« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2006/12/09

Wiiリモコンについて注意喚起

リンク: ITmedia News:任天堂、Wiiリモコンについて注意喚起.

私もWiiスポーツを買って遊んでいるのでコメントしたいと思う。

まず、「ボーリングのボールを投げるように、文字通りリモコンを放ってしまう人がいる。」そうだ。
正直私は「えっ?」と思った。正確にはそれはボーリングのボールではないと思う。
私は殆どボーリングはやったことはないが、投げ方ぐらいは理解している。
投げる過程において人差し指、中指と親指しか使わない。他の指は軽く握ったままだ。
慣れると日本指しかつかわないそうだ。
しかも指は殆ど動かさない。ボールが勝手に指から抜けて転がっていくだけ。
コントローラーは棒状であるからその作法にのっとればそこそこで握っていれば抜けることはありえない。
ちなみに私の握力は30ないほど非力なのだが。
恐らく事故を起こした人はボーリングの未経験者なのだろう。
ただしボーリングは、リアルな動きをしようとすると意外とかなりTV画面方向に移動する。
割とTV画面から離れていてもスローした最後には結構TVに近づいていたりする。
この点は注意すべき点なのは確か。

野球は投げるのが問題があるのだろうか。
これはボーリングと似ている。
これも本来なら人差し指と中指だけで投げるのが普通だから他の指は握っている。
大きなモーションで投げるより、スナップを効かせた投げ方のほうが球速がでるように作られているようだ。
よってこの投げ方ならすっぽ抜けることは考えにくい。

ゴルフはオーバースウィングするとブレの大きい弾になるから自然と小さな振りになる。
おおよそでハーフからやや大きめ程度でぶれない最大の振り幅になるようだ。
リアルでもそうだがスコアメイクは飛距離よりアプローチ感だから大きく振ってもあまり意味は無い。
ラフに入ると次のショットの飛距離やブレに大きな影響がでるようにデザインされているのもリアルに近い。
ドライバーといえどもオーバースウィングをしてブレてラフに入れてしまうと結局スコアが悪くなる。
ゴルフゲームは割とラフもフェアウェイも大差ないのが多いのだがその点でリアルに近いといえる。

テニスも野球の打つ側も抜けたら論外なのでしっかり握るのが当たり前だし。
ボクシングは握りとパンチのだしかたから抜けることはありえないな。

さて、どの程度ストラップ着用について警告するかというと、もううざったくなるくらい警告が出る。
AとBボタンの両方、表と裏のキーを同時押ししないと先に進まないところもあって、つまりは握っていないと押せないということにしている。(もしくは両手を使って押す必要があるがそのほうが面倒のはず。)
あとBボタンに軽く指をかけることを基本とすればその部分は凹凸の凹み部分の縁なのですっぽ抜けることは殆ど無いと私は思う。

ただ、リモコン自体の改善もしたほうが良いと思う。
ストラップを着けろ、というのは車にのったら安全ベルトを着けろというレベルだと思うが、誤ったときの危険を考えない馬鹿は、今でこそ義務違反で罰則があるために減っているもののまだまだ結構見かける。
ストラップ破壊が13件あるそうだが、どんな力を入れたら破壊できるのか、一度その破壊したユーザーのところに行って調査したらどうかと思ったりもする。
しかし安全ベルトはあくまでフェイルセーフであって、そもそも抜けにくいようにすべきだと思う。
窪みをつけるとか凹凸をつけるとかゴム素材を貼るとかである。
とりあえずリモコンを覆うシリコンゴムのカバーは売られていた(千円弱だった)。
一見したところではべたつく素材に見えた。
抜けそうで危ない人はこういうので自衛したほうがいいだろうな。
私は実際に使ってみて抜けるのはありえないと判断したので買う気は無くなっているが。

ストラップを破壊について考えてみる。
破壊するまでに何度となく手を離れてしまっていたと仮定する。
つまり力が何度と無くかかって疲労で破壊したという線である。
ストラップを着けて実際に投げてみたがその投げた力に比例して強く戻って自分の腕にぶつかってくる。
下手をすると肘に当たる。当たり所によってはかなり痛くて下手したら痺れもするのではないかと。
これはかなり当人には負のフィードバックになるはずでこんなことを何度もやるというのは信じられない。

TVに突き刺さっている写真を見たが、眼を疑ったりもする。
TVキャビにリモコンを釘に見立てて力任せにハンマーで打っても、ああはなるように思えない。
多分非力な私ではキャビを目に見えてへこませることさえ無理ではないかと思う。
プラスチックキャビは意外と柔らくて強いので突き刺すのは難しい。
例え直接ハンマーで叩いてもなかなか亀裂が入るまでには至らない。(これはやったことがある)
リモコンをなげつけてああなるというのはどういう状況なのか私には理解できない。

むしろ人身事故が起きる確率の方が遥かに高いと思うし気をつけたほうがよいと思う。
そういう報告があがっていないほうが私にはむしろ不自然に感じる。
家の中でスポーツのような動きをしようというのだから危険なのは明白。
(ちなみにゲーム開始にこの旨の警告もでる)
その本質的なところを否定してしまうとWii自体が否定されてしまうわけなので困ったものなのだが(笑

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電波での放送しか認めないという頭の固いのが放送局のようですが

リンク: benli: せめて日本標準を.

違法コンテンツデータに、違法と認識しつつも手を出してしまうのも、このような地域格差が影響している面もあるようですね。

当たり前ですがネットの掲示板(コミュニティ)では全国が平等に読み書きできるわけです。一方でそこで話題に上るTV放送コンテンツを地域格差によって見ることができない人たちがいるわけです。そこでは疎外感が生まれます。

他にも番組のホームページをたまたまみて興味を持ち、見たいと思っても実際には見れないという現象がおきているわけです。

昔ならそもそも放送していることさえ知らないしコミュニティも地元民以外は無いに等しかったのである意味かまわなかったわけですが時代は変わっています。

確かに地元民が声をあげるのもありますが、コンテンツホルダー側も違法なコンテンツ配布を糾弾するならこの格差を自ら取り払う動きをして欲しいものだとも思います。

ストリーム配信のコスト負担が嫌ならばいまの"違法コンテンツ"はそのコストの肩代わりをしているとして容認して欲しいものです。ただし条件としてCMカットはしないことはつけて当然だとは思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/12/03

Wii売ってた。買ってきた。

なんとなく近所のハーマン(ビデオレンタル・ゲームショップ)にいったら入荷しましたっつうことで買ってきた。
あまり予測していなかったので手持ちがあまり無くてぎりぎり安いWiiスポーツだけしか買えなかったのだがまぁいいだろう。

箱を開けると結構いろいろごちゃごちゃ入っている。任天堂といえど最近は面倒なのかな。
本体は内蔵タイプのフロントローディングタイプのCDROMドライブって感じだな。
ACアダプタつないでビデオケーブル繋いでセンサー・バーを繋いでリモコンの接続認証すればとりあえず遊べるようだ。
あとは無線LAN設定をしてやるとアップデートがされるってところか。
コントローラーにストラップが既についているのが気を使っていますね。
こういうのは結構コストの関係でやらないものですが、面倒だからつけない、という人が出ないように配慮しているのでしょうか。

遊んでみた感じではいろんな意味で予想通り楽しい。
Wiiスポーツははっきりいえばコントローラがなければただの糞ゲーム。
いや、この場合でも糞ゲームかもしれない。もっと細かくプレイヤーの動作を読み取って欲しいというのが正直なところだから。
値段からしてもいくつものスポーツゲームを入れて三千円弱というところからも習作・テスト・トレーニング的なものだと思う。
実際、いろんな意味で単純化されている。基本的にはただスウィングを検出している。
それでも遊んでいて楽しい。複数人プレイができればもっと楽しいだろう。
また、ちょっとした工夫からポテンシャルを感じることはできる。例えばゴルフではスウィングのぶれを検出しているし、ボーリングでは投げたときのひねりも取っているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wii発売

らしいが、熱意が無いため入手できず。
まぁ、いいけど。年末・正月商戦が本番だろうから生産も気合をして続くだろうし。
お年玉狙いという意味では今年の大本命だろうし。
私といえばまだあんまりゲームをして楽しむような余裕が無い。
遠方まで探しに行く気力も無いし。正月過ぎてからぐらいでいいか。

リモコンがすっぽぬけるとか、TVを直撃破壊とかいうネタがでているようで楽しい状況のようだ。
ちょっと考えればわかることで、普通はゲームをしている画面なんてビデオ撮影しているわけが無い。
やらせであるのは誰が考えても明白なわけで。それを楽しむ米国人はやっぱりファンキーだ。
それをとりあえげるマスコミも滑稽だし任天堂の人も否定しているのがなんか笑える。

もちろん、再三しつこいぐらいにストラップをつけろという警告はあるとのこと。
説明書は当然だろうし、化粧箱にもでかでかとストラップを着けた手の写真がある。もちろんゲーム中にも警告やらでるそうでそれでもつけないのは単なる馬鹿だものな。
ストラップがちぎれているのもあるけど、どうみても普通のリモコンサイズで(単三電池2本とのこと)どんな馬鹿力と貧弱な紐をつかったらちぎれるんだか。

でもすっぽ抜けに対してはリモコン本体へのもうちょっと工夫が欲しいかなと形を見て思う。
例えば野球のバットではくびれがあるからすっぽ抜けはあまりおきない。
試合などですっぽ抜けるのはわざとか、体勢が崩れて振ると抜かないと腕に変な負担がかかるから。
また、ゴルフのクラブやテニスのラケットではラバー(ゴム)の滑り止めがついている。
そういう意味ではせめてリモコン本体へのぎざぎざ突起やくぼみ、ゴムをはるなどの対策はしたほうがよかったのではないかな。
ストラップはあくまで命綱みたいなものでそもそも抜けないようにすべきだろうから。
私は買ったら薄いゴム板を両面テープで貼るような工夫でもしてみるか。

まぁ、コントローラーはサードパーティ品が出るのは当たり前でそこに期待したいと思う。
ゴルフゲームでもっと本格的なのがでたらば、グリップの矯正用具のような形をしたリモコンがでるのではないかと期待したい。矯正用具をただ握っているよりゲームで握って振っていたほうが楽しいに決まっている。
後、期待したいのはブラボーミュージックみたいなのを出して指揮棒の様に使って欲しい。PS2でも指揮棒に改造するなんてネタもあったくらいだが、あれはちょっと無理があった。
太鼓やドラムなどの応用も当然考えられるわけで音ゲーにも期待したい。

基本的に従来のゲームのリメイクというかコントローラー対応にするだけで結構新鮮味が出るのではというところがWiiの強みなのだと思う。
ワリオにしても新しいコントロールだからこそ楽しいものばかりなんである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »