« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/24

HDMIケーブルと画質というレベルではないですが

HDMIケーブルで画質に影響を起こすか。

というか、スタパ氏の症状は完全に障害が起きていますな。
例えばPCで1Gbpsのネットワークでは転送速度はネットワークケーブルの品質によって影響するのは数値ででてくると思います。
極論をすればノーマルCATE5のケーブルなんか使おうもんなら1Gでリンクすらしないですよね。
同じことです。
HDMIケーブル上では1080iでも1Gbps弱程度の速度が必要となります。
1080pなら単純にその2倍になります。
ネットならたいていの場合転送速度が10Mbpsまで落ちても気がつかないでしょうけれども、映像はその速度を維持できないと映像を表示すら出来なくなるわけです。
それを障害と考えるか品質の劣化と考えるかは主観的な問題ですが。

このようなときには物理的・電気的に見れば波形が許容できないほど崩れています。
そもそも電気信号が導線を通るときには必ず劣化を起こします。
どんな良いケーブルでも皆無ということはなくその劣化の大小の差があるだけのことです。
もうすこし学術的に言えば減衰・反射という現象です。
大学物理レベルで「信号伝送論」あたりを紐解くと詳細を知ることが出来ます。
(ちなみに家電製品などの設計ではこのあたりの理論は必須学問です)

「速度保証」とか「ハイスピードケーブル」とか「HDMIロゴ認証」とかはこの辺の劣化の具合が高い周波数でも問題ないレベルであることを保証するものです。
メーカー製はメーカーの看板にかけて保証するものです。
ノーブランドは「出たとこ勝負」「とりあえず作ってみたけどどうなるかはわかんね」っていうものです。
メーカー製とはいえ実際はケーブル専業メーカーが作って納入しているものもあるわけで、中にはメーカーに納入しているものと同じものを売っているものもあるかもしれません。
よって粗悪品と限ったものではないですが、粗悪品も当然あります。

デジタル伝送においてはこれらの劣化の影響もデジタル的に起きます。
許容限界を切ると画面へのノイズやちらつきという形で現れてひどいものでは画面崩れなどを起こします。
その限界さえ切らなければ表示品質は維持される、というのがデジタルの良いところです。
アナログのときに比較しある程度ラフでよいという利点があります。

よって一般的に言う「画質」で例えば「このHDMIケーブルは色のノリが悪い」とかいいだせばそれはオカルトであると考えたほうが妥当です。
(本当に細かいところをつきつめていけば論理的には差がないとはいえないのですが測定器レベルでさえ細かさの測定限界を越えているレベルだと思われます。すくなくともプラシーボ、人間の感覚による誤差のほうが遥かに大きいと考えたほうが妥当です。そこまで絶対的感覚の自信をもたれている人もおられるかもしれませんが・・)
ただし「このHDMIケーブルでは赤色系にノイズ感が強い」はあります。
HDMIでは色差で伝送しているので赤色(Yr)を伝送している線が特に悪く、波形崩れを起こしていることはありえるからです。

ちなみに似たような話で企業PCネットワーク系の障害でもケーブルによる障害は結構あるようです。
どうもリンク喪失などのトラブルがくるので突き詰めていったら途中に見慣れないケーブルがある。
それを普通に使っているケーブルに交換したらあっさり直った、と。
(そこのIT部門では特定メーカー品しか使っていなかったのが幸いしたようです)

よって「無闇に高いケーブルを買う必要はないが、品質保証されているものを買う」のが正解だと思います。
HDMIなら速度グレード表示やHDMI認証ロゴも基準になります。
これらのないものは「HDMIコネクタを適当な線でつないだもの」でしかありません。
使える可能性はありますがそれはある種の偶然と考えたほうが適当です。

480Pで使うのなら品質のひどさはあまり問題にならないということもありますのでノーブランドでも問題が起きる可能性は低いですので使い方次第ということもあります。(安物DVDレコーダーなら480Pですし)

LANケーブルならカテゴリーランクわけみたいなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/19

VAIO-PとLOOX-Uと

VAIO-Pをみにいってきた。
店頭モデルはどうやら全部いりに近いモデルで99,800という感じのようだ。
キーボードは申し分ない、と言いたいところだがなにかしっくりこない。
まあ、ストロークを要求するほうが酷だが、やっぱりその辺が違和感を禁じえない。
もうひとつは液晶画面がどうもチープである。
コントラスト感が無いというか色がおかしいというか。
もちろんPCの液晶画面に過剰な期待をしているわけではない。
PCの基準でもやっぱり安っぽい。
また、スペック上の解像度はあるのだがなにか違和感がある。
店頭モデルはワンセグモデルであるのも気に食わない。そんなもん要らないからだ。
なによりワンセグごときで結構値段が上がっているのが気に食わない。
そういうわけで微妙に萎えてしまったのが正直なところ。

文句ついでに言っておくと売り方もおかしいと思う。
ポケットに入るとか、それはないだろう。
フルサイズキーボードにかなり近いのにそれは物理的に無理があるしそんな期待もしていない。
キーの縦幅が抑えられているが、もしポケットに入るということに固執して(それもかなり無理がある設定で)その結果として縦幅が抑えられたとしたらアホである。
手放せないPCとかいう謳い文句もむしろなにか萎えさせる。
そんな大層なレベルで突出しているわけでもない。

周りを見渡すとネットブック花盛りである。
それにしても安い。が、重い。おおよそ1kgちょいというものがほとんどである。
まあ、それでも軽いといえばいえるのだが。

で、売り場を歩いて見るとLOOX-Uが目に入った。
重さがVAIO-Pよりも軽くWillcom D4と大差ない。液晶も1280x800と広い。
液晶も綺麗だ。
タッチパネルでいわゆるコンバーチブルというのか液晶がぐるっとまわってタブレット風に収まる。
ザウルスCシリーズのでかい版である。
このタイプは工人舎からもでているが、重量が500g台という点でLOOXの方が凄い。
キーボードはかなり悪い。
ストロークはそこそこ取れているはずなのにどうも誤入力が頻発する。
ちょっと押しただけ、大げさにいえば触れただけで入力されてしまうような感覚のためのようだ。
親指タイプでもどうも感覚が違う。
ふとみるとCapsキーがない。別の言い方ではAが筐体の左すぐにあるのだ。
よってこのキーボードでは高速に、ノッている状態でタッチを続けるのはかなり厳しいといえる。
慣れで吸収できるのか、その辺はどうも自信をもてない。

値段で機能がてんこ盛りの割りには安いのは好感が持てる。
このクラスでは圧倒的に軽いのでキーボードは別に用意するという考えもある。
世の中には折りたたみ式のキーボードがあり、BluetoothかUSBで接続すれば良いかもしれない。
キーボードは180gぐらいだからだ。値段も一万弱程度。
Bluetoothなら電池が必要だが物理接続不要、USBなら電池は不要だが接続の手間が必要ということで選択肢がでる。

さてタッチパネルの精度やレスポンスは問題ない。
画面が細かいということを考えていれば良好といえる。
なにより驚いたのは手書き入力である。
実際に試してみるまでは正直馬鹿にしていたが驚いた。
ザウルスと比較するのはCPUパワーが段違いだから当然だが、レスポンスに全く問題がない。
私は(ザウルスでは)、スタイラスを使わずに指先でタッチパネルを操作するのだが、このLOOXでも問題がない。
そして驚くべきことに手書き入力も指先でも問題ないのだ。
想像すれば分かると思うが指先で書く文字など精度は極めていい加減だ。
実際に書いた軌跡を見ると下手すれば後から見直して読めないかもというレベルにさえなる。
しかし、結構崩してかいても、うっかり認識枠から多少はみ出しても意図どおり認識してくれる。
この意図どおりの確度が半端なじゃないのだ。
もしかしたらキーボードの悪さを考えると手書きのほうが確実で入力が速いかもしれない。

というわけで手書き認識だけでもかなり惹かれたのだが結局買わなかった。
VAIO-Pへの未練もありいまひとつ決断できなかったからである。

手ぶらで帰るのもなんなので店内をぶらぶらしているとUSBワンセグチューナーが目に入った。
そういえばインプレステレビのスタパビジョンでもネタにしていたよなあ、とか思ってちょっと気になったわけである。
見るとアイオーデータのが4800円で売られていた。
室内アンテナ接続アダプタ込みで(うちはDSのワンセグで電波が家の中まで入らないことを確認ずみだから必須となる)この値段なので買ってみることにした。

家に帰って早速導入して見た。

用途は寝床用のノートPCに導入するためだ。
インストールをしている間にFケーブルを探してきて片方を部屋のアンテナコンセントにさしてPCの近くまで引っ張ってくる。
インストールが終わったら早速起動、番組サーチをかければとりあえず使える。
実際使ってタスクマネージャで使用率を見てみると結構負荷がある。
逆に他のタスク、ブラウザでも負荷がかかると音声さえ途切れる。
試しているのはシングルコアだからであって、昨今のデュアルコアCPUなら問題ないのかもしれない。
まあ、テレビを見るだけなのでそんなもんだと割り切って使えばいいだけのこと。
解像度的には1Mbpsの動画と同じようなもんなんだな、と思ったりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/16

ETC助成(?)金

リンク: ETC機器購入費助成へ、1台当たり5250円 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

国土交通省は16日、ノンストップ自動料金収受システム(ETC)機器の購入費用として、1台当たり5250円(二輪車は1万5750円)の助成金を支給すると発表した。

まあ、ここまではわからんでもないのだが・・・
対象は、新規に分割払いでETC機器を、返済期間2年以上、支払い回数2回以上で購入した人。ETC機器を取り付けるには通常、本体価格や取り付け料などで1万5000円~2万円程度かかる。

たかが2万程度のものを2年ローンで買うというのもよくわからない理屈(まあ、テレビショッピングではよくあるが)だが、どういう発想の条件なのだろうか。
私なぞはこんな低額のものをローンで買ったことなどないのでよくわからない。
2年といえばそれなりに金利もかかりそうなものだが・・・・
テレビショッピング的にはだいたい1割ぐらいが金利になっているので2,3千円ぐらいが金利になるのだろうか。

とまで考えて発想を逆にしてみる。
この給付金は、実はその金利への充当と考えてみる。
国土交通省からの関係団体への交付金なのだと。
当然ながらその交付金は迂回して戻ってくるのが役所関連ではよくあるパターンである。
まあ、5千円も金利がかかるわけでもないので一般国民にもそれなりの恩恵がある(そりゃあなければ税金投入などはできんわな)わけだ。
が、実態はこっちのほうがメインと考えたほうがこの奇天烈な条件にも合点がいく。
まあ、実にせこいことよ。

そもそも本当に普及を真摯に考えているのならこんな条件は不要である。
単純に新規購入者に助成金を出せばよいからだ。
もっとも簡単なのは助成金割引と称してキャンペーンを打たせて売った分だけ販売店が請求する形にすれば良い。
いまなら助成金がでるので5千円引きといえば結構釣れると思うがね。
しかしそうはしない。
ローンを組まないと助成金は出ませんよ?とかいわれたら「はあ??」ってなるのが普通の感覚ではないのか。
何か裏があると勘ぐったほうが自然というものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

B-CAS論議をやや技術的な観点から

著作権保護というものに関して、ちょっと技術的に考えてみる。
デジタル放送(BSと地上波)ではどうもB-CASを固持する方向になっている。
少なくとも地上波では、委員会ではその必要性を誰も支持していないにも関わらずだ。

そこで対抗であげられた方式になにか問題があるのか、といえば否であろう。
なにも新規技術ではなく既に実現・実用さえされているものだからだ。
その辺を書いておきたいと思う。

ソフト方式でいえばWindowsMediaPlayerを代表とする動画配信が挙げられる。
汎用品機器であるPCで著作権保護をするために暗号化や鍵など全てソフトで賄っている。
著作権保護観点では問題があると思われる多くのPodCast配信ではネットラジオでも(第三者の絡む著作物である)音楽・楽曲部分がカットされているものがほとんどであることからも、逆にWindowsMediaPlayerでは音楽などの著作物が適切に保護されていると捉えられているのだと考えられる。

チップに埋め込むということはHDMI(HDCP)やマクロビジョンコピーガードという仕組みで実現されている。
デジタルということでHDMIでいえば暗号化や解読(デコード)はチップによって行われ、その暗号鍵はそのチップもしくは外付けのチップに組み込まれている。
それは工場(つまりメーカー)で厳格に管理されている。
有価物であるから盗難に対する管理はもちろん厳格であるが、それ以上に特に紛失についても厳しく管理されているらしい。
万一にでも流出などがあればその後メーカーには損害賠償や取引停止というペナルティがあるのだろう。
どれだけ重大なことであるか、といえばHDMIに関する機器を一切販売できなくなるとすればそれは重い。
今で言えばテレビやレコーダー、プレイヤー、モニターにまで及ぶのだろうか。
そうなるとメーカーにもよるだろうが致命的なダメージを受けることになる。
おそらく赤字転落どころのレベルではなく会社倒産の危機にさえなりえる。
民民の契約レベルではあるが十分なほどの抑止力が働くのだ。

チップである以上はコストが付きまとうというデメリットが指摘されるがぶっちゃけ、各種ソフトウェアライセンス費用はあるし、ましてや補償金などの論議になればそんなものは簡単に吹き飛ぶ程度でしかない。
これは近年のPCにおいて「もっとも高い部品はWindowsである」というのを連想させる。
ソフトだから安くつく、という議論は昨今においてはナンセンスといえる。

蛇足だが、チップは簡単には取り外せないような処置が要求される。
もちろん全く不可能というわけではないが、専用の工具やプロレベルの熟練技術を要する。
少なくとも違法品を作って商売を出来るようなレベルではない。

さて、それではカード方式のB-CASはどうなのか。
いうまでもなくフーリオの存在がその弱さを証明している。
フーリオ自体はなにも違法なことをしていない。
鍵はB-CASカードにあるのでそれを読み取り、暗号化された映像を解読することはなんら問題がない。
仮に暗号化された映像を保存することが問題ならば、暗号化されたままローカル保存し、表示するときだけ解読すれば良い。

問題があるのはB-CASの使用方法による使用者個人とB-CAS管理会社との契約違反でしかない。
要は違法行為者は使用者でしかない。
「ばれない違法行為は違法ではない」とかうそぶくつもりはないが、実際問題そうではないのか。
管理会社はその違法使用において知る方法が一切存在しないからだ。
自分の家庭内で完全に完結することに対して違法もなにもないのだともいえる。

これはカード方式で自由に別に機器に移動できるということが本質的な弱さに由来するといえる。

他の機器に移動できるようにしておきながら、その移動は基本的に禁止とし、移動には再契約が必要だという理解に苦しむ曖昧とも言える方式を取ったことによる弊害といえる。
ある意味、フーリオの出現は自業自得といえる。

やはり単純に言ってB-CASの固持は管理会社の維持、つまりはこれも利権の固持ということなのだろう。
委員会の委員全てが否定的なのに委員会としては保持が前提とされているのは主催する役人の意向と考えるのが自然であろう。
役人・役人OB・天下り利権団体というつながりで考えればこの不自然な意向は容易に理解できる。
また無理に利権とか天下りと結びつけて、という人もいるかもしれないが、民間企業であるはずにもかかわらず極めて不透明で不自然なところが多い会社である。
これはちょっと調べればわかることで、以前はGigazineでも「会社訪問」をしていた。
まるでダミー会社のような感じで会社訪問になっていなかったが。

さて、こう考えるとなぜこのようなやばいカード方式にしたかも理解が容易となる。
カード方式はいろんな面で管理が極めて楽で配布も楽だからと考えられるからである。

カードであれば一般国民と管理会社の契約となる。つか、実際にそうなっている。
うがった見方をすればいくらでも一方的に出来る。
ICカードなんぞ信頼関係さえとれれば適当な会社に受託すれば良い。
これもは役人が良くやる、印刷は手盛りの会社に発注するのとダブって見えてくる。
しかし仮にチップ形式にすればチップメーカーと管理会社の契約になってしまう。
つまり会社と会社の契約になるのだ。
当然ながらチップとなれば海外メーカーも参入してくる。
むしろ著作権保護で実績のあるHDMIチップをみれば海外であるほうが自然といえる。
法律面でタフな海外メーカーとの契約。
天下り会社としてはなんとも避けたい事態ではないか(笑)

まあ、今後もこの論議は著作権問題とともに監視していくと面白いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »