« 圧縮後になんか合わせないで~[WSJ] iPodとMP3はポップスを劣化させているのか - ITmedia News | トップページ | マシン語はまぁ知らなくてもいいのでは~マシン語を知らない子ども達? - Coffee Break »

2007/09/15

"日本酒”が嫌われるのは日本酒のせいなのか~Business Media 誠:日本酒が嫌われる3つの理由

リンク: Business Media 誠:日本酒が嫌われる3つの理由.

「悪酔いや二日酔いをするから」45.1%、「味」36.7%、「匂い」35.0%だった。
これらの原因はほとんどが添加物である、「醸造用アルコール・糖類」からきていることはほぼ間違いない。
例えばスーパーにいけばわかるが、「米・米麹」のみで作られた本来の日本酒を探せばそれはほとんどない。下手したら売ってさえいない。
記事の指摘の状況はこのような実情からきているに違いない。
ほとんどの若者は本当の添加物なしの日本酒を飲んだことがない、というのが現実ではないのだろうか。

というのは私もこれらの理由で日本酒は敬遠していたし、今でも添加物の入っている日本酒は、自分で購入することはもとより、宴会の場などでも飲まないようにしている(うっかり飲んでしまうと高確率で悪酔い二日酔いを起こす)。
結果、宴会の場では日本酒は遠慮することが多く、私のことを日本酒嫌いであると誤解している人も多いようだ。

これらは日本酒本来の嫌われる原因というよりは、現状の日本酒市場の問題ではないのだろうか。
(日経だからその辺はつっこめなかったのだろうか(笑))

若年層が清酒を飲むようになるには、「清酒を飲みやすくしてほしい」という意見が目立った。飲みやすい飲料として具体的には「チューハイやカクテル」が多く、「清酒を敬遠する人は、果汁を使用した低アルコール飲料を飲みなれているため、清酒に抵抗感がある」(同)と指摘している。
確かに日本酒はアルコール分でいえばビールやチューハイに比較すれば高い部類といえる。だいたい15度程度でワインと同じ程度といえる。 まぁ、薄いお酒になれている人にはこれはどうしょうもないのではないだろうか。

飲みやすさでいえば日本酒でありながら米だけで作っていてなおかつ飲みやすいものはちゃんと存在している。
今ではすっかり不味いお酒に落ちぶれてしまったがメジャーデビューする前の「じょうぜんみずのごとし」などはまさに清水のように美味しかった。
私は記憶力がないので銘柄を覚えてはいないのだが、たまには清水のようにおいしく軽く、フルーティな香りさえするものにめぐり合うことがある。

私の感覚では飲みやすい日本酒を、ではなくて不味い不誠実な添加物だらけの日本酒と称するものを法的に分離してほしいというのが願いだ。
現在でもいちおうの分類はされている。
「純米酒・純米吟醸」等の純米というキーワードがそれで米・米麹以外は使わないものだ。
しかしそれ以外も日本酒と名乗れるのが問題であってこれこそ雑酒と称すべきではないのか。
理解不能なのが米が「混ざっていれば」日本酒で、しかし一方で濾さないといけないということだ。
いわゆるどぶろくを迫害する姿勢なのだろうが、実にせせこましい。
本来の日本酒という意味からすれば(米の発酵後の)どぶろく~(それを濾した)清酒までが日本酒と称してよいはずだ。(ちなみにこれに雑穀をぶちこんで蒸留すれば焼酎。しかしこの“焼酎”も酒税法の分類では酷いものだ)
すくなくとも日本酒本来の製法からは邪道であるアルコールや糖類添加をしたものを日本酒と呼ぶよりははるかに正当ではないのか。

改めるべきは、日本酒製造界(まぁ、大手は改めるべきところは多いが)ではなくて、おかしな捻じ曲がった税法の論理から、酒の分類や呼称をいじり、おかしなことにしている行政ではないのだろうか。

|

« 圧縮後になんか合わせないで~[WSJ] iPodとMP3はポップスを劣化させているのか - ITmedia News | トップページ | マシン語はまぁ知らなくてもいいのでは~マシン語を知らない子ども達? - Coffee Break »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "日本酒”が嫌われるのは日本酒のせいなのか~Business Media 誠:日本酒が嫌われる3つの理由:

« 圧縮後になんか合わせないで~[WSJ] iPodとMP3はポップスを劣化させているのか - ITmedia News | トップページ | マシン語はまぁ知らなくてもいいのでは~マシン語を知らない子ども達? - Coffee Break »