップをして飛ばす。
追いついてしまったら停止をしてしばらく他のことをして溜めてからまた見る。
私は普通の放送視聴ではここまですることはないのだが、今回に限り精神的に耐えかねているためこのような処置を取らざるを得ないといえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/16

大人の千羽鶴始めました|多田あさみオフィシャルブログ「あさみっくす。」Powered by Ameba

リンク: 大人の千羽鶴始めました|多田あさみオフィシャルブログ「あさみっくす。」Powered by Ameba.
大人の千羽鶴。
ネットで話題になっているそうで便乗。
洒落が効いています。
何でこの発想が無かったのかと。

あと、ファミポートに募金ってあるのは知りませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/03/14

東京電力輪番停電

別に輪番停電云々についてはとりあえず問わない。

最初にこの件に関して私から告知しておくと、自宅サーバーである、cc-sakura.dip.jpはこの輪番停電の影響により、基本的に平日は停止となります(少なくとも14日は)。
そして復元は夜の停電がなければ18時半ごろ、あれば20時半ごろとなります。

東京電力のホームページに殺到してパンク状態だという。
というかこれを書いている時点でパンク状態でエラーが帰ってきている。

当たり前だ。

問題は告知方法だ。
まずマスコミからは実質的に報道ができていない。
地域により非常に細かく、都県や市町村では言えない場所があるという。
確かにその理由もわかる。
しかし全部がそうなのか。
言えない場所は仕方ないだろう。
しかし、言えるところだけでもマスコミで発表させるべきだろう。
そんなに細切れでやっているわけではなかろうに、境界にない市町村も多かろう。

該当都県の人間がおそらく殺到しているのだろう。
マスコミで言えるところだけでも言えば軽減はされるだろうに何を考えているのか。

しかもWeb版新聞でもどこをみればよいのかきちんと書かれていない。
とりあえず東京電力のホームページにいってもどこにあるのか迷って無駄なアクセスを生じさせてしまい事態を悪化させているのだろう。
それならば新聞社に分類記事の書いてある資料の直接リンクを貼ってもらう、もしくは資料を各新聞社のホームページにおいてもらってリンクを書いてもらう。
それで良いだろうに。
もしくはGoogleさんやYahooさんなど検索サイトにも協力してもらうのも手だ。

そしておそらく多くの大企業のホームページのごとく、「重いページ」を作っているのだろう。

あんな報道の仕方をすれば殺到するに決まっている。
それならばトップページには「従来のホームページ」と「輪番の資料一覧」へのリンクだけを書いたごく軽いページを作成しておく。
輪番の資料一覧に飛べば良い。これも簡素に作っておけば良い。
従来ページは一切変える必要は無い。
なんなら10秒放置していれば従来ページに飛ぶようにしておけば問題は無い。

ちなみに私は某所のまとめサイトから東京電力のホームページの資料に飛んで確認したが(PDFファイルだった)、その資料自体は瞬時にダウンロードされた。
なんのことはない、トップページが重くてハマっているだけなのだ。
つまりみんな資料にたどり着く前に右往左往して重くて落ちる、そしてリロードと悪化のスパイラルに陥っている姿が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/06

EV 急速充電器普及を阻む意外な側面 - スラッシュドット・ジャパン

リンク: EV 急速充電器普及を阻む意外な側面 - スラッシュドット・ジャパン.

コメント欄にもあるけれども、なんか批判の向きがおかしいわな。

電力会社は急速充電起用の 50 kVA タイプは、わずかに容量をオーバーするという理由で別の大きな電力契約を迫る。
っていうけど電力会社を批判するのはお門違いだ。
50kVAと言いながらも、実際は49.8kVAとかマージンを取って作り、ピークで50kVA未満に収まるように作るのが常識。

例えば家電の“消費電力”って奴はどんな使い方をしてもそれ以上は超えない数字が記載されている。
なので普通に使う場合にはそれよりももっと少ないことが普通。
テレビなんかは特にそうで最近は色々と付加機能がついているので消費電力は上がっているが、ただテレビ放送をみるだけなら何割も少なかったりする。
最近は電力計をつけて展示販売している量販店も多いから注意してみれば判る。

