« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/22

ぐーぐるまっぷ

google mapの絵を直接貼れるリンクを出してくれるらしい。

そんなわけでテスト

拡大地図を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/21

まあ、駄目だろう~今度こそiPodキラー? ソニー、音楽プレーヤー「Rolly」を予告 - ITmedia News

リンク: 今度こそiPodキラー? ソニー、音楽プレーヤー「Rolly」を予告 - ITmedia News.

だそうだが、こりゃ駄目ですな。
プロモサイトにいってみて動画をいくつかクリックしてみたが全く意図がわからない。

iPodはストレートにわかりやすい、というのがウケた原因であろうというのをいまだに理解していないらしい。

ブログをみても何をもったいぶっているのか、なにがなにやらわからない。

忙しいのである。

上記のプロモすべてRollyにつながるヒントがとほざいているが、そんなものを探求しているほど暇人じゃないのである。

ストレートに、このブログなりプロモでばーんと衝撃を感じさせないといけない。
それが今の時代なのだ。

さてこれでもう一発目を外したのだから、感動させるのならばよほどのものでないといけない。
つまり自らもったいをつけることで敷居を高くしただけである。
バカではなかろうか、と単純に思うわけである。

ご招待客にだけ先行してみせるとか、全くネット時代になにをやっているのか理解に苦しむ。ハイエンドならもったいをつけてもまぁかまわないけど、iPodのようにトップシェアを狙うのならばこんな戦法は間違っているとしかいいようがない。

まさか招待客が帰宅後にブログ等で煽ってくれて期待が一気に盛り上がる、とかいう幻想をいだいているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/07

5000円地デジチューナー

リンク: 5000円以下地デジチューナー「実現難しい」と各社 - ITmedia News.

これについて考察をちらほら。

スラッシュドットのコメントで一つめに「BCASやめれば」というのはさすがの見解。

BCASが最後の最高価格部品になるのは必至ですな。
あれの発行にいくらかかっているのかはわからないのでとりあえずそれは置いておく。

それでもあのカードのスペース(筐体のサイズがでかくなる)、固定機構(パーツ)←これが意外と複雑、コンタクト部、そしてフタが必須だろうということで単純な部品コストだけでもかなり厳しめです。

話が前後しましたが、家電製品で5000円というと、部品原価では1700円ぐらいですかね。
利益取らないでいくと2000円くらいですか。販売店の利益もとっぱらいますか?

まずBCASのパーツで・・そうですね、500円くらいはいくのではないでしょうか。
カード込みで千円程度というのは妥当なところのような気がします。
(ICカードとしてはSuicaカード供託金500円というのが一番明示的に価格がでている)
電源部で数百円、統合チップで500円とに抑えただけでメモリを買う金が残っているのかというところです。
筐体も数百円はどうあっても行きます。(どんなチープな外見なんだろう・・塗装もできないかも)
おっと、肝心なチューナーユニットはいくらするんだろうか。。

この手のパターンで一番安上がりなのはビデオ出力ですが、どうもビデオ入力さえないテレビを前提にされるとRF出力回路が必要となります。これはばかになりません。
そしてチューナーですのでリモコンも必要です。チャンネル表示部も2桁の数字表示ぐらいは必要です。

というわけで結論は無理ですね。

5000円というのは意外と大きな壁なんです。注意深く世の中の製品を観察してみると、映像出力のあるもので、おもちゃでさえも5000円を切っているものは殆どないということに気付かれるかと思います。
ファミコンのパチモノが5000円を切る程度でも売られているわけですが、あれよりも地デジチューナーというのは複雑です。

米国では60ドルとのことですが、1$=120円として7200円ですね。あちらさんはBCASなんてありません。
その前提に立てば可能な範囲だと思いますよ。
5000円では無理ですけれどもBCAS込みで8000~9000円ならまだ見えてくるんじゃないですかね。

もし5000円でやるとすればワンセグチューナーです。BCASも要りませんし。
回路規模も小さいですし、コストもかなり軽くなります。小型にできるのも非常にメリットです。
ワンセグチューナーでビデオ出力。これが妥協点として最もありえる線です。
さて、これで妥協するのでしょうか。。。

これであっても、もちろん専用チップを起こさないとこの価格は無理です。
そして各メーカーで売るなどという路線ですとどうみても割に合いません。
つまりどこかのメーカーに犠牲になってもらうしかないですか。


そもそもこんなことを総務省が口を出すこと自体がおかしいんです。
低コストで出して欲しい、そういうことであればコストを下げられる方向で(非技術的な)アイデアを出すべきです。
例えば低価格チューナーにはBCAS免除とかになれば大きく違います。
あとコピーガード信号付加も部品コストに響きますのでなしでも良しとするとかです。
もちろん放送局の反対は生じると思いますが、こういう面で(監督官庁として)放送局を説得するとか、そういうことで役所としての仕事をして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »