« WX310SAファームアップ | トップページ | origamiとはなんなのか。 »

2006/04/08

私的録音録画補償金問題ふりだしに?

コデラ ノブログ 補償金問題セカンドステージ
この記事をみて唖然としてしまった。

ふりだしというのは間違いか。
反対派を排除して審議しなおすということらしい。
いわゆるiPodへの補償金課金が否定されたばかりではなく、現行の補償金制度自体への疑念・見直しの議論さえもでて終結した。
文化庁はそれで委員会を終了したのはなにか不自然に思えたがこういうことだったのか。
こうやって排除した上で仕切りなおしをするための算段だったのか。

先の委員会での結論を"受けて"の文化庁や利権者たちによる工作なのであろうことが見え見えである。
先の委員会もガス抜きのための茶番だったのかもしれない。

はっきりいって「こんな公正を欠いた人選による委員会は無効である」、ということはいえないのか。
何か知恵は無いのか。

補償金制度の見直し論まででて一安心していたがとんでもない。
事態はさらに悪化しているのである。

|

« WX310SAファームアップ | トップページ | origamiとはなんなのか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私的録音録画補償金問題ふりだしに?:

« WX310SAファームアップ | トップページ | origamiとはなんなのか。 »