« ITmedia News:暴力的ゲーム批判、米大学の銃撃事件で再浮上 | トップページ | Full HDの時代がきつつある? »

2007/05/09

高野連・特待制度禁止問題

物議を醸している高野連の「特待生」問題。

週刊新潮や週間文春でも数ページに渡って取り上げられている。

なぜいま、という理由が理解できなかったのだが、こういう主旨らしい。
・プロ野球の裏金問題が発覚した
・高校野球に「金まみれ」の悪い印象がついてしまう
・調べてみると特待制度があり、これも金まみれ問題に繋がりかねない
・特待制度に対して指導することで高校野球のクリーンなイメージを高めよう。
ということらしい。
ちょっと裏読みすれば
・裏金問題が長く続くと印象が悪くなる
・特待制度を全国規模調査すれば当然報道されることになる。
・マスコミや一般の目もそっちに向く
・制裁をすることで金まみれのイメージを一新できる

ではなぜ印象が悪くなると困るのか。
それは甲子園・夏の高校野球が既に巨大市場になっているからに他ならないだろう。
ここ数年プロ野球の視聴率がひどくおち込んでいるのは有名な話であるし、高校野球も類似しているのではないか。
ひとことでいえば「野球離れ」である。

私がこの報道を聞いたときにまず不審に思ったのは
・夏の高校野球になんら影響が出ない制裁措置がなされた
ことである。
本気で制裁するのであれば「夏の高校野球出場停止」が当然であろう。
しかし実情として強豪校ほど特待制度が整備されているのが常識である。
実際にもし夏大会出場停止が実施されたら非常に「面白い」大会になったことは想像に難くない。
ひねた私などは面白いと思うが、おそらく強豪チーム同士の高いレベルの試合を見たいと思っている人たちにとっては面白くない。
つまり興行としては大失敗となるのである。
結局は自らの保身のために自分達の痛くない制裁措置を行ったに過ぎないわけである。

さて2つほどこれに関連して興味を引く話が2点ほどあった。
ひとつは甲子園とは別の大会の開催である。
今回制裁を加えられた学校もしくは生徒で高野連と関係ない団体下において大会を行うというものである。
私もだが誰でも考えつくことではある。
実際にも今回の措置に怒り心頭の学校も多いようで、甲子園関連の朝日、毎日に対しておもしろくない読売を後ろ盾にして、という動きがあるらしい。
私は非常に面白いと思うので是非実現して欲しい。
一部の権利者による理屈なき横暴に屈するのは教育的によろしくない。
ひとが「ぐれる」「おもしろくない」「理由なき反抗行動にでる」のはおおむねこのような横暴の下に置かれたときである。
必要あらば自ら立ち上げ行動する。そのくらいの行動を高校生にみせてあげることは教育的にも良いことである。

もうひとつは学校が本当に特待制度を廃止したとき、生徒および保護者は訴えを起こせる、という観点である。
生徒および保護者は、学校に入学するにあたり特待制度を前提として入学したわけである。
入学という行為ではあるが、これは契約の一種であると考えられる。
契約が締結されたときに提示された条件は法的に保護されるものである。
それを生徒側にはなんら落ち度がないのにも関わらず一方的に特待制度の破棄(具体的には授業料免除等である)という契約条項の一方的な改変が行われるわけであり、結果として契約違反になりかねない。
特に金銭的問題であり、また生徒側も学生生活の維持が不可能になるという重大事項であり、特待制度があるからこそ入学したという重要な関連付けが存在する以上、軽微な条項であるとは到底認められない。
一方で「特待生の禁止」は法律で決められているものではなく、いろんな見方があるが、高校と高野連の紳士協定みたいなものである。
守らないから法的に野球を行うことが禁止されるものでもなく、野球部の存続を禁止できるものでもない。
そんなものをふりかざすことで、結果的に特待制度廃止という重大な契約違反につながっているわけで、高校を訴えるとともに高野連も連帯責任者として訴えることも可能ではないだろうか、という論点である。
これもぜひとも頑張って欲しいと思う。
ひとりではなくても同じ境遇の生徒が何人もいる学校もおおかろうし集団訴訟という形も可能かと思う。
全国的に高野連を訴えるという形も可能ではないかと思う。
実害を被っているわけなので十分に裁判沙汰になることである。私立であれば数百万にのぼる額になるようであるから決して小額ではない。
教育的にも、前者は学校が生徒の規範となるということであったが、これは保護者が子供に対して横暴な権力には毅然として立ち向かうという姿勢をみせる良い機会である。
裁判は金銭沙汰でないととりあえげてくれないのでまさに良い教材といえる。

|

« ITmedia News:暴力的ゲーム批判、米大学の銃撃事件で再浮上 | トップページ | Full HDの時代がきつつある? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野連・特待制度禁止問題:

« ITmedia News:暴力的ゲーム批判、米大学の銃撃事件で再浮上 | トップページ | Full HDの時代がきつつある? »