« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/21

AVIC-T10アップデート

地図アップデートのお知らせがわざわざはがきできていた。
当初の予定より再三遅れたようではある。
通信契約をしている人は5000円程度でいいということなのでありがたくそのプランにのせてもらう。
ネットでパイオニアサイトからデータダウンロードして、AVICT10をUSBで接続をして転送する。これらを専用のツールで行うという形になる。
ライセンスキーを別途手続きで入手して上記ツールにいれてアップデート操作を行うという形になる。
若干手続きが面倒でPCに詳しくない人はじっくりと取説どおりにやらないとしくるかもしれない。
取説はそこそこ丁寧に書かれているので問題は無いと思うが。
また、SDカードを使って本体アップデートをしないといけないも多少時間がかかる。
また地図データの本体への転送は取説に書いてある通りの時間がきっちりかかるので注意。
私はテレビをみながらのんびりと待った状態だ。

地図のアップデート自体は、最近私の周辺で大きな変更で2つの道路工事があったためにぜひともという気持ちもあった。
ひとつはわりと最近の開通(半年以内)だったため不安はあったがきちんと変更されていた。
これですっきりしたという感じがある。
さて、地図だけではなくシステムアップデートもされていたようなので書いてみよう。
T20相当らしいが確認はしていない。

・起動時の違い
起動時に現在地表示をした後しばらくして勝手にイベント情報画面になる。
変更できるかは未確認。
走り出すとイベント情報画面は走行中は表示禁止のため一面が禁止画面になる。
つまりエンジンをかけてから放置したままだとカーナビ画面には「走行中のため表示禁止」という表示がされつづけるという実に間抜けな事態になる。
もちろんアップデート前にはこんなことはなく、このような仕様設計をした奴は間違いなく大馬鹿野郎である。
現在位置ワンボタンで当然通常画面になるとはいえ間抜けな話である。

・ウィジット表示?
ガソリン値段検索とトピック表示がでている。
なんなのかまだ良く理解できていない。
値段検索は最小のところを表示しており走ってみると値段が変わっていることから付近のスタンドの情報を逐次処理しているようだ。

・色の変更
配置色の変更があったらしいがいまひとつわからない。
まあ、違和感が無いということでよろしい。

・SDオーディオ
この機能選択のところでなぜかボタンが小さくなっている。
なんでこんな変更をするのか理解に苦しむ。
小さいのでおしづらいではないか。

・SDオーディオでフォルダーで処理されるようになった
以前はフォルダー無視で総てのファイルをフラットに表示して選択していたが、今回からフォルダーを選択して選んでいけるように変更されている。
これは一長一短からも知れない。
フォルダーごとに選んで使えると考えるか、とりあえずメモリカードに入っているのを全部順番に一括して扱えるほうが良いのか。

大きいところではこの辺だろうか。
起動時のイベント情報表示を除けば十分に良いアップデートだとは思う。
全体の速度の向上などは一切ないようだ。
あいかわらず文字入力の反応は遅くてイライラさせられるし、機能選択でもワンテンポ遅れるのも同じである。
こういうごく基本的なところはきちんと作って欲しいものだ。
これはパイオニアではなくマイクロソフトの問題だと思われるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »