« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/19

テロップの茶番劇

リンク: asahi.com:「アナログ放送終わります」テレビ画面に常時字幕へ - 文化・芸能.

07年3月の調査では、地デジ受信機は全国約1400万世帯に普及。今夏の北京五輪時に約2400万世帯、11年4月までに全世帯(5千万)に普及させる計画

2007年3月 1400 (残3600)
2011年4月 5000 (残0)
3600/4/12=75(万台/月)

普通はどの程度なんだろうと適当に調べたところ

日本電子機械工業会(EIAJ)が調査した国内民生用電子機器の出荷実績によれば,2000年8月のテレビ出荷台数は対前年同月比16.6%増の73万2000台と好調だった
という日経の記事がでてきた。
2000年はシドニー・ミレニアムオリンピックの年であり、8月はまさにオリンピック直前。
さらに言えばボーナスも6月に出たばかりである。いわば好条件が重なった数字でこれなのである。
協議会なるものが掲げている数字は平均で75万、しかも足掛け4年。
この普及ペースの計算がかなり無茶な目標であることがわかる。

地方での普及が遅いのを「認知が低いから」と結論しているようだが間違っている。
地方では地デジ自体の普及が遅かった。年単位で遅かった。
当然、受信機の普及はその分遅れるのは当たり前のことではないか。

うちのあたりはわりと遅めだったと思うが、確か1年程度前で、そのときにテレビが壊れたら普通は高いデジタル放送テレビなんか買うわけがない。

ちなみにデジタル衛星は普及しなかった、と結論付けられているが、目標として掲げられていた数字自体が無茶だったという記事を見たことがある。
白黒からカラーへの移行の数字よりも目標が高かったようだ。
白黒からカラーへの移行という極めて誰でもわかる変化。片や綺麗になるだけの違い。
高度成長期。片やもう安定期。

「アナログ」ロゴやらテロップなどは全く意味を成さない。
これは単なる嫌がらせにしかならないだろう。
うれしいのは協議会の自己満足とロゴを作って報酬をもらえるデザイナーぐらいであろう。
一般人にとってはまずはうざったい。
テレビ離れを加速するだけだ。デジタルに移行することになるとは思えない。
次に単に録画離れを引き起こしかねない。
録画というのは習慣だ。ただでさえ録画はデジタルで使いづらくなっており遠ざかっている。
録画離れはすなわちテレビ離れを引き起こす。(放送局はそうは考えていないようだが)

それよりも公共CMで「地デジサポーターが増えています」などという意味不明なCMはやめて、もっとダイレクトに「2011年4月にごらんのアナログ放送は終了します」「デジタル対応テレビを買う必要があります」という喧伝をすべきだ。
おそらくはそんなダイレクトに言えば反感を買うことを気にしているのだろうが、そもそも今やっていることは反感を買うことなのだからそれが当然だ。
それでもデジタルに移行するのがメリットがあるという信念があるのならばそれを訴えればいい。

まあ、半分冗談だが、テロップを出すのならカウントダウンでもやったらどうだろうか。
「アナログ停止まであと○○○日」とかやるのだ。
もっともこんなことやっても「100日を切ったら考えようか」という人が続出しそうな気もするが。

それにしてもこう考えるとアナログのテレビ放送というのは実によく出来たシステムであったといえる。
仮に白黒の受像機が現存していても、現在でもその受像機を使うことが出来る。
完全に互換性があるからカラーに移行するのはなんら問題がなかったのだ。
従来のユーザーに一切不便がなかったし、いつカラーが始まっても問題はなかった。

ところが今回のデジタル化では、従来の受像機が使えなくなるという放送システム的には極めて異常な事態といえる。
それに対する危機感があまりにも薄いのではないだろうか。
携帯電話でDocomoがFOMAの移行に手間取りシェアを落としたのは明白だが、携帯電話という一年程度のサイクルで買い換える人の多い製品であり、さらに買い替え促進やらを行ってもこの状態だ。
KDDIでは移行期に無料交換さえもやったと記憶している。

別の言い方をすればコスト意識の欠如。マネージメント能力の欠如。

デジタル化によるメリットとアナログのままであるデメリットとをちゃんと天秤にかけたのだろうか。
行期をどれだけとるか、という規定にもふくまれる。
移行期が長くなればそれだけ放送局の負担は大きくなるからむやみには増やせない。
しかし2007年から移行期が始まり2011年ではたったの4年しかない。
通常の感覚ではテレビは10年は持つ。つまりサイクルとあわず消費者に負担がかかる。
それならば放送に先行して受像機をテレビに搭載できたかというとB-CASを初めデジタル方式のコスト負担があまりにも大きく、地上波デジタルの搭載は遅れた。おまけで受像機をいれるというレベルからは程遠かったのだ。

結局、この事に関してもコストを本来負担すべきところがやらずに一般国民に負担を押し付ける形となっている。
総務省のごり押し、そして放送局はなかば嫌々らしいが協議会に名を連ねている以上はそんな言い訳を許容する気にもならない。
もっとも総務省が負担となったらそれは税金が投与されることになるのでたまったものではないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

虚空な訴求~大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

リンク: 大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」.

デスクトップで録画した番組をモバイルPCに転送して見れますか?

デスクトップで録画した番組をiPodに転送して見れますか?

デジタル放送ではおそらく不可であろう。
その時点で訴求力がないんだよ。

記事をみて何を言いたいのかが全くわからなかった。
こういう提灯記事でさえもわからないのだからまあ無理だな。
根拠がない。

リビングの薄型TVにPCを接続した利用が可能
こんなもんはVistaでなくてもグラフィックカードがHDMIに対応してテレビがHDMIでちゃんと表示できれば問題ないし、DVI付のテレビも最近は多い。(うちの実家で適当に買ってきたテレビでもついていた) アナログ時代はワイド対応が面倒だったがデジタル時代で1080P(1920x1080)という標準が確立しつつあるから問題ない。

パソコンで録画が普及しないのは2つ理由がある。
ひとつは難しいこと。多くの録画システムは難しい。ややこしい。設定がわかりにくい。
もうひとつは電源をつけっぱなしでおかないと録画できない。普段は切っていて時間になったら起動し、終わったら電源を切るようなシステムにしなければ専用機の代わりにはならない。

ユーザーインタフェースも含めてリビングで使える想定をもっと考えなければいけない。
マウスが必須なのに結局ろくなポインティングデバイスがない。
Wiiのリモコンようなものを出せなかったことについて、業界中で猛省をして欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

ガソリン税の一般化財源の件

マスコミの論調や政治家の論調がおかしい。

道路族は問題だ。特定財源で特別会計が不透明なのは問題だ。
それは私もそのとおりだと思う。

しかしそれがなぜ、一般財源化という話になるのか。

するべきは特別会計を透明にすることではないのか。

まあ、政治家どもは当然それを論議しようとしないだろう。
道路に限らず、特別会計というものは調べて見ればぞろぞろとでてくる。
こんだけあればない分野はないのではと思うくらいだ。
つまり、道路の特別会計を明朗会計にしろ、などといえば、必ずや自分の利権が絡んでいる特別会計にも明朗会計にしろというはなしになる危険性があるからだ。

マスコミも結局は同じムジナなのだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

BDプレイヤーが皆無な日本の現状

なんとなくBDに食指を伸ばして見ようかと思い立った。
とりあえず某大手家電量販店にいって聞いてみた。
「BDプレイヤーどこでしょうか」

なんとない。
ハイブリッドレコーダーしかない。
ハイブリッドレコーダーともなれば値段もどうみても10万切る雰囲気さえない、というところだ。話にならない。
当たり前だわな。BD録画可能ドライブやらチューナーやらハードディスクやら録画回路やらコピー防止回路(BCAS含む)やらいろいろついているんだからこうも高いのは当然だ。
私が求めているのはせいぜい5,6万といったところで十分。デジタル時代なのだから妙に高級な機種は不要。
高いアナログ部品もSNを高めるための高級なトランスなども要らない。

ちなみにBDへの録画は既に過去の記事でも書いたように現在は一切興味がない。
HDDに録画保持しているうちに何度かみればそれでおそらくは飽きる。
メディアも論外に高額。継承録画も出来ない。これではまったく使う気がしない。
そこまでしたいものはおそらくはパッケージとして出る。それを買えばいい。

ネットで調べて見るといくつかあるようだ。
シャープBD-HP1。ハイブリッドではなくチューナーもなく、BDへの録画ができるというなかなか面白い観点。
BD-Rの2層には非対応らしい。どうなんだろ。ひとから借りて見ることなんかあるんだろうか。これはどうでもいいかな。
しかし24P出力がないのは話にならない。古い機種のようだからしかたないのかな。
フィルムソースダイレクトである24Pは現在となっては必須の機能ではないのだろうか。
ちなみに24P出力は変換が必要な通常の60P出力などより映像処理としても回路的にも楽なのである。
だからそれによって回路が増えるとも思えないし、付加価値というには不適当に思える。
変換が入らない分、映像も綺麗になる。(というか60P出力が画質を劣化させているんだが)
価格のほうは暴落して定価の半値ぐらいなのだろうか。現状は底値から在庫切れ始めているようでやや反発気味、といったところのようだ。
それでも最安で6万円、実際に普通の店で買うと6万台後半というところだろうか。

もうひとつはパイオニアのBDP-LX70というのがでてくる。価格17万という時点でそれ以上追求する気がなくなる。

そんなことをいっているとPS3があるじゃないかという人が出てきそうだが、あれも論外な点がいくつもある。
リモコンがないこと。まあこれは我慢するとしよう。
大きさがでかい、でかいのはともかくオーディオラック積みできないこと。要はAVシステムの中への収まりが悪すぎるのだ。
操作がいちいちうざい。XMBはソニーのハイブリッドレコーダーでもつかっているが正直うざい。
レコーダーのような本質的に面倒な機器の場合には許容するがプレイヤーではうざいだけだ。
最悪なのは消費電力が大きすぎること。普通のプレイヤーではせいぜい50W以下なのに150W近いなんてあほらしい。
またあのようなローディング方式もいただけない。
AV機器としてはあまりにも欠点が目立ちすぎるのだ。

さて、こんなことをいっているのは決して不可能なことではない。
海外の話題ではPS3よりも安いプレイヤー発売でPS3の存在意義の危機とかネット記事を賑わしていたのだ。
欧米などでは専用プレイヤーがそろいつつあり、24P出力、消費電力も当然普通のプレイヤー、価格も500ドル程度のものがでる、でている、ということらしい。
当然のことながらパナソニックやソニーといった日本メーカーも。

いやはや、AV商品で日本メーカー製品の個人輸入を検討しなければならないとは馬鹿馬鹿しい話だ。
一定地域向けの限定商品でも異常な為替レートの結果の逆輸入の話でもないのに。。

日本ではBDのコンテンツを普及させようという気がないのだろうか。
まったくをもっておかしな状況としか思えない。

ちなみにBDのリージョンコードは日米で同じなので米国プレイヤーで日本のディスクは再生可能のようだ。
普通はこの手の話は米国映画の直輸入を検討するっていうほうが普通なのだが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

JEITAがしびれを切らしたか~「JEITAの変化を高く評価」と権利者団体 HDDレコーダーやiPodへ補償金課金目指す - ITmedia News

リンク: 「JEITAの変化を高く評価」と権利者団体 HDDレコーダーやiPodへ補償金課金目指す - ITmedia News.


「消費者が使うメディアはシフトしているのに、補償金の課金対象機器は変化がない。同じ録音・録画ができるのに、課金される機器とそうでない機器があるという不公平な状況の中、補償金は年率2割ずつ減り続けている」と椎名さんは指摘

これについては私は自分の実感を鑑みて違和感を感じる。
メディアのシフトではなく、ライフスタイルのシフトである。
音楽。
CDから着うたなど携帯への移行をメディアのシフトと表現するのは正しいのかもしれない。
しかしながら着うたにはきっちりと補償金どころか販売金がかかり、機種を変えても移行できないほどの制約がかけられている。
だからこそさすがに携帯に補償金をという意見はでなかったのだろう。(でたら非難轟々だろうな)
結果として携帯音楽プレイヤーにその矛先が向かったのだろう。

iPodなどの携帯音楽プレイヤーに対する課金
これも違和感がある。保存する機器であるという認識があるようだが、実際には異なる。
HDDプレイヤーもそうだが固定保存するメディアではない。入れ替え差し替えを行う。
昨今はCDを聴かずにまずは変換しiPodにいれてから聴くという手段をとっている。
CDはただの搬送メディアだからこれならばむしろCDには権利金を入れて欲しくないのが実態だ(笑)
そしてそうならばiPodに権利金を付加するのは異論はない。
が、これは現実にはできないことなのだろう。
さらにいえばiPodでiTSで購入した曲には権利金がかかっている。
つまりiTSの曲のみで使用しているiPodに補償金をかけるのはおかしいのだ。
これにも対応ができないのが現実だろう。

まあ、なんだかんだで集金側はともかくも金をふんだくりたいわけで、消費者のライフスタイルが変化しても同じ収入を得たいと考えている。
理屈を曲げてもともかく金が欲しいと考えている。
だからこそ根本議論からすべきなのにそれをされると
最初に議論が始まってから立場が当然やばくなる。それへのいらだちが

「4年近く経ち、原理主義的な理想論がいろいろな立場から述べられて収集が付かなくなっていた」と、実演家著作隣接権センター運営委員の椎名和夫さんは指摘する。
という発言に端的に現れているといえる。

そもそも音楽を聴かなくなっているのに、着うたへのシフトが進んでいるのに、音楽CDが売れなくなっているのはあたかもネットのせいにしたがる業界と同じ論理なのだろう。
(さすがに最近は着うたへのシフトは認めているようだが)

さて補償金はMDやCD-RやDVD-R/RWにかかっているらしい。おそらくこれがほとんどの収入のようだ。

まずはCD-Rについて考えてみる。
そもそもCD-Rはどんどん使わなれなくなっているのではないか。
携帯音楽プレイヤーにシフトしている、と感じているのかもしれないが、私はそもそも違うと思う。
現在で音楽CD-Rの使用はほとんどがこのレンタルであると考えられるから、レンタル層の音楽離れ、もしくは着うたへのシフトが原因ではないのだろうか。
近所のレンタルショップに行くとどんどんレンタルCDコーナーが廃れていっている。
目に見えて新作の数が減っているしコーナーの規模が縮小している。
代わりにコミックの古本とゲームコーナーが増えている。若干レンタルビデオも増えている。
ちなみに私自身はCD-Rの購入はデータ保存目的のみであった。
実験的・興味的に音楽を焼いたことはあるが実際にはほとんど使用していない。
また、音楽CD-Rでなくてもデータ用CD-Rでかまわないということが十分に浸透してしまっているのもあるだろう。
現在まじめに音楽CD-Rを購入している人がどれだけいるのだろうか。

次にDVD-R/RWである。
これはユーザーが気づき始めたことなのだが、DVD-Rに保存しても二度と見ない、という事実である。
もちろんテープの時代からあったのだが、昔はテープに保存するしかないのだからテープを消費せざるを得ない。数十回もくりかえせば劣化が目に見えてくる。
HDDに録画して見たら消す。このライフスタイルが確立してきているのではないだろうか。
つまりタイムシフトとしての録画である。
一時期はHDDにいれて丁寧にCMカットなどしたりタイトルをつけたりしてDVD-Rに保存してライブラリ化をしていた人たちも多かったのではないだろうか。
ちょうど東芝のレコーダーが高いシェアを取っていた頃に一致する。
もちろんDVD-Rなどメディアもどんどん買っていた。
しかし実際には二度と見る時間がないのが現実で、積み上がるばかりである。
そしてCPRM対応というメディアの実質値上げが直撃した。値段にして初動で倍以上であった。
しかもそのメディア限りで内容は死ぬのである。
たとえコピー10であっても、一度メディアに保存した場合、そのメディアの寿命が来た時に新しいメディアに移すことができなくなった。これは大きい。
継承できるからこそ苦労してライブラリ化しているのに、それができないのなら、やらない。もうやめた。
私の実体験だが、このように感じている人は私だけではないようだ。
果たして気がつくと私はDVD-Rをここ4年は買っていないようだ。
私のようなマニアよりの人間でさえもこうである。
かくしてタイムシフトのだけのために、まさにHDDレコーダーとしてのみ使用しているのが実態となった。
DVDトレイは映画などのDVDコンテンツを見るためだけに使われている。
2割減というレベルではない。
実態がタイムシフトなのに補償金課金をするのだろうか。私には違和感がある。
DVDに書き出してくれないからHDDに課金する?なんだそれは?って感じである。

やや離れるが、昨今はレコーダーもBDへシフトしつつある。
私はBDのメディアは歓迎する。HDTVで見たときのDVDのボケ加減はどうしてもある。
これがBDではすっきりするのだ。
しかし、BD-Rでの録画はどうでもいい。そもそも保存しないというところがある。
それを置いても値段が見合わない。有機BDがでても500円切るかどうかというところである。
バイト単価で言えばむしろ安いとはいえ、このボケ加減を解消するためにそれだけ払うかというと疑問。
しかも地上波デジタルはたかだか15Mbps。HD録画するに値しない。
さらにCPRMが大前提では誰も手を出す気にはならないのではないだろうか。

ところであまり関係ないがBD再生専用機は日本では売られないのだろうか。
PS3はオーディオラックに入りにくいしAV機器のように積めないので購入し難い。
フロントローディング(非トレイ方式)は嫌。
しかも消費電力が高い。普通にリモコンで操作したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »