« EIZO EV2334Wを買ってみた | トップページ | fireradiko »

2010/03/30

PS3機能削減のお知らせ

リンク: PlayStation.com(Japan) | インフォメーションセンターからのお知らせ

いわゆるLinuxインストール機能が削減されるとのこと。
なんか色々書いているけれど要するに
A)Linux起動
B)PSN等のアクセス+以降の新発売のゲーム+メディアプレイヤー
以降はどちらかを使用できなくするという。
それまではどちらもできていたのだから、どちらを選んでも機能の削減となる。

基本機能の一つとして紹介して売っていたものをできなくするということはどういうことなのだろうか。
ソフトウェアアップデートによって機能を増やしたり、後継機種と同等にしたりということは行われてはいるが、減らされるというのはかなり珍しいケースといえる。

これは国内では未発表のようだが欧州ではPSNの接続について、従来は無料だったのを有料にするということも伝えられている。
有料だけのサービス。
XBOX360でのような無料とプレミアムの2本立て、というわけではないと明言しているらしい。
当然ながらコンテンツ配信やネットワーク機能を使ったゲームではPSNに接続しないといけないわけ。
強制有料に移行するというのは、ネットゲーム対応やネット配信コンテンツ受信機能の削減ということになる。

新機種が出て、それが機能削減されたり制約が増えたりならば別段異議はない。
しかし既に買ったものに対してソフトウェアアップデートができないように仕向けたり(するとLinux起動ができなくなるのだから)、アップデートによって機能を削ったりというのはどうかと思う。

私はタブーだと思うのだが、それをやってしまうソニーはいったいどうしてしまったのだろうか。

影響を受けるのはLinuxではない。
PS3利用の動画変換ソフト「CodecSys Personal」が販売中止
このように機能を利用したソフトウェアが使用できなくなってしまった。

|

« EIZO EV2334Wを買ってみた | トップページ | fireradiko »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47063/47953475

この記事へのトラックバック一覧です: PS3機能削減のお知らせ:

« EIZO EV2334Wを買ってみた | トップページ | fireradiko »