ともあれ、今回のケースは充電器を作った奴が馬鹿であり、素人仕事か?と疑った方が良いだろう。
もちろん30分というのがきりが良いのでそこに合わせようとして仕方なくオーバーした、という事情もありそうだが、だからといって既存の契約体系と不整合をおこしていいものでもあるまい。
そもそも30分充電では100%充電はできないわけだから30分で充電をやめてもよかろうし、どうしてもぎりぎりまでというなら33分とかなんです、でもいいではないか。

どうしてもというのなら作ってからグダグダする前に、企画・事前設計段階できちんと電力会社とのネゴを取っておくのが当然だろう。
例えば、充電では充電はじめにピーク電流があってだんだん落ちていくのが通常だから、30分に1分間以内超えるのは契約上許容される(特約条項)、とか。
こんなところは法律じゃ無くて契約上の問題なんだから双方で協議すれば良いだけの話だろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/05

久しぶりにヨドバシに

PCの電源ユニットを購入に行ったのが基本なんだが、ついでにいくつか見てきた感想を。

・3DSが普通に売っていた
アマゾンではいまだに定価以上の値段で売られているようだが、普通に買えて、普通に色を選べた。
まあ、ソフトもさほど出ていないし(3Dならでは、って感じでも無い)品切れする方がおかしいとも言える。

・裸眼3Dの東芝のテレビが展示されていた
プロモで流れていたのはさほど3Dを強調したモノでもないようで落ち着いた感じだ。
大小両方おいてあったが、小さい方は解像度が低いのはスペック上もそうだが、解像度の足りなさを感じる。
左右方向に移動しても予想以上に3Dに見える範囲は広い。
液晶だと左右に移動するも色味がずれてくるものも多い(安いモノはそういう傾向にある)が、それよりもいいという感じがする。

・LGのテレビが展示されていた
なんというか、LED分割駆動する前にもっとやることがあるだろう、というのが最初の突っ込みという感じだ。
日本で言えば4年以上前の平均点という印象。
今での日本ではエントリーモデルでもここまでひどいものは少なく、エントリーのうち、小型で価格もたたき売りゾーンのものといえばおおよそ想像がつくと思う。
明るさのムラもある。パネルかバックライトのせいかはわからないが。
パネルがネイティブで800:1というのが一番低い。
800;1というのは現在においてはパソコンのモニタでも使わないかもしれないというレベルの悪い部類だが、実際の絵を見るとさほどでも無いと感じる。
つまりLEDバックライトでごまかしの効果は確かにある。
しかし所詮はごまかしの域を出なくて簡単に馬脚を現している。
分割駆動でも同じ事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンニング

リンク: asahi.com(朝日新聞社):携帯電話、股に隠して左手で入力 入試投稿の予備校生 - 社会.

ネット質問サイトということでおおいにテレビで取り上げられたが、警察が動いたことで容易に犯人を特定でき、逮捕となった。

いまさら言うまでもないが、ネットのサイトへの(特に携帯電話による)投稿は、警察が動き、掲示板運営会社とプロバイダ(携帯電話ならキャリア)が情報を開示すればほぼ確実に特定ができてしまう。
通常は匿名に見えるのは見せかけだけで技術的には特定は比較的容易な仕組みなのがインターネットというものだ。

そんなことより由々しき問題はリンク先によると“カンニングができてしまった”という状況だった試験監督レベルの問題だ。

今回はネットへの投稿というある意味稚拙な犯行だったから露呈したともいえる。
しかしこれがいにしえよりあるカンニングペーパーや、携帯の内蔵辞書や翻訳機能、メモなどの使用にとどめていたらばれなかったことになる。

もちろん供述通りかは検証するとのことだが、このレベルの不正行為を見抜いて防げなかったということでは、大学側の、試験の公正を期すための監督体制も問われるべきではないのか。
カンニングをするのが一番悪いのは当然のことだが。

“ハイテク”犯罪だとなにかと過剰に反応する向きが、マスコミにも多いが、冷静に何が問題なのかは見極めないといけないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »